ドラマ

グランメゾン東京|10話 ネタバレ・感想【祥平の涙・丹後も来い!】12/22



TBS日曜ドラマ・グランメゾン東京『10話』が、2019年12月22日(日)に放送されました!

10話は本当に感動する内容でした。。

今回は、グランメゾン東京

▼10話

・あらすじ
・ネタバレ

▼次回11話(最終回)

・予告とあらすじ

についてまとめています。

****

グランメゾン東京「最終回」のネタバレ・あらすじ・感想はコチラ。

グランメゾン東京「最終回」ネタバレあらすじ・感想【次は世界中の星をかっさらう】グランメゾン東京『最終回』ネタバレ・あらすじ・感想。2019年12月29日に放送。...

 

グランメゾン東京『10話』あらすじ

尾花(木村拓哉)はリンダ(冨永愛)の告発によって「gaku」を去ることになった祥平(玉森裕太)を「グランメゾン東京」に誘う。

店に迷惑がかかるからと断る祥平だったが、京野をはじめとした店のメンバーは、ある方法を思いつく。

一方、丹後(尾上菊之助)は、まもなく始まるミシュランの審査のプレッシャーからメニュー開発に行き詰まる。そんな丹後を見て、江藤(手塚とおる)はある計画を推し進めるのだった。

それぞれの店で大きな変化を迎える中で、迫るミシュランの審査。着々と新メニュー開発に取り組む尾花は、ある大きな決断を下す!

はたして三つ星を取れるメニューは完成するのか!?

公式サイトより引用

 

それでは、グランメゾン東京『10話』のネタバレへと進みます。

これから文字情報が続きます、動画の場合は以下よりご覧いただけます。
公式【グランメゾン東京】1話~全話まで動画配信はコチラ(※30日間の無料あり)

 


グランメゾン東京『10話』ネタバレ 12/22

尾花(木村拓哉)から「グランメゾンへ来い!」と誘われた、祥平(玉森裕太)。

しかし、自分が行けば迷惑がかかると言う祥平。

尾花からは

ホントはみんなの前で本当のこと喋んのが怖いんじゃねぇの?」

「すぐにお前の名前は出る、今しかねぇぞ?」

と、切り出され、祥平はグランメゾン東京へ。

祥平の告白と誰にも言えなかった本音

「申し訳ありませんでした!」

全員の目の前で、深々と頭を下げる祥平。

祥平からの告白を受け、一番怒りを隠せなかったのが相沢(及川光博)でした。

・正直、ガッカリだよ。

・同じ料理人として、祥平を絶対許さない。

・そりゃあ誰だってミスはするよ。

・でも、そのあとどうやって対処するかが大事なんじゃないの?

・お客さまを第一に考える料理人なら、正直に名乗り出て、原因を追求して、きちんと謝罪するのが最低限の誠意だろ!

・あの時、お前が話してくれていれば、エスコフィユのメンバーはバラバラにならなくて済んだかもしれない。

・祥平!なんで黙ってたんだよ!

祥平の腕を掴み、怒りをぶつける相沢。

それを聞いた祥平は、涙ながらに本音を話しました。

怖かったんです。もし喋ったら、もう二度と料理できなくなるんじゃないかって。だから、誰にも言えませんでした。ホント、すいませんでした!

ところが尾花からは、

「あの皿の責任は料理長だった俺の責任なんだけど?」

「お前が責任感かんじるなんて、100万年早ぇんだよバーカ!」

尾花なりの最大限のフォローでした。

すべてを話した祥平ですが、気がかりなのはリンダです。

・犯人を見つけたら、二度と料理の世界には戻れないようにする。

・祥平を店に引き入れたら、その店は一生「星」を取れなくしてやる。

これから祥平が、料理人として活躍する余地はどこにもありませんでした。

「グランメゾン東京が三ツ星を取ることを、心から願ってます。」

そう言い残し、去ろうろした祥平を壁ドンで止める尾花。

「もういい加減、逃げんな。」

京野 vs センス

去ろうとする祥平に「卒業祝いだ。」と、京野(沢村一樹)が作ることに。

京野はシェフ時代に一番得意な料理「本州鹿ロースのパイ包み」を作りました。

(京野はパリの名店で三ツ星レストラン「ランブロワジー」で修行をしていました。)

京野「どうだ?祥平」

うまいです。と、いう祥平にもう一度、

京野「本当に美味いか?」

尋ねる京野。祥平は何も言わず、沈黙が続きました。。

すると、京野が怒り出しました。

適当なこと言ってんじゃねえよ。お前みたいのが一番ムカつくんだよ!この料理は、俺が全力で、本気で作った料理だ。でもどうだ、心を震わすようなものは何一つ感じないだろ?お前のまかないの方が、この何倍も、何百倍も美味かったよ。なぁ祥平。平古祥平の料理には、人を動かす力があるんだよ。

京野は、自分の過去と祥平への想いをブツケます。

・俺は、自分の才能の限界を感じて料理をやめた。

・俺には、世界を変えられるような料理は作れない。

・だからせめて、そういう料理を届ける仕事がしたい。そう決心したんだ。

・人にはないスゴい才能があるくせに、なんでこの世界から出ていくんだよ!

・料理を諦めた人間に対して、失礼だ!!

京野は過去に、もう料理は作らないと決め、大事にしていたナイフを捨てていました。

自分に限界を感じたとはいえ、料理人にとってこれほど辛いことはありません。

そうやって止む無く諦めた京野からすれば、センスの塊である祥平が「料理の世界」から身を引くことは許せませんでした。

京野「俺はこいつがフレンチを抜けるのが許せない。何より、祥平がウチに来れば、グランメゾン東京はもっと強くなる!」

しかし、リンダの圧力を懸念する相沢。

尾花「リンダも圧力もどうでもいいよ!大事なのは、どうすれば一番いい料理ができるかどうかなんじゃねーの?」

尾花「ウチの店には平古祥平の力が必要だ。なぜなら、俺はマグロ料理に挑戦する。」

慌てる、倫子と相沢。

マグロは、尾花がずっと挑戦し続けてきて、唯一、フレンチに取り入れることが出来なかった食材でした。

さらにフレンチの世界でも、マグロを食材に取り入れるのはタブーとされていました。

ゴーストシェフとして採用

色々と話し合った結果、祥平の今後については萌絵(吉谷彩子)の案が採用されました。

・営業中は裏方
・閉店後は新メニューの開発

名付けて、ゴーストシェフ

祥平を許せない倫子と相沢は、反対。

しかし、現状はミシュランの審査までに新メニューを揃えないといけず、時間もないため、

「ゴーストシェフで仮採用。」

ということなりました!

マグロ料理にやる気を出す尾花でしたが、とにかく時間がないため

「まずは、メインと前菜を作る!」

ことになりました。

丹後 vs 柿谷

リンダの雑誌「マリ・クレール・ダイニング」が、3年前の日仏首脳会談コンタミ事件の真相を掲載しました。

とある場所で密会していた、リンダとマイコウ富岡。

どうやらリンダのボスは、読者の信頼を失い、社名にも傷がついた。と、3年前の事件を非常に根にもっていたようです。

そして、犯人を突き止めたリンダのクビは繋がった。

編集長として、ボスから相当な圧力をかけられていたようです。

地位と名誉がある人ほど耐えられないのよ。料理人ごときに顔を潰されることが。byリンダ

****

gakuにて。

美優(朝倉あき)の父「蛯名西堂」が、gakuを訪れていました。

「アイツ(祥平)に騙され、娘も傷つけられた。」

「あらゆる手を使って潰す!」

と、収まりきれない怒りを江藤と丹後にブツケます。

江藤は、祥平の実家の住所が書かれた書類を西堂(美優の父)に渡しました。。

****

「gaku」も、ミシュラン審査用のメニュー開発が遅れていました。

柿谷(大貫勇輔)が作った試作品を味見した丹後は、

「お前、これで三ツ星取れると思ってんのか?」

と、求めるレベルではなかったことを伝えると、

「でもまぁ、ここから改良していけばいい感じになるかなぁと思って…」

時間もない中、楽観的な柿谷に丹後はキレます。

何、甘いこと言ってんだよ!お前、祥平の代わりにスーシェフ(副料理長)になったんだろ?一端の料理人だったら半端なもん作らないで、自分の料理でビシっと決めてみせろよ!

すると柿谷、開き直った表情でこんなことを抜かしやがりました。

・フッ、哀れだなぁと思って。

・丹後さんって、優秀なスーシェフがいなかったら自分1人で料理作れないってことですよね?

・シェフなら、ビシッと1発で最高の組み合わせ指示してくださいよ!

丹後「出ていけ!俺の厨房から出てけ!」

言われた柿谷も逆ギレし、厨房を飛び出していきました。

後を追い、柿谷をなだめる江藤。

あの人も分かってるんですよ、自分の料理では三ツ星とれないって。このまま、二つ星と世界8位の重圧に潰れて終わりますよ。

by柿谷の見解でした。

ミシュランの審査員と審査基準5つ

一方、グランメゾン東京では、新作「白子のポッシェ ショーフロワ」が完成。

スタッフにも好評で、コース料理の前菜として採用され「残り7品」となりました。

ここで、ミシュランの調査員について京野から説明がありました。

ミシュランの調査員とは?

東京を拠点にしているミシュランの調査員は、実は10名ほどしかいない。

すべての店を廻るわけではなく、すでに☆を取っている店やフーディーの動向・口コミを参考にして、絞り込まれた店だけを調査する。

調査員の装いはお客さまと変わらないので、誰がいつ来るのか分からない。

ミシュランの評価基準は5つ

①素材の質
②料理の技術の高さ
③独創性
④価値に見合った価格
⑤料理全体の一貫性

調査はMAX3回ある

三ツ星を取るためには、調査員の審査を3回クリアしなければなりません。

▼1回目

星がついていない店には、一人の調査員が調査に来る。認めたら一ツ星。

▼2回目

一ツ星がついた店には、新たに二人の調査員が来る。二人とも認めれば二ツ星。

▼3回目

二つ星が認められた店には、新たに二人の調査員が来る。

調査結果はレポートにまとめられ、調査員やミシュランのインターナショナルディレクターが集まる会議「ミシュラン・スターセレクション」に持ち込まれる。

そこで改めて、☆の数が決まる。

三ツ星を取るためには、会議の参加者全員の合意が必要。

三ツ星を取った料理人はまさしくレジェンド。

ハードルは高いものの、難しいことを考えてもしょうがない。

尾花「あと一ヶ月、この店のために全てをかける。」

倫子「ひたすら、お客様一人一人の美味しいを求めていく。」

みんなでOui Chef !!」

ミシュランへ向け、気を引き締めました!

尾花、出戻り。

尾花と祥平はメイン料理の担当に抜擢。

「できそう?」と聞く倫子に、祥平は「やらせてください!」と気合い十分✨

色んな肉を試した結果、キジバトを採用。

高級な肉よりも安っぽく感じがちな「キジバト」ですが、

・普通に仕入れたら、1羽1万円はする。

・獲るのが難しいため、日本でほとんど流通しない貴重な食材。

・まだ手付かずなので、良い品質のキジバトがゴロゴロいる。

・日本に隠された素晴らしい食材。

引き続き、キジバトを使ったメイン料理を開発することになりました。

そんな状況ですが、レストランも並行して営業。

ミシュランの調査員が予想より早く来るかもしれない。そのため、完成した新メニューは随時、お出しすることにしました。

一方、尾花が居候する京野のアパートへ、祥平も転がり込んでいました💦

祥平は「もう東京にはいれない」と思ってアパートを引き払った矢先の展開。仕方ないですよね。。

とはいえ、さすがに狭すぎるため、3人でジャンケンをして負けた尾花が「倫子のガレージ」へ戻りました。

ちなみに、京野も公認です。。

****

翌日。

相沢が「リ・ド・ヴォーを入れたクスクスのサラダ」を完成。

文句なし、全員一致&尾花も認めたことで「前菜」に採用となりました!✨

相沢が中心となって作った前菜を、尾花が認めた。

エスコフィユ時代、尾花に認めてもらえなかった相沢はとっても喜んでいました✨

「メニューも少しずつ出来上がり、みんなが楽しみながら料理を作っている。」

そんな光景を見ながら、すっごい仲間に恵まれたと感慨深く話す倫子。

フルコース完成まで「残り6品」となりました。

丹後、コックコートを脱ぐ

ミシュラン審査開始まで、あと3週間。

gakuにて。

丹後が、ミシュラン向けの新作「出来たて湯葉と旬の花、麹と山わざびのソース」を完成させました。

試食した江藤は、一瞬とまったものの「素晴らしい出来です」と評価。

丹後も、1人でメニューを考案し、久々にいい出来と自画自賛します。

ところが江藤がどこか浮かない表情をしていました。

するとそこへ、パリの二ツ星店でスーシェフをしていた「柚月 聡(ゆずき・さとし)」がやってきました。

実は来月から、丹後に変わり「gaku」のシェフを担当するとのこと。

https://lyfe8.com/grame-yuzuki/

「丹後さんでは、もう上は目指せない。」

他のシェフたちも全員合意していました。

丹後は厨房に入ることを止め、コックコートを脱ぎました。

「平古祥平を失ってから、江藤さんは自身をなくした。」

「自信がないシェフに星は取れない」

と、告げる江藤。

丹後が作った渾身の一品「出来たて湯葉と旬の花、麹と山わざびのソース」、本当に美味しかったのか?と尋ねる丹後。

江藤は何も返答せず、

「本当に、今までありがとうございました!」

深々と頭を下げ、話は終わりました。

美優(朝倉あき)の想い

ミシュランの調査員かもしれない女性が来たと、慌てる栞奈(中村アン)。

しかしそこに現れたのは、美優でした。

尾花が席へ案内するも美優が来店した理由は、祥平の行方でした。

「無事かどうかだけでも教えてほしい。」

「あの記事が出てから心配で。」

ところが、美優の体調を心配する尾花。

美優が元気になる料理をご馳走すると言い、あまり胃に負担をかけない料理を作ることにしました。

コース料理が次々と運ばれ徐々に笑顔になっていく美優。

そして最後のデザート「モンブラン・ア・マ・ファソン」を食べた美優からは笑みがこぼれます。

美優は尾花に向かってこう伝えました。

祥平がモンブランを作っていると知ってから、色んなモンブランを食べ歩いた。料理があまり得意ではない分、少しでも詳しくなろうと。

その中でもダントツに美味しいです!

祥平も、美優の会話を「裏の厨房」で聞いていました。

美優は続けます。

祥平くんがよく言ってました。エスコフィユは凄いお店だったって。お店に入る前とお料理を食べた後で人生が変わってしまうような。スゴいお店だったって。本当にあるんですね、そういうレストランって。

もし祥平くに会ったら、伝えてくれませんか。もう私や父のことなんて、どうだっていい。とにかく、祥平くんはグランメゾン東京で働くべきだよって。

尾花「承知しました。でももう伝わってると思います。」

祥平が隠れていた、裏の厨房を見つめる尾花。

美優「それだけで充分です。ここに来てよかった。」

泣きながら話す美優でしたが、最後は笑顔で店をあとにしました。

相沢「追いかけなくていいのか!?祥平!」

するとそのタイミングで、リンダ真知子が来店。

尾花(木村拓哉)リンダに三ツ星の料理の試食を宣言

リンダ「平古祥平がいるんでしょ?」

栞奈や倫子の静止を聞かず、厨房へ入り祥平を探すリンダ。

しかし祥平は上手いこと隠れたようで、リンダには見つかりませんでした💦💦

・平古祥平を入れた店は星を取ることはできない。

・私はミシュランのスターセレクションメンバーの1人を知っている。

・これは単なる脅しじゃない!

リンダは警告しますが、尾花からは

美食家のリンダが何そんな焦ってんの?リンダにそこまで祥平を追いかける理由なんてないよな?

祥平が見つからず、店を出ようとしたリンダ。

尾花「3日後、食べに来てくんねえかな。世界最高のフーデイーの感想が聞きたい。」

リンダ「パリに帰る。」

尾花「三ツ星の定義は?」

三ツ星の定義

そのために旅行する価値のある卓越した料理

尾花「そういう料理を必ず出す。」

何も言わず、リンダは店をあとにしました。

リンダが帰ったのを見計らい、裏の厨房へ向かった尾花

祥平は、冷凍庫の中に隠れていました💦⛄

「やっぱり俺がここにいると迷惑がかかります。もうここにいることは出来ません。」

「一緒に働かせてもらって分かりました。この店には俺の力なんて必要ありません。」

「俺なんかのために店の夢を潰すようなことは…」

ところが尾花からは

お前、ウチの店に迷惑かけたんだろ?料理人だったら料理で返せよ。

祥平は、リンダに出す料理について自分の意見を話しはじめました。

・キジバトはローストで行くべき。

・ジビエの野性味と風味に負けないよう、火入れは炭火。

・付け合せは野性味を活かすため、ザクロを。

・ソースは気をてらわず、フォンドボーでシンプルに。キジバトの内蔵を使う。

ということで、倫子が付け合わせ、相沢はソースを担当することに。

問題は熱の残し方。

祥平は、常温ではなく熱を残したまま皮の食感を残しつつ、片面だけパイ生地を使って保温してはどうか?と提案。

早速、試してみることに。

リンダ、再び。

リンダが来る前に店を去ろうとした祥平でしたが、そのタイミングでリンダが来店。

「キジバトのドゥミ・アンクルート」を作った尾花は、裏に隠れていた祥平に

「世界一のフーデイーをねじ伏せてこい」

と、尾花に指示され、祥平自らリンダの席へ料理を運びます。

祥平が目の前に現れ、おどろくリンダ。

しかし「この料理は熱が大事、冷めないうちにどうぞ!」と倫子に促され試食します。

尾花「キジバトのドゥミ・アンクルートに、三ツ星の価値はあるでしょうか?」

リンダの評価は…

ない(三ツ星の価値は)。

そもそも、星はお店につくものよ。こんな一品食べただけで判断できるものじゃない。それに、平古祥平がいるお店に三ツ星はつけさせない!

立ち去ったリンダを玄関まで追いかけた倫子。

「覚悟(三ツ星が取れなくなる)はできてるのかしら?」

三ツ星に値する「サービスとフルコース」を出すので、また来て欲しいと伝える倫子。

リンダ「随分な自信ですね。この間まで無名だった早見倫子さんが。」

倫子「確かに私ひとりでは無理です。でも、頼れる仲間たちがいますから」

リンダ「尾花夏樹は、三ツ星を取ったことがないのよ。」

倫子「私は彼を信頼しています。私は、尾花夏樹という料理人に、心底ホれこんでいますから。」

リンダは無言で、店を出ました。

祥平、涙の仲間入り

「やっぱりもうこれ以上、迷惑はかけられません。ほんとにお世話になりました。」

祥平は改めて去ることを伝えますが、尾花からは

「お前さぁ、自分が作った料理でアイツ(リンダ)を説得できなかったの悔しくねぇの?」

祥平からは、

「仕方ないですよ。どんなに美味しい料理つくっても、今のリンダさん、俺の料理なんて認めないですよ。」

尾花は淡々と、

「リンダが言ったことは正しい。お前が作ったキジバトでは満足できなかった。ただそれだけ。」

すると祥平は叫びます。

「じゃあどうすればいいんですか!?もう俺にはどうすることも出来ないんですよ!?」

すると尾花は、

「お前ごときが責任とるなんて、百万年はえーんだよ!!って言ったよな!」

倫子からは、

「そのために、店のみんなが居てくれるんでしょ?」

最後に尾花から。

・オレたち全員の力を合わせれば、今のリンダだって落とせる。

・三ツ星にだって手が届く。

・そんな中途半端な覚悟ならいらねぇ。

・いつまでもクヨクヨ迷ってるならさっさと出てけ。

祥平は沈黙を続けましたが、口を開きました。

入りたいです、俺は、この店に入りたいです!グランメゾン東京で、尾花さんやみんなと料理を作りたいです!!

祥平は心を込め、全力で振り絞り、ほんとうの気持ちを吐き出しました。

倫子「時間がないの。次の新メニュー、急ぐよ祥平!」

嬉しさで泣きながら「Oui Chef !」と答えました(涙)

京野は「出来たな、最高のチーム」と尾花に声をかけた。

泣きそうな自分を堪える、尾花。

尾花は今まで使いこなせなかった、マグロへの挑戦を改めて宣言。

マグロはフレンチに向いてない、禁断の食材。

そして、ミシュランの調査員が動いているという情報が入ります。

東京のとある会議室に、ミシュランの調査員たちが集まっていました。

私たちのジャッジは、時にお店やそこで働く人々の人生にまで影響を与えてしまいます。今年も責任を持ち、厳正な調査を行いましょう。

ミシュラン
インターナショナルディレクター
「アベーレ・モンタン」

尾花「決めた、禁断の食材で三ツ星を取る!」

 

つづく…

グランメゾン東京 次回のあらすじ

グランメゾン東京『11話』のあらすじです。

ミシュランの審査が近づき、「グランメゾン東京」の新メニュー開発は大詰めを迎えていた。

そんな中、新しい魚料理するため、フレンチにとって禁断の食材である”マグロ”に挑んでいる尾花(木村拓哉)を見て、倫子(鈴木京香)は不安になり、口を出してしまう。口論した末に、尾花は「スーシェフを辞める」と告げるのだった…。突然の発言に動揺する中、倫子も魚料理を作り、美味しい方をメニューに加えようと提案する。

一方、丹後(尾上菊之助)がいなくなった「gaku」は、新しいシェフ・結月(馬場徹)の傍若無人な振る舞いで店はボロボロになっていた。その矢先、ついにある事件が起きてしまう…

そして、いよいよ運命のミシュランの審査が始まる。

果たして「グランゾン東京」は、三つ星を獲得する事はできるのか!?

公式サイトより引用

公式【グランメゾン東京】1話~全話まで動画配信はコチラ(※30日間の無料あり)

 

グランメゾン東京「10話」感想

最後に、視聴者の皆さんの感想です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、最後までご覧いただき有難うございました!

error: Content is protected !!