Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ニュース

「さくらももこ」さん死因は乳がん?ファン向けの告別式やお別れ会は

ちびまるこちゃんの作者で有名な「さくらももこさん」が、8/15 PM20:29に永眠されていたことが判明しました。

「ちびまるこちゃん」の今後の放送はどうなるのかも気になるところです。

今後、さくらももこさんのお別れ会や告別式についてどうなるのか、テレビ放映の継続情報などについて調べてみました!

「さくらももこ」さん死因は乳がん?訃報の内容

27日夜にさくらさんの公式ブログが更新され「さくらプロダクションからのお知らせです」と題した文面で、訃報が伝えられた。

同サイトは「さくらももこは、平成30年8月15日午後8時29分、乳がんのため永眠いたしました。(享年53) これまで温かい応援をして下さったファンの皆様、お世話になりました関係者の皆様に深く感謝致しますとともに、ここに謹んでご報告申し上げます」と伝えた。

1984年に漫画家としてデビューしたさくらさんが30周年を迎えた際の「30年間、良い事も大変な事もいっぱいありましたが、私は作家としてとても幸せな月日を送らせていただいています。感謝にたえません」との言葉を紹介した。

同サイトは「作品を描けること、それを楽しんで頂けることをいつも感謝していました。これからも皆様に楽しんで頂けることが、さくらももこと私達の願いであり喜びです」とした。

少し前に西城秀樹さんの葬儀に出席されたばかりだったのですが、突然の訃報に私も驚かされました。

享年53歳とまだまだ非常にお若いこともあり、これからもさらにご活躍されたことを考えると悔やまれるところです。

さくらさんは闘病生活を完全非公開にされていたとのことで、ファンの皆さんへの配慮が伝わってくる素晴らしい一面をお持ちでした。

ご自身が前に出るのではなく、常にまるちゃんを全面に押し出し裏方としての人生を送られたさくらさんのご冥福をお祈りしたいと思います。

Sponsored Link

ちびまるこちゃん今後の放送は?

「ちびまる子ちゃん」で知られる漫画家・さくらももこさんが15日に死去していたことが27日、分かった。

フジテレビは1990年にスタートしたアニメ「ちびまる子ちゃん」(日曜後6・00)の放送を今後も変わらず続けると発表した。

(中略)

「アニメ『ちびまる子ちゃん』は番組開始から早29年経ちます。

中には番組開始当初からご一緒させていただいているスタッフ・キャストもおります。

日々の制作の中で笑ったり、泣いたり、とても楽しく取り組んでこられたのは、さくら先生が見守ってくださっていたからだと思います。

これからも私たちスタッフ・キャスト一同で、さくら先生が天国で見守ってくださることを感じながら、おもしろい『ちびまる子ちゃん』を制作していきたいと思います」

と誓った。

出典:https://news.goo.ne.jp

番組スタッフ・キャストの皆さんのお気持ちもあり、テレビ放映の方は継続されるようで安心しました。

まる子は「さくらももこ」さんの分身として描かれており、これからもマンガの中で生き続けていくと思うので存続しつづけてほしいと思います。

なお、最新情報ですが2018/9/2(日)に放送されるちびまる子ちゃんのストーリー内容が変更になるとのことでした。

以下の記事に詳細をまとめましたので、よろしければご覧ください!

あわせて読みたい
ちびまるこちゃん次回の内容変更が決定!原作25周年記念作を放送フジテレビ系アニメちびまるこちゃんの作者「さくらももこ」さんが、8/15にお亡くなりになり/ました。 フジテレビでは「さくらももこ...
Sponsored Link

さくらももこさん死因は乳がん?ファン向けの告別式や葬儀は

通夜・告別式は、遺族の意向により親族・近親者のみで執り行われたとのことでしたので、今後お別れ会のようなことがあるかは現在未定となっております。

間接的ではありますが、静岡県の清水区にある「ちびまる子ちゃんランド」にて献花台が設けられているようです。

献花をご検討されている方は以下を参考にされてください!

ちびまる子ちゃんランドアクセス方法のページはコチラ!

さくらももこさん死因は乳がん?ファン向けの告別式やお別れ会は?まとめ

ちびまるこちゃんを毎週日曜日に見ていた世代としては本当に悲しい出来事でした。

いずれは来ることですが、小さい頃から接してきたものはテレビ番組であれ何だか思い入れがあるものですね。

さくら先生の意思は、関係スタッフや近しい方々が受け継いで今後も発展して下さるのでひと安心です。

楽しい時間を与えてくださったことに感謝します。

ありがとうございました!

RIP.

出典:はちま寄稿
コチラの記事も人気です。