ドラマ

    ケイジとケンジ*7話|ネタバレ*見逃し動画【隠れて悪いコトするタイプ】



    2020年2月27日(木)に、木9ドラマ・ケイジとケンジ「第7話」が放送されました。

    コチラの記事では、ケイジとケンジ「7話」の

    ・あらすじ
    ・ネタバレ
    ・感想
    ・次回のあらすじ

    についてご紹介します。

    » ケイジとケンジ「各話」のネタバレはコチラ

     

    ケイジとケンジ『7話』あらすじ*見逃し動画

    ケイジとケンジ「7話」のあらすじです。

     横浜桜木署の管轄内にある公園で大学生・江島陸(永田崇人)が知人男性らから集団暴行を受け、全身を打撲した上、何らかの凶器を使って脚の骨を折られた。加害者は会社員の久保田明(濱正悟)、フリーターの宮前幸介(柾木玲弥)、専門学校生の黛友之(今井悠貴)の3人。彼らは江島と同じ高校の卒業生。

    さっそく桜木署では加害者3人の取り調べが行われることに。すると、仲井戸豪太(桐谷健太)が聴取した黛が真っ先に、久保田にやれと言われたと打ち明け、素直に自白。それを受け、最初は否認していた久保田と宮前も犯行を認め、3人は集団暴行の容疑で横浜地方検察庁みなと支部に送検される。

    検察では求刑を決めるため、誰が主犯か、そして誰が江島の骨を折ったのかを追及する取り調べを敢行。真島修平(東出昌大)が久保田を、日下直樹(渋谷謙人)が宮前を、持丸栄(峯村リエ)が黛を担当する。ところが、3人とも自分は主犯でなく、骨折もさせていないと主張! 豪太ら刑事と修平ら検事たちの間でも、誰が主犯かをめぐって意見が分かれ…!?

    引用:公式サイト

    ケイジとケンジ 7話 見逃し動画

    それでは、ケイジとケンジ『7話』のネタバレへと進みます。

    これから文字情報が続きます。動画をご覧になりたい場合は以下よりご確認ください。
    » ケイジとケンジ 見逃し動画はコチラ【31日間の無料体験あり】

    ケイジとケンジ『7話』ネタバレ

    江島(永田崇人)という大学生が知り合いから集団暴行を受ける事件が発生。

    加害者として、江島と同じ高校出身の

    • 久保田(濱正悟)
    • 宮前(柾木玲弥)
    • 黛(今井悠貴)

    の取り調べが行われた。

    江島は突然3人から暴行を受けたと言い、理由は久保田の元カノである小山きら(森高愛)と付き合ったからではないかと考えられた。

    久保田と宮前は犯行を否認していたが、黛が犯行を認めたことを知ると、久保田と宮前は、現場にいたのは確かだが手は出していないと供述を変える。

    江島は脛を骨折する大怪我を負っていたが、誰がこの怪我を負わせたかは分からないままになってしまった。

    一方で検察側では、ライバル同士の修平(東出昌大)と日下(渋谷謙人)の2人が、自分が主犯格を担当して裁判に立ちたいがあまり、誰を担当するかで揉めていた。

    結局、修平→久保田、日下→宮前、ベテラン検事の持丸(峯村リエ)→黛を担当することになり、最も重い怪我である、脛の怪我を負わせた者が重罪に。

    検察では修平がボス格の久保田が主犯だと言い、宮前がヌンチャクを得意としていることから、日下は脚を骨折させたのは宮前だと主張する。

    ところが、豪太(桐谷健太)は取り調べで命令されたと言い張っている黛が、隠れて一番悪いことをするタイプだと怪しみむ。

    目黒(磯村勇斗)とひかる(今田美桜)は食事をした帰りに、別れ際のやりとりを豪太とみなみ(比嘉愛未)に目撃され、仲良さげな様子から付き合っていると勘違いされてしまった。

    そして目黒自身もつい、結婚を前提に付き合っていると嘘をついた…。

    目黒の調べで、宮前は過去にヌンチャクで人に怪我をさせたことがあったこと、さらに彼もきらが好きだったことが判明する。

    黛もきらが好きで隠し撮りをしていたことや、隠し警棒を購入していたこと、暴行後にスマホを忘れたと言い現場に戻っていたことも判明。

    黛を問い詰めると、わざと久保田と宮前をけしかけて江島を暴行させ、その後に自分が警棒で脚を骨折させていたとを認めた。

    見逃し配信バナー

    ケイジとケンジ「7話」感想

    ケイジとケンジ「7話」の感想です。

    以上、最後までご視聴いただき有難うございました。

    » ケイジとケンジ 見逃し動画はコチラ【31日間の無料体験あり】

     

    error: Content is protected !!