Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ニュース

台風21号2018!大阪に直撃?最接近の時間帯はいつ?帰宅指示の予測も

現在、2018年最強クラスの『台風21号(チェービー)』がモーレツな勢力を維持しながら日本列島へ進んでいます!

今回は大阪に上陸・最接近する時間帯を調べてみました!

※8/4(火)14:48更新
下の画像は、左側が堺市・右側が神戸市です!

台風21号2018 大阪の進路予想は?

こちらが最新の台風21号の進路を予想した天気図です!

Sponsored Link

台風21号2018 大阪に上陸・最接近の時間帯はいつ?

現時点で、『9/4(火)昼前後に』に四国・近畿地方へ上陸・最接近すると見られています。

特に、今回の台風21号(チェービー)の勢力で気になるのが以下の情報です。

強さ:非常に強い
中心気圧:945hPa

強さが『非常に強い』との情報がありますが、台風の強さには

  • 強い
  • 非常に強い
  • 猛烈な

3段階あり、台風の強さとしては2番目の『非常に強い』になります。

この『非常に強い』勢力を維持したまま台風が上陸したのは、1993年の台風13号から25年間1度もないそうです。

現段階で8/4(火)15時ごろに西日本へ最接近するということで、このタイミングでは中心気圧が『915hPa → 960hPa』になり勢力は若干弱まる見込みですが、非常に強い勢力を維持したまま上陸すると予想されています。

8/4(火)の朝ごろから影響が出始めますので、通勤時間帯の7時・8時も注意が必要です。

特に皆さんが一番懸念されるのが帰宅する時間帯への影響だと思います。

Sponsored Link

台風21号2018 大阪の帰宅時間帯への影響は?

2018/8/3午後22:30最新の気象情報動画です!

また、動画のあとには8/3(月)~8/6(土)までの雨・風のピーク図の画像も載せていますのでご確認ください。

 

上記画像の雨・風のピーク図を確認すると、8/4(火)お昼12時過ぎ~夕方18時まで『暴風雨』の予想となっています。

次に、新幹線・鉄道・飛行機のダイヤの乱れ、高速道路など交通機関への影響を見ていきたいと思います。

台風21号 交通機関の乱れに関する情報!

台風21号 新幹線や鉄道への影響予測

出典:Weather News

鉄道は8/4(火)の帰宅時間帯は影響拡大の恐れが出ています!

台風の進路に近い近畿地方や中国・四国地方など、西日本エリアでは8/4日(火)午前から新幹線に加え在来線でも一部路線で影響が出始めそうです。

午後はさらに影響が広がる恐れがあり、特に帰宅時間帯には注意が必要です。

台風21号 飛行機への影響予測

出典:Weather News

関西や東海地方の空港ではダイヤが乱る可能性が高くなっています!

8/4日(火)の午後以降は、中部国際空港(セントレア)や関西国際空港など主要な空港で大きな影響が出るとみられています。

さらに台風が通過する8/5(水)までは、機材繰りによるダイヤの乱れも懸念されていますので『8/4(火)~8/5(水)午前中』の2日間は大きく影響を受ける可能性が出ています。

※機材繰りは、自分が乗る空港から出発する飛行機が到着しておらず定刻通りに出発できないという意味です。

台風21号 高速道路への影響予測

出典:Weather News

8/4(火)の午後から山陽エリアの路線をはじめ、各地の海上近くを通る路線、陸橋のある路線は影響を受けそうです。

台風21号は今のところ時速20kmと自転車並みのスピードで進んでいますが、週明けの9/3(月)には北寄りに向きを変え台風のスピードが一気に上がります。

ただでさえ台風の勢力が強い上に移動スピードの速さが加わり、より風が強まるのが秋台風の特徴。

上陸後は勢力が弱まるとはいえ、暴風への警戒が強まっているため関西方面の方は早めの暴風対策が必要になります。

台風21号2018 暴風対策は?

暴風対策については、以下の画像を参考にされてください!

また、25年前の台風を教訓に事前対策のヒントを報道しているニュース動画もありましたのでご一緒にのせています。

 

台風21号2018!帰宅指示や帰宅命令はある?

帰宅指示や帰宅命令は、地震や台風の接近による「帰宅困難者」が発生することを見越して、企業側が早めに従業員を帰宅させることです。

法律での定めがなく、皆さんが勤務されている会社に決定権があるためその判断基準は非常に曖昧なものになっています。

一時期、自分の会社は「帰宅指示があった」「なかった」でブラック企業かホワイト企業かの分かれ目をツイッターで議論されることもありました。

賃金に関しては、会社の都合で休業する場合は「賃金の6割」を支払わなければいけないという労働基準法の法律があります。

・天災地変によって実際に被害が受けたため休業した場合は、休業手当の支払い義務はなし。

・天災地変が予想されるので会社命令で帰宅を指示した場合は、休業手当の支払い義務あり。

・天災地変が予想されるので労働者の判断によって帰宅を委ねた場合は、休業手当の支払いの義務はない。

仮に帰宅指示による早退が出たときに1日の勤務時間が6割を超えていなくても、休業手当として支払われるようです。

労働者(雇われている側)から「台風で帰れそうにないので早退していいですか?」と帰宅を会社に願い出た場合『休業手当』は支払われません。

私が以前いた会社は、

・台風で会社は休みだと別の休みを出勤に振り替え。
・例えば、2時間早退した場合は別の日に2時間多めに働く。

のように振り換えで対応していたのでもらったことありません。。

帰宅指示・帰宅命令についての予測ですが、判断基準は会社が行うので指示を待つしかないようです。

台風21号2018!大阪に上陸・最接近の時間帯はいつ?帰宅指示の予測も

いずれにしても、8/4(火)の朝方から台風21号(チェービー)の影響が出始めるようですので、お早めの暴風雨対策をお願い致します。

また、最新情報が出来ましたら追記します!

コチラの記事も人気です。