ドラマ

グラグラメゾン東京|2話 ネタバレと見逃し動画【美優 or 萌絵】



グランメゾン東京のスピンオフドラマ「グラグラメゾン東京 ~平古祥平の揺れる思い~」が絶賛配信中です!

今回は、グラグランメゾン東京『2話』

・あらすじ
・ネタバレ
・次回のあらすじ

についてまとめています。

グラグラメゾン東京『2話』あらすじ

美優(朝倉あき)の父で大物政治家の蛯名西堂(岩下尚史)から会食に誘われた平(玉森裕太)。だが、威圧感たっぷりの西堂が苦手で、どうも乗り気になれない。

職場では、レシピ動画を見てまかない料理を作った後輩たち(加賀翔・賀屋壮也)にイライラ。

そんな仕事の帰り、ひょんなことから萌絵(吉谷彩子)と飲みに行くことになり、そこでひとしきり愚痴を聞いてもらう祥平。

その帰り道、萌絵と祥平はいい雰囲気に・・・。

一方、美優は、祥平が日頃から大事に使っているペティーナイフの話を祥平から聞く。

そこには、祥平の師匠である尾花夏樹との知られざる秘密が隠されていた。

公式サイトより引用

 

それでは、グラグラメゾン東京『2話』のネタバレへと進みます。

これから文字情報が続きます、動画は以下よりご覧いただけます。
グラグラメゾン東京「1話~全話」の動画はコチラ【30日間の無料あり】 

 


グラグラメゾン東京『2話』ネタバレ

美優の父「蛯名西堂」から食事に行きたいと誘われた、祥平。

実は祥平、東京都議会都議会委員を何年も務める大物政治家で、とてつもない威圧感がある美優の父に正直ビビっていました💦

美優と3人で会食すると決まって、

・君は将来、どんな展望を持っている?

・君はこのまま料理人を続けて、どうするつもりだ?

・そもそも、いつまで料理人を続けるつもりだ?

・美優のことはどう思ってる?

何か試されているような気がして、父との食事はタマラナく嫌なようです。

ぶっちゃけ「緊張するから会いたくない」と言いたいですが、そんなことはクチが裂けても言えず💦

お父様とお会いすることになりました。

まかないは考えるもの

ホテルの厨房にて。

高杉と真島が、まかない料理「明太チーズグラタン」を作ってきました。

祥平から感想を聞きたいという2人でしたが、レシピ動画を見て作ったことに説教をはじめる祥平。

・まかないは、若手が自分で試行錯誤したメニューを先輩に食べてもらって、いろいろ意見聞いて成長するための場なんだよ。

・レシピ動画みて作ったらダメだろ!

・人が作った味ではなく、自分たちの味を作りたいと思わないのか?

すると、いいのが思い浮かばなかったとのこと。。

「どんなときも常に考えていたのか?」

と、問い詰めますが、さすがにそこまでは考えていない高杉と真島。

祥平は追い詰めすぎて、真島から「パワハラですよ!」と言われてしまいました。。

萌絵との時間

海岸でリンゴを剥いていた、祥平。

そこに萌絵が現れました。

「何かあったんですか?モヤモヤがあるんだったら聞きますよ?」

という萌絵に、

「何でお前に聞いてもらわなきゃいけねぇんだよ!」

とキレる祥平。

結局、、祥平は居酒屋で酔っ払いつつ、萌絵にグチをこぼしていました。

おかしいだろ!若手シェフがまかないのメニューを自分で考えないで、レシピ動画みて作るってさぁ!

すると萌絵は、

平古シェフは怖いところがある。色々聞かれると、試されていると思って逆に答えられなくなる。

祥平は、美優の父に毎回毎回、問い詰められていた光景を思い出します。

「真剣に考えていたら、怖い先輩に何言われても答えられる。」

と、いう萌絵に祥平は納得します。

エスコフィユ時代、尾花に何を言われても答えていましたが、

「祥平、本気出せ!もっと本気出せ!」

と言われ、野菜の皮やクズを捨てたときも

・なぜ、当然を疑わない?

・お前が料理をやることすべてにお前なりの理由を考えろ。

・それが答えられないなら、ここには来るな!

と、厨房から追い出されたこともあったようです。。

萌絵「そこまで言ってくれるなら、祥平に目を掛けてたってことじゃないですか?興味ない人にそんなに言わないでしょ。」

酔っ払った2人は、居酒屋を出ました。

帰り道、萌絵から

「今日は、平古シェフのこと色々聞けて、嬉しかったッス☺」

ありがとうございましたと頭を下げた瞬間、萌絵がバランスを崩し、祥平に抱きついてしまいました!!!!!!!

萌絵をベンチに座らせ水を買いに行くと、そこに美優がやってきました!

美優「祥平君!!1人で飲んでたの?」

やましいことなんて1つもないのに、なぜかアタフタしてしまう祥平💦💦

祥平「うん、そうだよ☺」

やましいことなんて1つもないのに、なぜかウソをついてしまう祥平💦💦

美優「じゃあ、一緒に帰ろっか!」

ということになり、ベンチで寝ている萌絵のところに戻れないまま、祥平は美優と一緒に帰りました。。

****

美優の父と3人で会食。

帰り際、美優の父は祥平に

「しつこいようだがね、パリの店の過去は捨てなさい。私の家に入るなら。」

と、言い残し帰っていきました。

グランメゾン東京に融資が下りた、その裏側

祥平のアパートにて。

尾花からもらったペティナイフのいきさつを、美優に話す祥平。

・俺が料理でやることすべては、その食材が一番おいしくなる為にやっている。

・野菜の皮でもクズでも、料理が一番おいしくなる方法が皮を捨てることならそうする。

・違うなら、そうしない。

そう尾花に伝えたところ、いつも大事に使っているペティナイフをくれたそうです。

いつかその人の料理を食べてみたいという美優。

すると祥平は「ねぇ、ちょっとお前(美優)のお父さんに頼みがあんだけど。」

グランメゾン東京の開業資金を融資してもらう為、美優の父に口利きしていた祥平。

そして翌朝、無事に融資が下りました。

 

つづく…

次回のあらすじ

グラグラメゾン東京『3話』のあらすじです。

嫌が悪い美優(朝倉あき)の態度に動揺する祥平(玉森裕太)は、美優との出会いを思い出す。2人の出会いは運命的だった。

同じ職場でそれぞれの働く姿にひかれて、やがて付き合うことになった2人。

その時の気持ちを、祥平は思い出していた・・・。

そんな中、美優のことを相談しようと萌絵(吉谷彩子)と飲みにいった祥平。

しかし、これが、のちに大惨事を生むことになる・・・。

しかも、その居酒屋では、信じられない人物との出会いもあり、祥平の日常に大きな変化が!?

公式サイトより引用

【グランメゾン東京】動画配信はコチラ(※30日間の無料あり) 

 

グラグラメゾン東京「2話」感想まとめ

最後に、視聴者の皆さんの感想をまとめてみました!

以上、最後までご覧いただき有難うございました!

error: Content is protected !!