スポーツ

西武 松井稼頭央が引退!会見やセレモニーの日程はいつ?

西武ライオンズで外野手兼テクニカルコーチの『松井稼頭央』選手が今季限りの引退を表明しました。

今年は、新井選手や杉内投手など一時代を築いた名選手たちの引退が相次ぎ、特に松阪世代の引退が目立ちました。

今回は、松井稼頭央選手の記者会見や引退セレモニーの日程について、調査してみました。

まずはじめに、松井稼頭央選手のこれまでの経歴や功績などをご紹介したいと思います。

松井稼頭央 経歴と功績まとめ

出典:Baseball King
氏名松井稼頭央
読みまつい・かずお
生年月日1975/10/23
身長177cm
体重85kg
備考右投げ両打ち
出身大阪府東大阪市
出身高校PL学園
経歴PL学園で投手として甲子園に出場
ドラフト1993年ドラフト3位で西武へ入団

《プロ入り後の経歴》
・投手から内野手へ転向。
・最多安打2度
・盗塁王3度
・1998年:パ・リーグMVP
・2002年:打率3割/30本塁打/30盗塁を達成。

《メジャー転向後の経歴》
2003年:ニュージャージー・メッツへFA移籍
2006年:シーズン途中でロッキーズへ移籍
2007年:ワールドシリーズ出場
2009年:アストロズで日米通算2000安打達成

《日本プロ野球復帰後の経歴》
2011年:復帰後は楽天イーグルスでプレー
2018年:古巣西武に復帰

《日米通算》
日米通算2703安打(日本2088本・米国615本)

Sponsored Link

西武 松井稼頭央が引退!報道内容詳細

西武・松井稼頭央外野手(42)が今季限りで現役引退を決断したことが25日、分かった。近日中にも正式発表される。02年にはスイッチヒッターとして、プロ野球史上初となるトリプルスリーを達成。走攻守の三拍子を兼ね備え、日本人内野手では初めてのメジャーリーガーとしても活躍した。15年ぶりに復帰した古巣で、日米通算25年の現役生活に終止符を打つ。

 日米で輝きを放ったレジェンドが、現役生活に別れを告げる。今季限りでの引退を決め、すでに球団にも報告。シーズン終了を前に正式発表することを決断した。

楽天を構想外になった昨オフ、西武にテクニカルコーチ兼任で15年ぶりに復帰。春季キャンプでは三塁で特守を敢行するなど、若手にも負けない気持ちで練習に取り組み、開幕1軍を勝ち取った。

チームの精神的支柱として存在感は絶大だが、若返りが進む古巣での出場機会は限定。今季は23試合出場で打率・129。今月15日に先発投手の枠を空けるために、今季初めて出場選手登録から抹消された。1軍に同行し、この日も楽天生命パーク宮城の室内練習場でナインと汗を流した一方で、自身の去就について熟慮してきた。

PL学園時代は投手だったが、93年ドラフト会議で西武から野手として3位で指名された。プロ1年目の94年にスイッチヒッターに転向。3度の盗塁王に輝くなど、球界を代表する遊撃手になった。「元々右打ちだから右打席は“本能”、つくった左は“スマート”な打撃と僕の中では全く違う」と自己分析する。02年にはスイッチヒッターとして史上初めてトリプルスリーを達成。03年オフ、FA権を行使し大リーグのメッツへ移籍。日本人では初めて内野手としてメジャーリーガーとなった。

04年のブレーブスとの開幕戦ではメジャー史上初の新人開幕戦初打席初球本塁打。3球団で計7年プレーし、11年に日本球界に復帰。13年は楽天で主将として球団初のリーグ優勝と日本一に貢献した。日米通算2703安打、465盗塁は球史に残る記録となった。

チームは10年ぶりの頂点へ総仕上げの段階。「まだ西武では日本一になったことがないので楽しみ」。10年ぶりのリーグ優勝と日本一を願いつつ、松井がプレーヤーとして最後の瞬間を迎える。

出典:ヤフーニュース

松井稼頭央選手はすでに出場選手登録を抹消されているため、引退試合については見込めない状況となりました。

そんな状況とはいえ、最後までご自身ができることを献身的に活動されている姿に脱帽しました。

なんとしても優勝して、1軍の選手の皆さんには松井選手に優秀の美を飾ってあげてほしいです。

Sponsored Link

西武 松井稼頭央 会見や引退セレモニーの日程はいつ?

今のところ、西武ライオンズの公式ホームページでは「引退セレモニー」についての情報は掲載されていませんでした。

※追記:引退会見の日程が決まりました!

日程:9/27(木)

場所:メットライフドーム隣接の球団施設にて

時間:未定


引退セレモニーは、西武が優勝した日に開催されるのが最高のフィナーレなんですが、昨日優勝を逃した「広島カープ」も強いチームなので今後の動向を待ちたいと思います。

申し訳ありません。

西武 松井稼頭央 引退にネット上の感想は?

●やはりご決断されましたか。長い間本当にお疲れ様でした。最後の一年、西武に戻っていただきありがとうございました。いろいろなユニフォームを着ましたが個人的には一番似合うユニフォームだと思っていました。今後は指導者となり、あなたのような素晴らしい選手を何人も育てていただけたらと、西武ファンとしてでなく野球ファンとして切に願っております!

●思えば、松井稼頭央が渡米する時「これは内野手で成功する初めての日本人選手になるにではないか」と思った。確かに、当初は先頭打者で開幕第1球目のホームラン(日本では阪急の衆木のみ)とか今後の成功を期待させるような活躍ぶりだったが、彼ほどのセンスの持ち主をもってしてもメジャーの内野手での成功はとてつもなくハードルが高いのかと改めて思った。最後は古巣西武の優勝を見届けての引退も松井らしい決断だと思う。

●打って走れて守れる最高のショートだったと思います。今年は多くの名プレイヤーが去っていきますね。新しい世代が名プレイヤー以上の活躍することを願っています。松井稼頭央さん今まで夢をありがとう。お疲れ様でした。

●まさに、走攻守の揃った選手でした!同じ時期に、セリーグでは松井秀喜、パリーグでは松井稼頭央と、タイプは違うけど、同じ松井で2人も素晴らしい打者がいた時代、懐かしいです。これで、2人とも引退となってしまうんですね。
寂しいですが、時代の流れには逆らえないと感じます。本当に、長い間お疲れさまでした!

●西武で終わることが出来て良かったんだと思う。全盛期の松井稼頭央はショート史上ナンバーワンだと思う。

●右でも左でも良く打つし、足も速いし、守備も上手い、トリプルスリーも達成し、2000本安打も達成。ここまで何でも出来る選手っていただろうか?また一人素晴らしい選手が引退するのは残念だが、コーチ、監督として戻ってきてほしい。

●誰がなんと言おうと歴代最強ショートは彼しかいない!もしNPBで生涯プレーしていれば、余裕で張超えしていたのでは?私見だがポテンシャル的にはイチローと甲乙付けがたいレベルの選手である。

●勝争いしてなければ、楽天最終戦も出場できたかも?でも西武に戻った年に優勝できそうなのは偶然じゃないと思うので、しっかり優勝決めて日本一になって胴上げしてもらってください。

●20年前、まだ小学生だった頃に貰ったサインは今も大切に持っています。三遊間の深いゴロですら強肩でアウトにしてしまう姿は、僕らの憧れでした。長年お疲れ様でした、ありがとう!

●最近30年では間違いなくプロ野球No.1のショートでしょう。守備に関しては吉田義男がめちゃくちゃ上手かったと聞くが、松井とどっちが上か是非年配の方に教えていただきたい。

西武はコーチとして、松井選手にも活躍の場を確保してほしい。

●学童で少年野球をやってた頃からの憧れの選手でした…パワー、スピード、守備、すべてがセンスの塊の魅力溢れる選手です︎25年間ありがとうございます︎そしてお疲れ様です。

●ライオンズに優勝経験のある選手が中村、栗山、銀仁朗くらいだという記事を見かけたりしますが、松井稼頭央を忘れちゃいけない。優勝して稼頭央選手の花道を飾りましょう。

絶対勝つぞライオンズ!