Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
エンタメ

【画像あり】新紙幣|1万円札のデザインは渋沢栄一に。発行はいつ?



早朝から、紙幣のデザインが変更されるという報道がありましたね!

約20年ぶりの変更とのことで、

・新紙幣はいつから発行されるのか?

・新1万円札に渋沢栄一氏が選ばれた理由とデザイン。

・新1万円札、新5千円札、新千円札のデザイン。

について、調べてみました。

新紙幣|デザイン変更はいつから?

まずは、「いつから新紙幣に変更されるのか?」について解説します。

結論からお伝えすると、

・令和6年の年度上期

令和6年は2024年になりまして、年度の上期は「4月~9月」なので

・2024年4月~9月のどこか

から、新紙幣の発行をスタートさせるとのこと。

紙幣のデザイン変更は、偽造防止などの観点から「約20年」ごとに実施されてきました。

前回は「2004年(平成16年)」に実施されましたが、その際、肖像画と共にデザイン変更されたのは、

5千円札(新渡戸稲造 → 樋口一葉)

千円札(我輩は猫 → 野口英世)

だけでして、1万円札は偽造防止加工と一部のデザイン変更のみで、肖像画は福沢諭吉のままになっていました。

しかし、今回の新紙幣では「二千円札」を除く、一万円・五千円・千円すべての紙幣デザインと肖像画を変更することに。

では、新一万円札のデザインはどう変わったのか?画像つきでご紹介します。


【画像あり】新紙幣|1万円札の肖像画に渋沢栄一が選ばれた理由。デザイン変更はいつ?

まずは、表面のデザインからどうぞ。

そして、裏のデザインはコチラ↓で、東京駅が使われています。

現行1万円札の雰囲気は残しつつ、特に表面のデザインを大幅に刷新しています。

アメリカのドル札みたいに、紙幣ごとのサイズ変更はありませんでした。。

先述のとおり、紙幣の改札は最新の偽造防止技術を反映させるのが主な目的です。

肖像画に選ばれる人物はこれまで、明治以降の文化人から選定するという考え方を採用してきました。

今回の新紙幣発行にあたり、肖像画を選定する基準は以下の3つでした。

・鮮明な写真が残っていること。

・紙幣にふさわしい品格があること。

・国民に広く認められていること。

時代のくくりを取り払い「ふさわしい人物」を選びつつも、とにかく「偽造防止」を最優先に考え、刷新されるようです。

新1万円札の肖像画に渋沢栄一が選ばれた理由は?

まずは、渋沢栄一さんのプロフィールからどうぞ。

・肖像画:渋沢栄一

・1840年3月16日生まれ
・1931年11月11日に91歳で没

・埼玉県深谷市血洗島の出身

そして、渋沢栄一氏が残した偉大な功績は以下のとおりです。

・日本で一番古い「第一国立銀行」の創設者。

・東京証券取引所を設立。

・一橋大学の設立と経営。

・東京経済大学の設立と経営。

渋沢栄一氏は「資本主義の父と呼ばれ」、

日本経済を近代化させた最大の功労者

として、新1万円札の肖像画に選ばれました。

ちなみに、新5千円札と新千円札はこうなりました。

【画像あり】新5千円札と新千円札の肖像とデザイン

新5千円札の肖像デザイン、肖像画は津田梅子さん

まずは、デザインからどうぞ。

©SANKEI NEWSPAPER

・肖像画:津田梅子

・裏面:フジ(花)

・1864年12月31日生まれ
・1929年8月16日に64歳で没

・出身:東京都新宿区南町

・日本初の女子留学生として、アメリカへ留学。

・津田塾大学の創立者で、女子教育の先駆者と呼ばれた方です。

新千円札の肖像デザイン、肖像画は北里柴三郎さん

新千円札のデザインはコチラです。

©SANKEI NEWSPAPER

・肖像画:北里柴三郎

・裏面:葛飾北斎
「富嶽三十六景(神奈川沖浪裏)」

・1853年1月29日生まれ
・1931年6月13日に78歳で没

・出身:熊本県阿蘇郡小国町

・医学者、細菌学者

・慶應義塾大学医学部の創立者兼初代医学科長

・慶應義塾大学病院の初代病院長

・日本医師会創立者兼初代会長

・「日本の細菌学の父」と言われ、ペスト菌の発見・破傷風の治療法を開発するなど、感染症医学の発展に貢献された方です。

まとめ

新紙幣の発行は「約5年後」ということで、これから紙幣偽造の技術向上に伴い、発行までに軽微な修正を繰り返していくと思われます。

政府は新たな偽造防止策として、現行の「すき入れ」をより高精細なものに。

一万円札と五千円札のホログラムを大きくし、新たに千円札にもホログラムを導入することになりました。

紙幣の記番号を9桁~10桁に増やし、大量発行にも備えるとのこと。

新紙幣発行後も、現在流通している紙幣は引き続き使用可能ですが、流通枚数が少ないことから二千円札は変更しないとのことでした。