Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ニュース

【山根会長の進退表明】会見の場所や時間は?辞任を決めた理由まとめ

何かと発言が世間を賑わせている日本ボクシング連盟の山根明会長。

本日、会長職の進退について声明を発表するとのことで、記者会見の開催場所や開始時間など調べてみました!

また発表が終わり次第、進退についての概要を追記したいと思います。

山根会長の進退表明 記者会見の場所は?

記者会見の場所は、以下の通りです。

場所大阪弁護士会館
住所大阪府大阪市北区西天満1-12-5

 

特に弁護士を立てているわけでもないのにどうして弁護士会館かというと、恐らく副会長の吉森照夫氏が第一東京弁護士会の弁護士をされているのが理由だと思います。

山根会長の黒い関係を知っていながら黙認していたのであれば、弁護士としての懲戒解雇も十分あり得ることだと思います。

事務所名吉森法律事務所
住所東京都世田谷区奥沢5-14-22 自由ヶ丘アビタシオン
登録番号13996
Sponsored Link

山根会長の進退表明 記者会見の時間は?

日時は8月8日(水)の昼12:30~開始予定ですが、会場の準備で開始が遅れるようです。

なお、マスコミが殺到すると思われますが「質問は受けない」とのことで山根会長が一方的に声明を発表され終了という流れになると思われます。

Sponsored Link

山根会長の進退声明 全コメント

おはようございます。

えー私は、12時すぎでもおはようございますでございます。

えー、私は本日をもって辞任をいたします。

その理由は、昨夜の日本連盟の理事会に置きまして約3時間、理事会でいろんな話し合いがでました。

最後に理事の皆さんから会長一任ということを言われたんで、私自身が、家に戻って我が嫁にあたる今現在再婚している嫁に先に相談し辞任をしたいと伝えました。

妻からは、私はどういうことがあっても会長を死ぬまで面倒みていくから今は楽になってくださいと言われたので私は決意しました

全国の47都道府県のなかに、33都道府県の私に対して応援してくれた皆さんには感謝を申し上げます。

選手の皆さんにはこのような問題があったことに関して、法人の会長として申し訳ありません。

どうか選手の皆さん、将来東京オリンピックに参加できなかったとしてもその次のオリンピックもあります!どうかがんばってください!

本当に申し訳ありません!

会見時間:3分44秒

山根会長 辞任の理由は?

東京オリンピックに出られないかもしれない、しかし、その次のオリンピックもあるので頑張ってほしいという発言が気にかかります。

自国開催ということもあるなかで、選手・関係者・役員の皆さんが必死に準備を進めてきたことも踏まえ、東京オリンピック出場に影響を与えたくない思いからの辞任だったのかもしれません。

オリンピック出場に関する問題については、今後JOCがどういう対応するのかがカギになります。

山根会長は今後どうなる?

会長職を辞任すると発言されたとはいえ、連盟やボクシング界から身を引くなど具体的な名言がされていないことから波紋が広がっているようです。

ただし、各都道府県の代表者と連盟役員30名の「3分の2」が山根会長をに反対するとボクシング連盟から「除名処分」となります。

会見では質疑応答がなかった為、真意は不明です。

東京オリンピックにボクシングは出られない?

JOCが「第三者委員会」の設置を要求したとのことで、調査の結果、日本ボクシング連盟が処分対象となった場合は以下のいずれかの処分が下されます。

①勧告
②補助金の停止減額
③資格停止
④除名

順番に①が最も軽い処分で、④の除名が最も思い処分となります。

JOCが「③資格停止または④除名」の処分を決定した場合は、JOCとしてのボクシング競技の運営が出来ないので、東京オリンピックへの出場停止になってしまいます。

山根会長の辞任まとめ

今回、山根会長は辞任を決定されました。

東京オリンピック出場停止の不安も出てきていますし、第三者委員会による連盟の調査もこれから行われます。

本日は14時から「日本ボクシングを再興する会」も記者会見を行いますので、新たな情報が出る可能性もあります。

会長が辞任して終わり、裏で得をしている人が居たのでは会長の辞任も報われません。

今のうちに徹底的に洗いざらいハッキリさせて、連盟の組織体制や運営方針を見直していただきたいと思います。

そして、日々努力されている選手の皆さんや真面目にボクシングを普及しようとされているコーチや監督の皆さんには、被害が及ばないようにしてほしいです。

 

コチラの記事も人気です。