エンタメ

24時間テレビ|マラソンランナーのギャラは【月667万?】





2018年8月25日(土)から放送の第41回「24時間テレビ」。

2018年のマラソンランナーは「みやぞん」さんに決定しました!さらに今回は、マラソンではなくトライアスロン形式で行われます。

毎度のことながら気になる、チャリティーランナーのギャラについて調べてみました!

あまりに高額すぎてビックリしてしまいました…が、まずはみやぞんさんが挑戦するトライアスロンの内容を見ながら費用対効果も踏まえ検証してみたいと思います。

24時間テレビ「みやぞん」トライアスロンの距離や内容は?

まず最初に今回のトライアスロンの距離についてですが、

  • バイク(自転車):60km
  • スイム(水泳):1.55km
  • マラソン:100km

トータルの距離はなんと『161.55km』になります!

歴代のマラソンランナーでは、間寛平さんが1995年に記録した過去最長600kmに次いで、1日の距離としては歴代2位です💦

161.55kmという距離は、数種類あるトライアスロンの競技種目のなかで「ロングディスタンス」という種目になり、トライアスロン世界選手権と同じ距離なんです。。

競技時間は、10時間以上にも及びます。

みやぞんさんは練習の段階で膝を痛めており、161kmもトライスロンをするコンディションではないと思います💦

さらに、水泳の練習をした際に「1km」も泳げなかったそうで、周囲からは泳ぎ切るのは厳しい…という声も上がっています。

みやぞんさんの身体能力はズバ抜けており、

  • パンチ力:223kg
  • ピッチャーの球速:130km
  • バッター:4番

をこなしていた実力の持ち主す。

みやぞんさんなら何とかなりそうなイメージがしてしまいますが、166kmもの距離を走るのでそれなりのギャラが想定されます。

24時間テレビ 歴代出演者のギャラはいくら?

これまでにマスコミが報道している、過去のギャラを見てみます。

2013年の24時間テレビでは、

  • メインパーソナリティ
    嵐『5,000万』
  • チャリティーパーソナリティ
    上戸彩『500万円』
  • チャリティーパーソナリティ
    羽鳥慎一アナ『500万円』

超高額ギャラが支払われた過去があり、2018年の24時間テレビでは全額ギャラを寄付する動きも出ているようです。

  • チャリティーパーソナリティ
    「木村佳乃」
  • 番組パーソナリティ
    「サンドウィッチマン」

上記のお2人は、すでにギャラの全額寄付を発表されています。

羽鳥アナはサラリーマンなので分かりますが、芸能人の高額ギャラ全額寄付の動きはとても感心します。

24時間テレビ「みやぞん」トライアスロンのギャラはいくら?

次は、歴代のマラソンランナーのギャラ(推定)を見てみます。

  • 間寛平:300万
  • 山口達也:300万
  • 山田花子:400万
  • はるな愛:700万
  • 大島美幸:1,000万
  • 城島茂:1,000万
  • ブルゾンちえみ:500万

間寛平さんが歴代1位の200kmを走破したにも関わらず、ギャラが低いのは驚きです。

そして、みやぞんさんのギャラ報道は以下のとおりです。

番組の製作サイドが今回一番気掛かりなのが熱中症。

チャリティー番組なのに「みやぞん」が熱中症でダウンしたらシャレにならないので、対策には例年以上に力を入れている。

サポートは万全なだけに、みやぞんの快走に期待したい。

同誌によると、3か月前の準備を経てから本番まで、みやぞんの所属事務所に支払われる金額は2,000万円。

その中には万が一、完走後にヒザなどを壊すなど、仕事に支障をきたした場合の“補償”も含まれているという。

運動神経抜群なみやぞんだが、無事にゴールインできるだろうか?

出典:リアルライブ

上記のとおり、3ヶ月の準備期間と万が一に備えての保証もついてギャラは2,000万。

月に換算すると『666.6万円』ということになります。

万が一の保証と言われれば納得できなくはないですが、日テレには万全の体制でみやぞんさんをサポートしてほしいと思います。

error: Content is protected !!