ドラマ

3年A組『最終回10話』感想とネタバレ。全てのSNSユーザーへ【3月10日放送】視聴率も



日テレの日曜学園ドラマ『3年A組』最終回10話が、2019年3月10日(日)22:30~23:25まで放送されました!

今回は、ドラマ『3年A組』最終回10話のネタバレと感想をご紹介したいと思います。

まずは、第10話のあらすじからご紹介します。

本当に、素晴らしいドラマでした。

3年A組『10話』のあらすじ

一颯
一颯
それでは、3年A組『最終回10話』のあらすじをご覧ください。

一颯(菅田将暉)が、郡司(椎名桔平)を人質に取り、マシンガンを突き付けて校舎の屋上に現れた。

世間の人々はこの一颯の凶行に注目する。

とある街角、とある店の中、とある家で、この事件の行く末を見届けようとする。

そして、翌朝の8時にマインドボイスのライブ中継にて全ての真相を話す……と語った瞬間、一颯の胸に銃弾が突き刺さる。

果たして、この物語の最後に待ち受ける本当の衝撃的展開とは――。

本作が目掛け続けたこと、伝えたいこと、その全てが詰まった最終回。

一颯が、一颯を取り巻く人物たちが、立ち向かおうとした相手は誰か――。

彼が「変わってくれ」と願ったその意味とは何か――。

これまでの謎がすべて解き明かされ、そして一つの「目的」に集約されていく。

3年A組が迎える運命の10日目。

是非皆さん、ご一緒に見届けていただければ。

ドラマ公式サイトより引用

それでは、3年A組『最終回10話』のネタバレへと進みます。


3年A組『最終回10話』ネタバレと結末

3月10日ー

屋上で郡司刑事を人質に獲っているシーンから、最終回はスタート。

その映像はニュースを通して、あらゆる人がテレビに釘付けになっていました。

明日の朝8時にマインドヴォイスで真実を話すと言っていたその時、一颯は何者かに打たれます。

撃たれたと思いきや、一颯は立ち上がります。

一颯は生きていました!

どうやら、防弾チョッキを着けていたようです。

改めて、一颯は伝えます。

明日の朝8時にマインドヴォイスのライブ配信を使い、真実をすべて話す。と。

教室では、さくらに対しての真相を確かめる為のやり取りが交わされていました。

さくらたちが影山さんを無視したからという理由ではなく、さくらは自分のせいで影山さんが死んだと言い、みんなに聞いてほしいと言います。

 

郡司刑事と一颯のやり取り。

郡司刑事は真実を話せと一颯に伝え、一颯は話し始めました。

・キッカケは、相楽文香のフェイク動画。

・相楽孝彦と一颯は、武智先生を貶めるために魁皇高校の面接を受けることに。

・無事に魁皇高校へ赴任したものの、膵臓ガンが再発。余命1年と宣告。痛みを緩和する治療へと転換。

・逢沢くんから、影山さんのドーピングはフェイク動画と知り、武智の仕業ということが一致した。

・相楽孝彦から五十嵐理事官を紹介されます。

・復讐なのか?と聞かれ、文香や影山さんの救済と伝え、3人はタッグを組むことに。

 

教室にて。

影山さんが死んだ日、会っていたのは実はさくらでした。

謝りたくて、屋上で謝罪を必死に伝えるさくら。

さくらの謝罪が、影山さんには追い詰めているように捉えられていました。

みんなが敵に見えて、そんな自分がたまらなく嫌。だからもう無理。

そして、影山さんは屋上の柵を乗り越え自殺しようとします。

さくらが落ちそうになった影山さんの腕を掴みますが、『楽にさせて。』という影山さんの手を離し、影山さんは落ちていきました。

この件を、一颯に伝えていたさくら。

「影山さんが楽になるならと思って手を離した私(さくら)が殺したの。」

しかし一颯は、たとえ助かっていても、影山さんは同じ道を辿っていたと説得する一颯。

そして、影山さんを自殺に追い込んだのは別の要因だと。

そして、これから始める授業を最後まで見届けてほしいと、一颯はさくらに伝えていたのでした。

しかし、さくらは「私の罪は消えない」と言います。

なんで生徒のためにそこまでするんだ?という郡司刑事に対し、教師だからですよ。と伝える一颯。

朝8:00前

人質となっていた郡司刑事の手錠を離し、携帯を返却。

郡司刑事は、宮城刑事に相楽文香を学校へ連れてきてくれ、と頼みますが断られます。

その頃、ライブ配信をするために屋上に移動していた一颯。

さくらが過去に、「3月10日」に屋上から飛び降りた夢を見たというのを思い出し、教室では生徒たちが慌てていました。

真実を話したあと、飛び降りるんじゃないか!!

生徒のみんなは急いでガレキの山を撤去していたところに、郡司刑事が現れ一緒に助けてくれることになりました!

 

屋上の一颯。

いよいよ、マインドヴォイスのライブ配信が始まりました。

一颯が伝えたかった真実は以下のとおり。

・フェイク動画の撮影裏側を公開。

・フェイク動画を二転三転させることで、SNSを混乱。

・マインドヴォイスの向こう側にいるユーザーに伝えたかった。

・信憑性のない情報を頼りに、どれだけ心ない言葉を発してきたのか?

・周りに流されて、意見を合わせることしか出来ないお前たちに言っている。

影山を殺した本当の犯人は、SNSマインドヴォイスだ。

影山は、マインドヴォイスでの誹謗中傷に耐えられず死んだ。

その頃、文香が魁皇高校に到着していました。

家族も友達も心配してくれてるのに、みんなが自分の悪口を言っているように聴こえ、幻覚や幻聴を感じるようになった。

泣きながら「助けて」と訴えていた影山さん。

SNSユーザーの誹謗中傷が、彼女を殺した。

影山さんが自殺する前、「私を責めないで!」と言っていたのは幻聴のせいでした。

フェイク動画だけなら、まだ間に合った。

そこから発生したSNSの誹謗中傷が二次災害となり、影山さんを死に追い詰めた。

マインドヴォイスでは、一颯に対して誹謗中傷の投稿が飛び交います。

「親や友達に言えない言葉を、アカの他人だからって言っていいのか?」一颯は訴え続けます。


言葉は時にナイフよりも、相手を深く傷つける。

一颯は泣きながら訴え続けます。

「誰か1人だけで良いから、感情に任せた言葉が影山さんのような死者を出すということに気づいてほしい。」

そして、この想いを分かってくれる人がどんどん増えていって欲しい。

聞いてくれてありがとう。

ライブ配信は終了しました。


そして一颯は、屋上から飛び降りようとしましたが、

さくらが一颯の手を掴みます。

一颯は、影山さんのときと同様「俺を楽にさせてくれ」と訴えます。

しかし、さくらは「絶対ダメ!!ずっとそばにいるから、一緒にいるから、だから生きて!!お願いだから生きてください」

さくらは両手を使って、必死に落ちようとする一颯の手首を掴みます。

落ちそうになったとき、甲斐くんが現れ、そして生徒のみんなが一颯を持ち上げてくれました。

間に合ってよかった。

 

一颯『茅野、お前にもう一度聞く』

楽になると思って、本当に影山の手を離したのか?

さくら「違います、わたしはレイナに生きてほしかった。」

一颯「な、お前はその小さな手で影山を一生懸命、救おうとしたんだよ。だから、もう自分を責めるなよ。な。よく頑張った。」


実は、屋上から飛び降りるのは、さくらのためでした。

メガネを外していました。

 

最後に郡司刑事に手錠を掛けられ、一颯は連行されました。

文香と生徒たちに見送られて。

一颯「卒業おめでとう」

終わり

3年A組『最終回10話』の感想

3年A組『最終回10話』見逃し配信

ドラマ『3年A組』最終回10話は、

Tverですと2019年3月10日(日)放送終了後』〜『2019年3月17日(日)22時29分までご覧いただけます。

なお、放送終了から1週間以上経過している場合Huluで視聴できます!

ブルーレイ&DVD-BOX発売(7/24)まで待てない!という方は、以下よりどうぞ!

オリジナルストーリー「今から皆さんだけの、卒業式です(全2話)」の配信も始まりました!

 

\2週間無料トライアルキャンペーン中/

3年A組|視聴率まとめ

それでは最後に、3年A組『第1話』から『最終回』までの視聴率をご紹介します。

最終回の視聴率は月曜日の午前中ごろ発表予定です!

◉第1話(2019/1/6)
視聴率10.2%

第2話(2019/1/13)
視聴率10.6%

◉第3話(2019/1/20)
視聴率11.0%

◉第4話(2019/1/27)
視聴率9.3%

◉第5話(2019/2/3)
視聴率10.4%

◉第6話(2019/2/10)
視聴率11.7%

◉第7話(2019/2/17)
視聴率11.9%

◉第8話(2019/2/24)
視聴率12.0%

◉第9話(2019/3/3)
視聴率12.9%

最終回・第10話(2019/3/10)
視聴率15.4%

※ビデオリサーチ社調べ・関東地区

error: Content is protected !!