ドラマ

ケイジとケンジ*6話|ネタバレ*見逃し動画【今田美桜の逮捕しちゃうぞ】



2020年2月20日(木)に、木9ドラマ・ケイジとケンジ「第6話」が放送されました。

コチラの記事では、ケイジとケンジ「6話」の

・あらすじ
・ネタバレ
・感想
・次回のあらすじ

についてご紹介します。

» ケイジとケンジ「各話」のネタバレはコチラ

 

ケイジとケンジ『6話』あらすじ*見逃し動画

ケイジとケンジ「6話」のあらすじです。

 女子力が低くて恋愛方面はてんでさっぱり…な横浜桜木署の刑事・毛利ひかる(今田美桜)は職業を偽り、頑張って女子っぽさを意識しながら合コンに参加。ところが、ついつい刑事のさがが前面に出てしまい、残念な感じに…。女の幸せを見失い、落ち込みながら帰途につく。

そんな中、コンビニで強盗事件が発生した!

逃走した犯人・半田(長谷川朝晴)を逮捕したひかるは、取り調べもスムーズに終え、無事に送検。仲井戸豪太(桐谷健太)ら刑事課の仲間も彼女のファインプレーをたたえ、警察の捜査は大団円を迎えたかに見えたが…。

その直後、捜査は振り出しに! というのも、横浜地方検察庁みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)が半田を単独犯として起訴しようとしたところ、調書を読んだ部長検事・樫村武男(柳葉敏郎)の表情が一変。捜査のやり直しを命じたのだ。再捜査の指令を受け、ひかると目黒元気(磯村勇斗)が入手した一枚の運転免許証データを見た豪太らは、我が目を疑う。そこには“捜査の矛先をガラリと変える驚愕の新事実”が、まざまざと提示されていたからだ!

その事実に、修平はコンビニ強盗どころではない重大犯罪の匂いを嗅ぎ取り、鼻息を荒げるが…!?

引用:公式サイト

ケイジとケンジ 6話 見逃し動画

それでは、ケイジとケンジ『6話』のネタバレへと進みます。

これから文字情報が続きます。動画をご覧になりたい場合は以下よりご確認ください。
» ケイジとケンジ 見逃し動画はコチラ【31日間の無料体験あり】

ケイジとケンジ『6話』ネタバレ

ひかる(今田美桜)は刑事であることを隠し合コンに参加したが、言葉遣いや振舞いで刑事を隠し切れずにいた。

そんな中コンビニ強盗事件が発生し、合コン帰りのひかるがたまたま交番で無線を聞き怪しい男を逮捕する。

半田二郎という男性の取り調べを行った修平(東出昌大)は、樫村(柳葉敏郎)から、二郎の兄が犯行を計画したかもしれないと指摘を受けた。

連絡を受けたひかるも、すぐに兄・一郎のことを調べ始めた。

ひかるが一郎の免許証を入手すると、なんと二郎の顔と同じ。しかし更新前の免許証では、ちゃんと別人となっていた。

兄の一郎(長谷川朝晴)が、弟の二郎になりすましていた。。

一郎は免許停止になり、仕事で困るため偽ったとなりすましをあっさり認めた。

二郎が3年前に家を出て行ってから行方が分からないと聞き、修平は二郎がすでに亡くなっている可能性もあると見て、遺体を捜索するよう警察に指示。

しかしひかるだけは、二郎は生きていると信じていた。

捜査一課も出向き大事件に発展するかと思われる中、一郎の家ではキッチンから血痕と床下から骨が見つかるも、血は二郎の鼻血で、骨は猫が運んだと思われる鳥の骨だった。。

引き続き遺体の捜索を続けていた豪太(桐谷健太)たちは、床下の土の中からタイムカプセルを見つける。ひかると目黒(磯村勇斗)はホームレスになっていた二郎を発見し、嬉しくなった光は思わず二郎を抱きしめた。

二郎は会社勤めが肌に合わず、自由に生きるためホームレスになっていた。

修平とみなみの計らいから、一郎はタイムカプセルに入っていた20年後の自分に向けた手紙を読むことに。

明るい未来を信じている。

希望に満ち溢れたその内容に、一郎は思わず「情けない」と涙した。

3年ぶりに二郎と再会した一郎は、ホームレスの二郎から「俺みたいにちゃんと生きろ」と言われ、涙ながらに更生を誓うのでした。

 

見逃し配信バナー

ケイジとケンジ「6話」感想

ケイジとケンジ「6話」の感想です。

以上、最後までご視聴いただき有難うございました。

» ケイジとケンジ 見逃し動画はコチラ【31日間の無料体験あり】

 

error: Content is protected !!