Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

エンタメ

3年A組『第2話』感想と考察ネタバレ|内通者は相澤で、おにぎり30人分?【1月13日放送】

初回1話が大反響の日曜学園ドラマ『3年A組』第2話、2019年1月13日(日)22:30~23:25まで放送されました!

今回は、日曜学園ドラマ『3年A組』2話のネタバレと感想をご紹介したいと思います。

まずは、第1話のあらすじから振り返りたいと思います。

3年A組『2話』のあらすじ

一颯
一颯
それでは、3年A組『第1話』のダイジェスト動画からご覧ください。

一颯(菅田将暉)が魁皇高校3年A組の生徒たちを人質にとって立てこもってから一夜が明けた。

瀬ヶ山署の郡司(椎名桔平)は、一颯の身辺を調べ始める。

一颯が以前勤めていた学校を訪ねた郡司は、彼の意外な「正体」を聞かされることになる。

3年A組の生徒たちは、ある生徒の自殺の理由について一颯に“正解”を答えられないまま、一颯の命令に従うしかなかった。

この日も一颯は生徒たちに、最後の授業として第二の問題を投げかける。澪奈(上白石萌歌)の自ら命を落とす直前、そのきっかけとなったともいえる、「ある動画」がSNS上に投稿されていた。

しかし、その動画は一部分を故意に加工されたフェイク映像だという。

そして、この3年A組の生徒の中に「投稿者」が存在するということを断言する一颯。

またも「夜8時までに名乗り出なければ、この中の誰かが死ぬ」と言い渡す。

緊迫した空気。

クラスの中に確実に存在する犯人。

謎は疑惑を呼び、生徒たちはそれぞれの思いを抱え、動き始める―――。

2日目の3年A組に暴かれる「真実」とは……。

ドラマ公式サイトより引用

それでは、3年A組『第2話』のネタバレへと進みます。

文章ばかりでは疲れるかと思い、途中途中、画像やツイートを引用させていただきました。


3年A組『2話』ネタバレ

3月2日ー

武智先生(田辺誠一)のテレビインタビューから、ドラマはスタート。

一方、3年A組の教室では生徒のみんながとびっきりの笑顔で踊っています!

これはどうやら一颯(菅田将暉)に、強制的に笑顔を作り踊らされていたようでした。

みんなが踊っている後ろの方で、納得いかずに踊らない甲斐くん(片寄涼太)がいました。

踊らない甲斐くんのもとに近づく、一颯(菅田将暉)。

踊らなければ、みんながどうなるのか?長生きしたいなら、踊ったほうがいいよ。

と、脅しのような言葉を掛けられ、甲斐くんは踊ることに。

 

そのころ、捜査本部的な場所となっていた学校の体育館に、五十嵐理事官(大友康平)が到着していました。

中尾くん(三船海斗)の件について刑事たちが議論しているなか、一颯(菅田将暉)から着信が入ります。

現時点でSNSを使った身代金は「417,000円」。

一颯(菅田将暉)の『狙い』を聴く郡司(椎名桔平)に対し、

「まだ話すタイミングではない」

「もっとみんなが注目してくれないと…」

と、告げられ通話は終了。

金目的ではないこと感じ、郡司は一颯の身辺調査に乗り出します。

 

そのころ教室では…

第1話で殺された?中尾くん(三船海斗)の彼女である水越さん(福原遥)が、さくら(永野芽郁)が食べていたパンを叩き落とします。

さくら(永野芽郁)が答えを外したせいで、中尾くんが殺された。許さない。と突っかかります。

さくらを叩こうとした水越さんでしたが、他の生徒に止められてしまいます。

あんたのせい、あんたのせいだ!!と叫ぶ、水越さん。

 

美術準備室にて。

影山さん(上白石萌歌)が生きていたときに、宇佐美さん(川栄李奈)と絡んでいる動画を視聴していた一颯。

そこから、ビールを飲む女性が居酒屋で話している動画へと映像が変わります。

動画を視聴していると侵入者の警告がモニターに映し出されます!

美術準備室に近づいてきたのは、真壁くん(神尾楓珠)と里見くん(鈴木仁)でした!

でしたが、モニタに侵入者の警告が!

ドアを開けようしたところ、先に一颯に開けられてしまいます。

真壁くん(神尾楓珠)と里見くん(鈴木仁)は和食派なので、パンじゃなくておにぎりがいいと依頼をします。

考えておくという一颯。

 

一颯の授業が始まります。

今回の授業は、「ドーピング疑惑」の動画をSNS・マインドボイスに投稿した犯人を探すという内容。

一颯が探し出して見つけたのは、

「投稿者:やり逃げX」

過去の投稿を、黒板に貼っていきます。

そして、過去の投稿に添付されていたドーピング疑惑の動画を生徒たちに見せます。

そこには、影山さんのロッカーに置かれたカバンの中に、錠剤入りのガラス瓶が入っており、錠剤を飲んでいるシーンでした。

しかしながら、一部を加工している動画と主張する一颯。

そして、影山さんのドーピングを否定します。

「動画を投稿したものに名乗り出てもらいたい。」と生徒へ伝える一颯。

やり逃げXさん、手を挙げてっ!

と、募りますが誰も手を挙げません。

この時点の時刻は「午前9:04」

夜の20時まで待つことになり、名乗り出れば死人は出ないということで授業は終了。

 

その頃、郡司刑事(椎名桔平)と宮城刑事(細田善彦)は、一颯が以前勤務していた「花咲高校」に居ました。

校長らしき人物への調査で、

・一颯は、恋人にDVをしていた。

・その女性は、花咲高校の元・教員。

ということでした。

現在、一颯と付き合っていた女性教員はDVが原因で学校を辞職し、自宅療養中(心の病)とのこと。

 

そのころ、男子トイレの修復をする一颯。

教室では、男子生徒が作戦会議をしていました。

真壁くん(神尾楓珠)と里見くん(鈴木仁)が美術準備室に行ったとき、

・食べかけのパンが2つあったこと。

・遺体の異臭がしなかったこと。

から、中尾くんが生きているかもしれない。

・生徒に恐怖心を植え付けるために、わざと目の前で殺した「フリ」をしたんじゃないか?

という議論が交わされますが、爆弾があるので男子生徒たちは煮詰まります。

一方、女子生徒たち。

投稿者を探そうという話になっていました。

そんなとき、さくら(永野芽郁)が取り出したポケットタオルに刺繍されたキャラクターを見て、宇佐美さん(川栄李奈)が反応します!

誰からもらったのか?と聞く宇佐美さんに、さくらは影山さん(上白石萌歌)からもらったものだと知ると、教室を飛び出します。

泣いている宇佐美さん。

理由は、過去に影山さんにプレゼントしたポケットタオルのキャラクターが、さくらが持っていたタオルと同じだったからです。

そして、プレゼントしたのに影山さんから突き返されていたからでした。

突き返した理由は、タオルをプレゼントしたあとにスマホで写真を撮ったあとの、宇佐美さんの行動がキッカケでした。

一颯
一颯
さて、宇佐美さんはどんな行動をしたから、影山さんはタオルを突き返してしまったのでしょうか?
一颯
一颯
Let’s Thinking♪

 

↓答えは下部にございます↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

影山さんが宇佐美さんからもらったタオルを突き返した理由は、

一颯
一颯
影山さんの「全国レベル」という知名度を利用して、一緒に撮影した画像をSNSにアップし、フォロワー数を増やそうとしていたからでした。

自分(宇佐美さん)の人気は所詮校内レベル。

宇佐美さんもそんなつもりはなかったのかもしれませんが、影山さんにはそうは思えなかったんですね。

続けます。

男子トイレで作業をしたいた一颯のもとに、宇佐美さんが現れます。

・本当は投稿者を知っているんじゃないの?

・皆の前で懺悔させようとしても無駄!

・あんな投稿みんなにバレたら、人生終わったも同然。

と訴えかける宇佐美さんに、一颯は、

やけに「やり逃げX」の肩を持つじゃないか?

と伝えます。

「名乗り出なければ、誰か死ぬぞ?」

と、言う一颯に、別にいい、自分じゃなければという宇佐美さん。

男子トイレを出るとさくらが立っていました。

会話を聞いていたの?と聞く宇佐美さんに、後ろから「聞いてたよ」という声。

振り向くと諏訪さん(今田美桜)でした。

「クラスの人気者があんな投稿を・・・」

宇佐美さんが投稿者だと言わんばかりの言葉を、諏訪さんが投げかけます。

しかし、あたしじゃないと宇佐美さんをその場を立ち去りました。

そこへ、甲斐くん(片寄涼太)・石倉くん(佐久本宝)・須永くん(古川毅)が、鉄パイプを持って男子トイレへやってきました。(※石倉くんは、ガレキの石)

どうやら、男子トイレで作業中の一颯を叩きのめそうとしているみたいです。

その頃、美術準備室に4人の男子生徒がきました。

中尾くんの状況を探りにきたのか、兵藤くん(若林時英)が美術準備室のドアノブに手を掛けたところ、ビリビリっとなり部屋中に警告音が鳴り響きます!

ドアノブに電流が流れていたようです!!

そこへいきなり一颯が現れます!

どうやら、一颯は甲斐くん(片寄涼太)・石倉くん(佐久本宝)・須永くん(古川毅)を返り討ちにしたようでした。

血だらけの一颯でしたが、次やったら「ペナルティ」だ!と怒鳴りつけます。

動けず固まってしまう男子生徒たち。

 

その頃、郡司刑事(椎名桔平)と宮城刑事(細田善彦)は聞き込みのため、一颯の恋人で元・教員「相楽文香(土村芳)」の自宅を訪れていました。

相楽文香(土村芳)の父親は魁皇高校での事件発生時、学校の前に立っていた年配の男性でした。

相楽文香(土村芳)が心を閉ざしてしまった原因は、一颯の暴力のせいでは?と文香の父親に問いかける郡司(椎名桔平)。

すると父親からは、「あの男は、恐ろしい人間ですよ。」

 

時刻19:48になった3年A組の教室。

20:00まで残り時間が少なくなってきたせいか、「やり逃げX」を特定するため徐々に生徒が揉めだします。

・怒り出す甲斐くんに、お前じゃないのか?という兵藤くん。

・プールでウロツイていた男子では?

・男子とは限らない。

・仲が良かった宇佐美さんでは?

・もし女子なら、ずっと影山さんを追いかけ回していたサクラでは?

そこに、一颯が現れます。

誰も名乗り出ない状況に、今日の裁きを受ける生徒を吟味します。

そこに、文香(一颯の元・カノ)から着信が入ります。

声の主は、郡司(椎名桔平)でした。

どうやら、聞き込みで文香の自宅を訪れた際にお借りしたようでした。

「文香に何をした?答えろ!」と、逆上する一颯でしたが、後ろから生徒たちに襲われます。

一颯に馬乗りになり、腕にハめた爆弾スイッチつき腕時計を一颯から奪いだします。

しかし、一颯が右足首を押すと教室に置かれたロッカーが爆発しました!

ホンモノのスイッチは一颯の右足クビに嵌められていて、生徒たちが奪った腕時計はただの時計でした。。

生徒たちの動きを見て警戒し、先読みしていたようです。

形勢逆転してしまった状況で、一颯は生徒たちを黒板の前に並ばせます。

「言ったよな?」

「次なんかやったら、ペナルティだって」

黒板の上に移動させられた生徒たちの天井には爆弾が仕掛けられています。

慌てて逃げようとする生徒たちに、連帯責任だという一颯。

 

爆弾のスイッチを押そうとする一颯に、甲斐くんが

「お前は俺たちを殺せない。」

「さっきのロッカーの爆発もわざと生徒が居ないところを狙ったんだろ?」

じゃあ試してみるか?

お前がそこから一歩でも動いたら、爆弾のボタンを押すという一颯。

動こうとした甲斐くんを諏訪さん(今田美桜)が止めに入ります。

そして、投稿者が名乗り出れば死人は出ないんだから早く名乗り出ろ!と、生徒たちが叫び始めます。

追い詰められた状況でさくら(永野芽郁)が「私です!」と名乗り出ます。

お前が投稿者なら、SNSに登録したパスワードを教えろと言う一颯。

うろたえてしまう、さくら。

そこに、宇佐美さんが「やり逃げX」だと名乗りでます。

宇佐美さんが言ったパスワードでSNSにログイン成功。

これで死人が出ないこととなりました。

どうして?と聞くサクラに、あんたが唯一の友達だった影山さんを奪ったから!という宇佐美さん。

放課後、影山さんと一生に帰ろうとした宇佐美さんは断られてしまいます。

そして、さくらと一緒に帰る姿をみて、宇佐美さんの中で何かが崩れてしまいました。

影山さんと一緒に帰った相手がよりによっ、さくら。

宇佐美さんはプライドがズタズタでした。

それが怒りに変わり、

・影山さんのあとを付け回したり、

・水着を切り裂いたり

・影山さんの自宅の窓に石を投げたり

していたのでした。

****

《過去のシーン》

もうやめて!と訴える影山さんに、宇佐美さんは

「じゃあ、死んだら止めてあげる」

「ねぇ、死んでよぉぉ!!!」

と叫びます。

****

教室のシーンへ戻ります。

どんどん許せない気持ちがエスカレートしてしまった宇佐美さんは、自分でも制御できない状態にまでなっていました。

しかし、フェイク動画をアップしたのは宇佐美さんではありませんでした。

宇佐美さんのカバンの中に入れられていたDVDがネタ元で、それを利用して動画をSNSへアップしたとのこと。

影山さんを追い込むために。。

そんなことをするくらいならアタシに近づくな!と言えばよかったじゃない!と宇佐美さんに訴える、サクラ。

影山さんが生きてくれるなら、そうした。(サクラ)

 

一颯は、

影山さんにしたことを自分がされたらどんな気持ちになるのか?考えたことがなかったのか?

と、宇佐美さんに問いかけます。

説教?うるさぁぁぁい!!

と泣き叫ぶ宇佐美さんに、一颯は

『逃げるなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!』

と、叫びます!

「そうやって大声で拒絶して、誰の声にも耳をかさず生きてきたから、あんな馬鹿なことをしても何も感じなくなったんだな。」

と宇佐美さんに伝える一颯。

「なんでそんなこと言われなきゃいけないの?」という宇佐美さんに一颯は、

「お前の教師だから」だ。

「お前を正しい道に導く義務がある」

と涙ながらに語ります。

今まで何もしてくれなかったクセに!と喚く宇佐美さん。

一颯は、

「お前たちの教師になるために、ココにこうして立ってる。」

宇佐美さんに足りなかったのは想像力。

・自分の家のマドを割られたら。

・自分の服を切り裂かれたら。

・SNSに嘘の投稿をされたら。

これらを自分の痛みとして感じることが出来なかった。

『うるさい!うるさいっ!!うるさぁーーーーい!!!』

と泣き叫び、崩れ落ちた宇佐美さんの顔を掴み、

一颯は言葉を続けます。

・影山さんは宇佐美さんを恨んでなかった。

・何も言わず宇佐美さんを拒んでいたこと。

・ちゃんと宇佐美さんに伝えればよかった。

・宇佐美さんと、本当の意味での友達になりたかった。

影山さんが生前、一颯に漏らしていた宇佐美さんへの想いでした。

影山さんの想いを踏みにじったことが「痛み」。

その「痛み」を一生忘れるなよ!と涙ながらに訴える一颯。

泣き崩れた宇佐美さんのもとに、さくらが例のポケットタオルを差し出しました。

影山さんがさくらにそのタオルをプレゼントしたとき、

「私の大切な友達が好きなキャラクターなんだよ~」

と言ってくれていたことを宇佐美さんに伝える、さくら。

影山さんは、宇佐美さんのことをずっと友達だと思っていてくれていたのでした。

ここで、授業終了。

 

影山さんが自殺した理由がわかったので開放してもらえると思いきや、フェイク動画を作ったのは別の人間。

・誰が
・どういう意図で

あの動画を作ったのか?

それが分かるまで授業は終わらないと言い残し、一颯は教室を去りました。

 

美術準備室へ戻ろうすると、甲斐くんたちが中尾くんの生存について問いかけてきました。

殺したように見せかけただけだろ?という甲斐くんたちの前に、何かを投げました。

それは、「切り取られた手」でした。

「中尾のだよ」

という一颯。

甲斐くんたちは慌てふためいてしまいます。

ホルマリン漬けにすれば死臭も抑えられるし、明日には切断が終わる。

やるよ!(手)

という一颯に甲斐くんたちは、慌てて美術室を出ていきました。

 

美術準備室にて。

「な~んちゃって」

先ほど、甲斐くんたちに投げつけた中尾くんの手は、作り物でした。。

文香が力説する動画を見始める一颯に、郡司(椎名桔平)から着信が入ります。

「ちゃんと話をしようよ。」という郡司。

一颯(菅田将暉)からは、『おにぎりを30人分』もらえますか?

という依頼が入ります。

・受け渡しは10分後。

・第一校舎の昇降口にて待ち合わせ。

・丸腰で来い。

一颯(菅田将暉)から警察への細かい指示でした。

おにぎりは、五十嵐理事官(大友康平)が持っていくことに。

 

そんなとき、男子トイレの大へ入る1人の男子生徒。

スマホを手に取り、

とある魁皇生
とある魁皇生
これから刑事と教師が直接対決するよ

とSNSに投稿していました。

一気に拡散されているなか、五十嵐理事官(大友康平)が第一校舎の昇降口へおにぎりを持って到着。

五十嵐理事官と一颯の初対面でした。

『お前が柊一颯か?』

終わり

3年A組『2話』の感想・考察

長い文章、お疲れ様でした!

つづいて、内通者の男子生徒おにぎり30人分について考察したいと思います。

3年A組 おにぎり30個について。

これは一颯が郡司に依頼した食料の話なんですが、「おにぎりを30人分」と言っていました。

現状の生存確認ですが、

・生徒:28名
・一颯:1名

合計29名

のハズですよね。。

1個あまる計算になるんですが、ここで考察してみたいと思います。

①中尾くん生きてる説

①生存生徒:28個
②一颯:1個

ここに、実は中尾くん生存説で

③中尾くん:1個

合計:30人分…

②一颯は食べない説

①生存生徒:28個
②中尾くん:1個

ここに、実は影山さん生存説で

③影山さん?:1個

合計:30人分…

③一颯が2個食べる説

①生存生徒:28個
②一颯:2個

合計:30人分…

教師としては酷いパターンですよね。。

さすがに一颯は、自分の食料をちゃんと準備しているような気がします。

④五十嵐理事官の分

①生存生徒:28個
②中尾くん:1個
③五十嵐理事官:1個

合計:30人分…

これはちょっと無理やりですが…

ドラマ終盤で接触した五十嵐理事官を人質か協力者にして、食料としておにぎり1個確保するパターンですね!

皆さんはどう想像しましたか?

3年A組 内通者の男子生徒について。

2話終盤で、SNSに投稿していた『とある魁皇生』という投稿者。

とある魁皇生
とある魁皇生
これから刑事と教師が直接対決するよ

この男子生徒についても考察してみたいと思います。

①実は中尾くん生存で、協力者説。


私も一瞬そう思ったんです。

ですが、内通者映像を何度か見てみると、カーディガンの色とネクタイに柄が入っていないように見えるんです。

ドラマ本編の映像はわざと暗めにしてありましたね。。

②相澤博己かもしれない。

宇佐美さんが「やり逃げX」と分かり、開放してくれるんですよね?と言っていた相澤くん。

相澤くんは以下の動画、右側の生徒です。


じつは、宇佐美さんと影山さんの絡みを撮影していたのも、

出席番号1番の逢沢博己くんだったようです。

あと、同じく西崎颯真くんも同じ色のカーディガンとネクタイをしていたのですが、スマホをいじっている指の長さが内通者とは違っていました。


そして、予告の内通者はコチラ↓です。


指が長くて、手全体がきれいなので相澤くんかなぁと想像力を膨らませてるんですが、皆さんはいかがでしょうか?

3年A組『第3話』あらすじと予告動画。

それでは最後に、予告動画とあらすじのご紹介で終わりたいと思います。

警視庁理事官である五十嵐(大友康平)は、ついに一颯(菅田将暉)と対面。

が、五十嵐が盗聴器を付けていることを察した一颯は、拳銃を突き付けて――。

一颯の本日の授業は澪奈(上白石萌歌)を陥れたフェイク動画を「撮影した」3年A組の生徒は誰なのかというもの。

しかしいつもとは違い、その犯人の特定を生徒たちではなく郡司(椎名桔平)に命じる。

そして、指定した時刻までに動画撮影者を見つけられなければ教室内の5人の生徒の命を奪うと宣言。

世の人々は一斉に警察の動きに興味を向ける。

郡司が捜査を進めると動画には、水泳部のジャージを着た人物が映っていたことが判明する。

同時に生徒たちの間では、水泳部員の花恋(堀田真由)に疑いがかかる。

彼女は、動画に映っているのは水泳部マネージャーの真壁(神尾楓珠)かもしれないと反論する。

澪奈、花恋、真壁はかつて、水泳部の仲間として親しくしていた。

そんな中、郡司のもとに3年A組の生徒を名乗る人間から連絡が入る。

その生徒の協力を得た郡司は、フェイク動画を撮影したと思われる生徒を特定するが…。

新たな謎が刻まれる衝撃の第3話―――。必見。

ドラマ公式サイトより引用

水泳部員の花恋(堀田真由)

動画、右側の女子生徒です。

水泳部マネージャーの真壁(神尾楓珠)