エンタメ

DASADA(ダサダ)|無料視聴→動画を見る【お試しあり】



2020年1月15日深夜から、日向坂46メンバー主演ドラマ「DASADA」がスタートしました!

今回は、ドラマ・DASADA

・放送区域外でもDASADAを視聴する方法。※無料あり

・あらすじ
・キャストの役名と役柄
・スタッフ

についてまとめました!

Menu

DASADA 見逃し動画無料視聴【テレビ放送が地域外で見れない人向け】

日向坂46主演ドラマ「DASADA」の見逃し動画は、Huluという動画配信サービスを利用します。

動画配信スケジュール

◉配信日:

・毎週木曜
・テレビ放送1週間前に独占先行配信!

◉配信時間:

・24:59〜

Huleでは上記のとおり先行配信しますが、初回は「第1話・第2話」が同時配信されています!

スマホやタブレットはもちろん、Chromecastなどテレビでも視聴できます。

 

通常は「月額1,026円(税込)」かかりますが、2週間お試しを利用すれば無料で見ることができます。※新規のみ

「DASADA」をHuluで見る【2週間の無料あり】 

 

解約はすぐできる?

解約は以下のとおり、ボタン1つで簡単にできます。

 

また、解約金もありません。

・地域的にテレビで放送されず見れない

・放送前に先行配信でイチ早く見たい

こういった方は、2週間の無料体験を利用して「DASADA」をお楽しみください。

DASADA
Huluはコチラ

※ご紹介する情報は2020年2月時点となります。
詳しい配信状況は公式サイトにてご確認ください。

 

DASADA あらすじ・主題歌&劇中歌

DASADA、主題歌&劇中歌・あらすじは以下のとおりです。

DASADA:主題歌「青春の馬」

 

DASADA:劇中歌「ナゼー」

 

DASADA:1話あらすじ

\ 第1話:出会い /

容姿は完璧だが何故かモテない私立マロニエ女学院2年生の佐田ゆりあ (小坂菜緒) は、親友の立花ゆりこ (佐々木久美) と畑屋菜々緒 (富田鈴花) と平凡な日々を過ごしていた。

だがある日、実家の「佐田洋裁店」に借金の取り立てが来る。ゆりあは両親が大切にしている店を取られまいと、半年で1000万円を返済するという約束をしてしまう。

お金を稼ぐために仕事を探すも、なかなか見つけられずに途方に暮れ、落ち込むゆりあ。そんな時、同じクラスの篠原沙織 (渡邉美穂) の洋服のデザイン画をみつける。

自分と沙織のデザインがあれば、半年で1000万円稼げる! と考えたゆりあは、沙織に「一緒にブランドを作ろう」と持ちかけるが…。

引用:公式サイト

DASADA:2話あらすじ

\ 第2話:始まり /

沙織 (渡邉美穂) に「一緒にブランドを作ろう」と誘うも断られたゆりあ (小坂菜緒) は、理由が「ダサい」という事にショックをうける。

一方、沙織は大好きなクリエイティブアイドルユニットFACTORY【ぐいのみ (東村芽依) /おちょこ (松田好花) /トックリン (河田陽菜) 】ファンのオフ会に誘われる。オフ会に行くも、沙織は同じFACTORYファンのキラリ (高瀬愛奈) にバカにされ、悔しくなり飛び出してしまう。

その帰り道、公園でTシャツを売っているゆりあを見つける。ゆりあは、沙織とどうしてもブランドを立ち上げたいとお願いをする。

そんな矢先、沙織はある事実を知る…。

引用:公式サイト

DASADA:3話あらすじ

\ 第3話:偽り /

沙織 (渡邉美穂) は父親のことを隠してゆりあ (小坂菜緒) とブランド「DASADA」を立ち上げた。どんなブランドにしようか悩んでいたゆりあは、マロニエ女学院で白鳥学園のネクタイを持ちトップに君臨し、かつモデルをしている高頭せれな (加藤史帆) とコラボしたいと提案。

せれなは「自分にできることは協力する」と伝える。初めはせれなに協力してもらう事を抵抗があった沙織だったが、自分のデザイン画を褒めてくれた気持ちに応えたいと、デザインを考える。

その一方、せれなはトップモデル・マホぽよ (高本彩花) との撮影がうまくいかず思い悩んでいた。

引用:公式サイト

DASADA:4話あらすじ

\ 第4話:優しさ /

小笠原真琴 (齊藤京子) は、バレー部の後輩たちから厄介者扱いをされているが、直島正子 (宮田愛萌) にだけ尊敬されているマロ女の努力家。そんな真琴は、なぜかゆりあ (小坂菜緒) をみつけると追いかけていく。逃げ回るゆりあは、沙織 (渡邉美穂) から理由をちゃんと聞き向き合うように言われる。

そんな中、「DASADA」がブランドとして可動し始めたころ思いがけない人から初注文が入り、気合い十分なゆりあと沙織。しかし、ゆりあの親友・立花ちゃん (佐々木久美) と菜々緒 (富田鈴花) に作るのを反対される。

立花ちゃんと菜々緒の助言で思い悩むゆりあが選んだ答えは…。

引用:公式サイト

DASADA:5話あらすじ

\ 第5話:裏切り /

担任・中池 (坪倉由幸) に停学を言い渡されるゆりあ (小坂菜緒) と沙織 (渡邉美穂)。沙織はゆりあに「DASADAのことをチクった人がいる」と心当たりがないか考えるように言う。

天然なゆりあは、洋服を売ることであたまがいっぱいなため気にせずに教室で作戦会議を開くが、進学組の岡田いちご (佐々木美玲) は冷めた目でみていた。そんなとき、真琴 (齊藤京子) にまた呼び出しされ、恐る恐る『壁ドン』で待っていると、真琴と一緒に訪れた人物に驚く。

その一方で「DASADA」を良く思わない人物がさらにSNSで「DASADA」を非難する内容が拡散される大騒ぎになっている最中に、グラビアアイドル・とろろ (井口眞緒) が突然ゆりあたちの前に現れる…。

引用:公式サイト

DASADA:6話あらすじ

\ 第6話:亀裂 /

「DASADA」を非難していた真犯人が岡田さん (佐々木美玲) だとわかり、怒りがおさまらない沙織 (渡邉美穂)、真琴 (齊藤京子)、せれな (加藤史帆)、その3人と岡田さんを不安そうに見つめるゆりあ (小坂菜緒) との話し合いは冷戦状態。

一同は、この騒動でブランド力を失った状況を脱却しようと、ファッションブランドの登竜門「U20デザインカーニバル」への出場をしようと考えていた。

しかし、沙織は父親が丑岡 (野間口徹) だという事をDASADAメンバーに知られてしまい「もうここには居ることは出来ない」とゆりあとの距離を置き学校へも行かなくなる。デザイナーを失ってしまい途方に暮れる中、「デザカニ」への出場を諦めきれないゆりあは、沙織を取り戻すために決意する。

引用:公式サイト

韓流バナー

DASADA 出演者(キャスト) マロニエ女学院1年生

DASADA、マロニエ女学院1年生メンバーの役名と役柄です。

古岡五月 役/金村美玖

◉マロニエ女学院1年生

五反田が親友。

五反田とよく可愛いもの探しの旅に出かけるが、実は可愛い系のものよりはシンプルなものが好き。五反田の天然と圧が強すぎて、あまり自分の意見を多く言わない。要領が良く、人当たりも良いため、先輩にも好かれやすい。

五反田すみれ 役/上村ひなの

◉マロニエ女学院1年生

古岡が親友。

天然な性格で古岡がいつもフォローをしている。昔から可愛いものには目がなく、可愛いと思ったものには異常なほど執着する。高校生になった今ではとにかくゆりあの顔が大好きで、最推ししている。一度ゆりあの顔にニキビができた時に、ゆりあ以上にパニックを起こした。口癖は「顔推しなんで!」

DASADA 出演者(キャスト) マロニエ女学院2年生

DASADA、マロニエ女学院2年生メンバーの役名と役柄です。

佐田ゆりあ 役/小坂菜緒

◉マロニエ女学院2年生

とにかく可愛い、可愛いの最上級。

それを自分でも思っている究極の天然な性格。親友の立花ちゃん、菜々緒と仲良しでクラスの中心人物。 しかし、どこかダサいところがあり、周りからは下にみられている一面も。 沙織と出会いブランド「DASADA」 の立ち上げを決意。世間に流されやすい「お馬鹿キャラ」に見えるが、フラットな目線の持ち主。そんな「ゆりあ」に周り人々は惹かれていく。 実家は「佐田洋裁店」。

篠原沙織 役/渡邉美穂

◉マロニエ女学院2年生

クラスの空気的存在。

いつもスケッチブックにデザイン画を描いている。 コミュニケーション能力が低めで、思ったことはストレートに言ってしまう。群れたり目立ったりすることが嫌いで、ボッチでも厭わない性格。「FACTORY」の大ファンで、リーダー「おちょこ」推し&尊敬している。

直島正子 役/宮田愛萌

◉マロニエ女学院2年生

バレーボール部所属。2年B組。

バレー部の中では珍しく真琴先輩を尊敬している。部員が追い出そうとするのをよく思っていない。中学生の頃、他チームにいた真琴先輩を試合会場で見かけ、誰よりも楽しそうに試合をする姿を見て憧れを抱き、真琴先輩を追ってマロ女に進学。声が小さく自分に自信が持てないのが唯一の欠点。しかし、頭も良く真面目でなんでも器用にこなす。

岡田いちご 役/佐々木美玲

◉マロニエ女学院2年生

進学組。

教室では誰とも会話せずにひたすら進学のために勉強。全てに対して諦めているため基本的に意見を言わない。何も考えずに行動する「ゆりあ」たちを冷ややかな目でみているが、絶対に知られたくないある秘密を持っている…

立花ゆりこ 役/佐々木久美

◉マロニエ女学院2年生

ゆりあ、菜々緒の親友。

穏やかで中立的な立場で物事をみることができる。親友の二人といる時間が幸せだと感じている。「DASADA」を立ち上げた「ゆりあ」が遠くにいき悲しくなる。優しくて平和主義。メイク好きで、卒業後はメイクの専門学校へ通いたいと考えている。

畑屋菜々緒 役/富田鈴花

◉マロニエ女学院2年生

ゆりあと立花ちゃんの親友。

物事の判断基準がハッキリしている。 一生懸命な人や頑張ることをダサいと思っている。とはいえ、手を抜いているワケではなく、最初から何もしないことで自分を守っている。「DASADA」を立ち上げた「ゆりあ」と少しずつ距離が離れていく。 実家は「カットサロン畑屋」を営んでおり、趣味は人の髪の毛をいじること。

韓流バナー

DASADA 出演者(キャスト) マロニエ女学院3年生

DASADA、マロニエ女学院3年生メンバーの役名と役柄です。

小笠原真琴 役/齊藤京子

◉マロニエ女学院3年生

バレーボール部の部長で仲間想い。

コツコツと努力する性格。暑苦しく、一生懸命な姿が周囲からダサい存在にみられているものの、本人は周りの目を気にしない。自分の芯をしっかりと持っており、考え方は他の生徒よりも一番大人。 バレー部を3日で退部した「ゆりあ」のことを未だに根に持り追い回している…。と思われているが…。

高頭せれな 役/加藤史帆

◉マロニエ女学院3年生

モテ女の象徴である白鳥学園のネクタイをつけ、トップのみきてぃ・くるみんとともに君臨している。読モネームは「せれな~で」として活動中。撮影のときに緊張してしまい顔が強張ってしまう。トップで居続けたいという強い思いがあり、実はゆりあのことを少し疎ましく思っている。

荻原みき 役/潮紗理菜

◉マロニエ女学院3年生

せれな、くるみんと仲良し。

周りに流されやすい性格だが、昔から物事には一生懸命に取り組む。しかし、努力しても結果に結びつかなかった経験から、一生懸命取り組んでいる人の事を内心では馬鹿にしている。せれなと一緒にいる事で、マロ女の中でトップに君臨している。彼氏は白鳥学園。

春澤くるみ 役/丹生明里

◉マロニエ女学院3年生

せれな、みきてぃと仲良し。

人情に激アツな一面もあるが隠している。せれなと一緒にいる事で自分の存在価値を高めている。白鳥学園に彼氏がいるものの、付き合っている人よりもステータスの高い男性が現れるとすぐに乗り換えてしまう。彼氏は白鳥学園。

韓流バナー

DASADA 出演者(キャスト) FACTORY

DASADA、FACTORYメンバーの役名と役柄です。

ぐいのみ 役/東村芽依

◉FACTORYのメンバー

とにかくダンスが大好きで、笑顔が絶えない。

ダンスの授業中にアイドルが踊っていたダンスを完コピし披露するほどの実力。そのダンスの才能を買われFACTORYとしてデビュー。 ダンスレッスンは誰よりも練習する努力家。FACTORYとしての生き方を全肯定している。

トックリン 役/河田陽菜

◉FACTORYのメンバー

とても繊細で周りを気遣う優しい性格。

家族の影響で小さい頃から洋楽を聴く女の子。英語の歌詞は意味不明なので、曲に合わせ自分で作った歌詞で唄う。やがて、その作詞センスを買われ上京しデビュー。 FACTORYのやり方に少し不満を感じているものの、不満はすべて飲み込んでいる。地方出身なので訛りがあるせいか口数は少ない。

おちょこ 役/松田好花

◉FACTORYのリーダー

小学校の頃、友人たちとはじめたバンドで路上ライブをしていたほど、高い歌唱能力を持っている。 若干13歳で地下アイドルとしての活動をスタートさせた。よく偉人の名言を引用する。責任感が強く、FACTORYをトップにするためリーダーとして必死に頑張ってきた。 努力の甲斐もあって、結成5年で世界トップアーティストの仲間入りに。

キラリ 役/高瀬愛奈

◉FACTORYファン

ファッション好きのFACTORYファン。

しかし実際は、FACTORYのコーデでファッションすることに抵抗を持っている。過去に周りからバカにされたことが原因。現在は着ていない。周りの言葉に影響されず、着たい服を着る沙織を羨ましいと思っている。

DASADA 出演者(キャスト)・モデル

DASADA、モデル・アイドル・その他キャストの皆さんです。

マホぽよ 役/高本彩花

◉キャンティーン専属トップモデル

何回も表紙を飾っている人気モデル。自分がすべての中心じゃないと気が済まない性格。せれな〜でのことを格下モデルだと決めつけており、内心ではバカにしている。。自分がどの角度から写真を撮ると一番可愛く写るかを熟知している。女子高生のファンが多く、雑誌で特集される「マホぽよ」のコーデを真似する子も多い。

とろろ 役/井口眞緒

◉グラビアアイドル

とろろ昆布やビールの広告に出演していて、天然&のんびりな性格。 グラビアだけでは食べていけないため、中華料理屋のバイトの給料で生活費のほとんどを乗り切っている。

ゆりあのパパ 役/長谷川朝晴

◉佐田洋裁店の店主

優しさが仇となり、人から頼まれごとをされると拒めない性格。佐田洋裁店を「ゆりあ」に継いで欲しいと考えているものの、なかなか想いを伝えれずにいる。

ゆりあのママ 役/池端レイナ

◉明るくて陽気な性格。

本人は流行最前線のつもりだが、いつも一昔前のギャグを頻繁に言う。ところが意外としっかりもので、家計の管理はすべて担当。

丑岡 役/野間口徹

◉誰もが恐れる町の借金取り。

いつも寅田(森谷勇太)と一緒に、借金を取り立てまくっている。

寅田 役/森谷勇太

◉丑岡の子分

丑岡とは家族ぐるみの仲。借金取りなのに、根はメチャメチャ陽気な人間。

沙織の母 役/神田うの

◉専業主婦で洋食を作るのが得意。

マイペースで相手を自分のペースに持っていくのが上手い。趣味はネットショッピング。

中池先生 役/坪倉由幸

◉2年A組担任で担当は数学

少し口うるさいが、本当は生徒想いの優しい先生。ゆりあに対し注意することが多いものの、実は空気を和ませてくれる「ゆりあ」はすごく感謝している。

ボンディ 役/エゼマタ健太チャールズ

◉中華料理屋「七龍」の岡持ち。

とろろちゃんの大ファン。

ゆりあの家族とは仲良しで、出前以外でもよく佐田洋裁店に遊びに行っている。佐田洋裁店の借金返済のため「DASADA」の宣伝を怠らずにやってくれる。

DASADA スタッフ・企画・原作・監督

最後に、スタッフの皆さんです。


◉企画・原作:

・秋元康

◉監督

・河合勇人
(かぐや様は告らせたい)

・西村了
(ニッポンノワール)

◉脚本

・吉田恵里香
(ヒロイン失格)
(花のち晴れ〜花男 Next Season〜)

◉制作

・南波昌人
・髙谷和男

◉プロデュース

・植野浩之

◉プロデューサー

・山王丸和恵
・水田貴久
・伊藤裕史(AXON)

◉コンテンツプロデューサー

・横山祐子

◉制作プロダクション

・AXON

◉企画制作

・日本テレビ

◉製作著作

・DASADA製作委員会

以上となります!

DASADA
Huluはコチラ

※ご紹介する情報は2020年1月時点となります。
詳しい配信状況は公式サイトにてご確認ください。

コチラの記事も人気です。
error: Content is protected !!