Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ドラマ

朝ドラ『スカーレット』あらすじ・キャスト(18名)を徹底紹介



2019年後期、NHK連続ドラマ小説101回目となる朝ドラ『スカーレット』が間もなくスタートします!

ヒロインは、朝ドラ19年ぶりの出演となる戸田恵梨香さん

2000年放送の朝ドラ「オードリー」第3話に、吉岡滝乃(少女時代)役で出演して以来となります。

というわけで、朝ドラ『スカーレット』

①放送日程
②あらすじ

③ヒロインについて

・ヒロイン役柄
・ヒロイン幼少期
・ヒロインの相手役

④キャスト(出演者)

・川原家の登場人物
・川原家に関わる信楽の人々
・大阪編の登場人物
・制作スタッフ

についてまとめてみました!

ちょっと情報量が多めですが、スカーレットの予習としてお役に立てれば幸いです✨

朝ドラ『スカーレット』あらすじ・放送はいつから?

はじめに、朝ドラ「スカーレット」放送日程とあらすじです。

朝ドラ「スカーレット」放送日程まとめ

放送開始2019年9月30日(月)
放送期間
[全150回]
2019年9月30日(月)~
2020年3月28日(土)
総合[月~土]
8:00~8:15
0:45~13:00(再)
BS[月~土]
7:30~7:45
11:30~11:45(再)
ダイジェスト
[1週間]
[BSプレミアム]
9:30~11:00(土曜)
[総合]
11:00~11:20(土曜)
5分で
スカーレット
[総合] 毎週日曜日
①5:45~5:50
②17:55~18:00

『スカーレット』ムック本 Part.1 予約受付中!

2019年9月25日(水)に、朝ドラ「スカーレット」のムック本パート1が発売されます✨

戸田恵梨香×大島優子×林遣都による『幼なじみ座談会』や、ロングインタビュー・ロケ地「信楽」の紹介など、盛りだくさんの112ページです!

朝ドラ「スカーレット」あらすじ

 

この投稿をInstagramで見る

 

#スカーレット #戸田恵梨香 #陶芸家 #働き女子

【公式】朝ドラ「スカーレット」⚱ 9/30放送開始さん(@scarlet_nhk)がシェアした投稿 –

戦後まもなく、滋賀県にある焼き物の里「信楽(しがらき)」にやってきた、絵が得意な女の子「川原喜美子(かわはら・きみこ)」

滋賀県・信楽(しがらき)の場所は以下です。

喜美子は、両親・二人の妹と5人暮らし。

戦後まもないこともあり、家庭は貧しかった。そんな川原家を支えようと、幼いながらも懸命に働く喜美子。

ーーー

15歳に成長した喜美子は、親戚が営む大阪の下宿屋「荒木荘」へ就職。さまざまな出会いを経て成長し、再び信楽(しがらき)へ。

信楽へ戻った喜美子は、地元の伝統陶芸「信楽焼」に惹かれ、男性ばかりの陶芸界へ飛び込むことに。

代表的な信楽焼『狸の置物』

陶芸家・川原喜美子を目指して奮闘する毎日が始まった。

陶芸の奥深さに奮闘する喜美子の支えは、同じ志を持つ青年陶芸家・八郎。

恋に落ちた二人は夫婦として結ばれたが、結婚生活は喜美子の思惑どおりにはいかない。

二人の間に誕生した最愛の息子は陶芸の跡継ぎとなるも、やがて離れ離れに。

波乱万丈の人生を送る喜美子。しかし、陶芸への情熱は変わらず、自らの窯を開き、独自の信楽焼を見いだしていく。

陶芸家として独立したものの、貧相な生活を送っていた。とはいえ、困った人を見捨てておけない喜美子は頼られると断れない人柄。

特に、喜美子の陶芸と人柄に惹かれ集まった若者たちには、我が子同様の愛を注ぎ育てていった。

喜美子が辛いときの支えになったのは、彼女がこれまで助けてきた人々。

色んな人々の支えにより、再び陶芸の道に希望を見いだし、絆を結んだ人たちとともに歩んでいく。


朝ドラ「スカーレット」ヒロイン・川原喜美子 役は戸田恵梨香

つづいて、朝ドラ『スカーレット』キャストに移ります!

はじめにヒロイン「川原喜美子」役を務める、戸田恵梨香さんの役柄をご紹介します。

ヒロイン・川原喜美子 役/戸田恵梨香

 

この投稿をInstagramで見る

 

#スカーレット #戸田恵梨香 #陶芸家

朝ドラ「スカーレット」⚱ 9/30放送開始さん(@scarlet_nhk)がシェアした投稿 –

朝ドラ『スカーレット』企画段階から、戸田恵梨香さんの名前が挙がっていたそうです~

企画内容をプレゼンされた戸田さんも、出演に対し快諾されています!✨

これで、『まんぷく』『なつぞら』に続いて3期連続、オーディションなし・主演経験のある女優さんがキャスティングされました。

川原喜美子の役柄

1937年(昭和12年)生まれの大阪育ちで、三人姉妹の長女。

9歳で滋賀県・信楽(しがらき)に移り住み、幼いころから一家を支える働き者の女の子。

地元の信楽焼にふれて育ち、やがて男性ばかりの陶芸の世界で「女流陶芸家」の草分けとして歩みはじめる。

同業の夫と結婚後は自らの窯を持ち、独自の信楽焼を生み出すべく奮闘。陶芸にかける情熱は誰にも負けない。

二児の母として貢献しつつ、多くの弟子たちを愛情深く育てていく。

細かいことにこだわらない「お人よし」な性格で、周囲に頼られる存在。

特技は、絵と柔道。

なお、川原喜美子の人物像の参考なった女性陶芸家は、以下の記事でご紹介しています。

朝ドラ『スカーレット』モデルなし【女性陶芸家・神山清子さん参考】朝ドラ『スカーレット』のヒロインにモデルなし。信楽焼の女性陶芸家「神山清子(こうやま・きよこ)」さんが参考に。半生やプロフィール、関連書籍や映画などをご紹介。...

 

戸田恵梨香さんコメント

1年間、同じ役を演じるって、そんな贅沢なことはないなと。

一人の女性の生涯を演じれることの凄さや奇跡を感じて、さらに進化できるなと思いました。

共演者の皆さんやスタッフの皆さんと一丸になって、楽しく過ごしていけたらなと思っています。

出典:公式サイト

朝ドラ『スカーレット』川原喜美子の幼少期・女の子役は、川島夕空(かわしま・ゆあ)

つづいて、ヒロイン・川原喜美子の幼少期を演じる子役についてご紹介します。

役柄やコメントは以下のとおりです。

川原喜美子(幼少期) 役/川島夕空(かわしま・ゆあ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】川島夕空のさつえい日記さん(@gooddoctor_yuanikki)がシェアした投稿

川島夕空(かわしま・ゆあ)さん役柄

大阪から信楽(しがらき)に引っ越し、地元の信楽焼との出会いなど、喜美子の幼少期を演じます。

戸田恵梨香さんは、15歳になった喜美子から登場します。

 

川島夕空(かわしま・ゆあ)さんコメント

目標だった“朝ドラ”ヒロインの幼少役を演じられてとてもうれしいです。

喜美ちゃんは明るく元気な女の子で、つらいことも辛抱強く乗り越える頑張り屋さんです。

大阪生まれの役なので、私も大阪ことばを一生懸命練習しています。

戸田さんの喜美ちゃんにうまくバトンタッチできるように頑張ります!

出典:公式サイト

 

川島夕空(かわしま・ゆあ)さん出演作品

花子とアン
– 少女 役

緊急取調室
2nd SEASON 第1話
– 綾野 舞 役

グッド・ドクター
– 相川奈緒 役

レ・ミゼラブル 終わりなき旅路
– 田辺 瑛里華 役

朝ドラ『スカーレット』相手役は?

朝ドラではいつも注目されるヒロインの「相手役」です!

繰り返しになりますが、あらすじの中で、

陶芸の奥深さに奮闘する喜美子の支えは、同じ志を持つ青年陶芸家・八郎。

恋に落ちた二人は夫婦として結ばれた。

とあり、青年陶芸家の十代田八郎が「相手役」となるようです。

十代田八郎(そよだ・はちろう)役/松下洸平(まつした・こうへい)

 

この投稿をInstagramで見る

 

スタジオにメインのポスターたくさん貼ってあった!僕も写ってる。泣く。嬉しい。 #朝ドラ #スカーレット #そよだです #松下洸平

松下洸平さん(@kouheimatsushita_0306)がシェアした投稿 –

十代田八郎(そよだ・はちろう)役柄

喜美子が陶芸会社に勤めるようになって知り合った、大阪出身の青年陶工。

京都で陶芸を学んだあと、信楽へ。真面目な青年だが、どこか謎めいた一面も。

喜美子の陶芸と人生に、大きな影響を与えること存在に。

松下洸平さんコメント

この度、「スカーレット」で十代田八郎役を演じます松下洸平です。

“朝ドラ”初出演ですがこのような大役をいただき、本当に驚きそして感謝しています。

粘土をこねて形づくり丁寧に焼いていく陶芸と同じように、時間をかけてゆっくり、でも熱を込めて皆様の朝を彩る作品をお届けできるよう精いっぱい演じます。

出典:公式サイト




朝ドラ『スカーレット』川原家 キャスト(出演者)

つづいて、川原家の家族をご紹介します。

川原常治(かわはら・じょうじ)役/北村一輝

 

この投稿をInstagramで見る

 

キタムラトシヒロ Kitamura_japanさん(@kitamura_japan)がシェアした投稿

川原常治(かわはら・じょうじ)役柄

大阪出身で、喜美子の父親。

小学校を卒業後、商家にて年少の頃から下働きを始め、戦前から色々な商売に手を出している。

両親を早くに亡くし、兄二人も戦争で失っている。

見栄っ張りな性格で、酒をふるまう癖と困った人を見捨てておけない人のよさで、金が全く残らない。

昭和22年に借金から逃れるため、ツテを頼りに一家で信楽へ移住し、上り調子の窯業で運搬の仕事を始める。

亭主関白の一面があり、愛する三人の娘へのしつけは厳しい。

ちなみに、喜美子の明るさと楽天家な一面は父親譲り。。

北村一輝さんコメント

戦後ということで、たくましさや物がない中での諦めない強さ、復興に前進するひたむきな姿でありながらも、愛があり、常治はなんて魅力的な人間だろうと。

そんな役をやらせていただけて、本当に幸せなことだと思っております。

出典:公式サイト

川原マツ 役/富田靖子

 

この投稿をInstagramで見る

 

ヒロミさん(@leebomee55)がシェアした投稿

川原マツの役柄

大阪・八尾の大地主の娘で、喜美子の母親。

穏やかなおっとりした性格で、実家に出入りしていた常治と駆け落ち同然で結婚した。

常治の行動をニコニコと受け入れ、文句ひとつ言わず信楽についていくなど、献身的な妻。

和洋裁の腕があり、学問もできる。実はパワ一を秘めているような一面も。。

少々体が弱く、働き者の喜美子を頼りにしている。

喜美子の情の深さと粘り強いところは、母親ゆずり。

富田靖子さんコメント

子どもたち、そしてお父ちゃん、これから関わるいろいろな方々を優しく見守って、その人たちを輝かせるような、そんな存在のお母さんになれたらいいなと考えております。

長丁場ですが、一生懸命、努めたいと思っています。

応援よろしくお願いいたします。

出典:公式サイト

川原直子 役/桜庭ななみ

川原直子の役柄

川原家の次女。

わがままな性格で、家の手伝いが大嫌いな自由奔放女子。

3歳のときの空襲で、一人取り残された記憶がトラウマになっている。

喜美子と自分を比べ、劣等感を感じている一面も。

早々に信楽を飛び出すが、反抗心と裏腹に甘える気持ちもあり、喜美子に度々トラブルを持ち込んでくる。。

桜庭ななみさんコメント

私は朝ドラはじめてなんですけど、朝ドラを見て、元気をもらって一日をはじめるという人も多いと思います。

私もその1人でした。

なので、今回こういう機会をいただけて嬉しいです。

私も実際に2つ上のお姉ちゃんがいて、台本を読みながら、次女の「あるある」が詰まっていて、そういうシーンは実際の生活を活かしながら演じたいと思います。

がんばります!よろしくお願いします。

出典:公式サイト

川原百合子 役/福田麻由子

 

この投稿をInstagramで見る

 

映画『ラ』公式アカウントさん(@movie_la_)がシェアした投稿

川原百合子の役柄

川原家の三女。

大阪から移住したときはまだ赤ちゃんで、根っからの信楽育ち。

母親の優しくて穏やかな性格を受け継いでいる。

次女の直子(桜庭ななみ)とは対照的に信楽に住み続け、姉の喜美子に寄り添う良き相談相手。

福田麻由子さんコメント

朝ドラの出演は初めてで、お話をいただいたときはビックリしました。

台本を読んでるだけでも幸せなキモチになる作品で、とても嬉しく、そしてワクワクしております。

楽しむことを怖がらないで、この1年間、心をスカーレットに捧げたいと思っています。

よろしくお願いします。

出典:公式サイト

朝ドラ『スカーレット』キャスト(出演者)【幼なじみ・川原家に関わる信楽の人たち】

つづいて、喜美子の幼なじみや川原家に関わる信楽の人たちです。

熊谷照子(くまがい・てるこ)役/大島優子

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuko Oshimaさん(@yuk00shima)がシェアした投稿

熊谷照子(くまがい・てるこ)の役柄

喜美子の同級生で幼なじみ。

信楽で一番大きな窯元「丸熊陶業」のお嬢様。

三味線や日本舞踊の稽古に取り組んでいる。

プライドが高く勝ち気な性格で、ちやほやされるわりに友達ができないせいか、転校生の喜美子に興味津々。

喜美子と一緒に、柔道も習うことに。。仲がよいのか悪いのか、不思議な関係。

兄が戦死したため、実家「丸熊陶業」の跡取りに婿を取ることが決まっており、家業を盛り立てようと奮闘する。

大島優子さんコメント

私と恵梨香(戸田)は同い年で、さらに約でも幼なじみということで、どれくらい喜美子を支えられるかという役柄でもありますし、本当の現場でも恵梨香(戸田)を支えて盛り上げられるように努めていきたいと思います。

幼なじみとして、友情の中でぶつかる場面もあると思いますので、私もぶつかっていきたいと思います。

よろしくお願いします!

出典:公式サイト

大野信作 役/林 遣都(はやし・けんと)

 

この投稿をInstagramで見る

 

129さん(@mkrt.111)がシェアした投稿

大野信作の役柄

喜美子の同級生で幼なじみで、信楽にある大野雑貨店の一人息子。

喜美子たち川原家の住まいを両親が世話したことから知り合う。

幼い頃からイケメンで、同級生の照子(大島優子)は猛烈アピールしていたが、ピンときていなかった。。

喜美子とは正反対の気が弱く引っ込み思案な性格。

がしかし、喜美子が大阪から信楽に戻ると、思わぬ変化をとげており驚くことに。。

林遣都さんコメント

以前、『べっぴん』さんという作品で朝ドラの現場を経験させていただき、ほかにはない現場の空気感や雰囲気がとても大好きで、またこうした形で参加できて、とても嬉しく思っています。

僕は滋賀県出身で、劇中に出てくる「信楽焼(しがらきやき)」も小さいころから身近にありましたし、自分のふるさとの歴史を辿るという意味でもすごく楽しみで、今からワクワクしております。

出典:公式サイト

大野忠信 役/マギー

 

この投稿をInstagramで見る

 

deeleyさん(@deeley717)がシェアした投稿

大野忠信(おおの・ただのぶ)の役柄

大野雑貨店の店主で、信作(林 遣都)の父親。

妻の陽子(財前直見)と2人で店を切り盛りしている。

喜美子の父・常治(北村一輝)に戦地で助けられたことから恩義を感じ、信楽での仕事を世話した慈悲深い男。

川原家が信楽になじむよう、さりげなく心を尽くしていく。

また、常治(北村一輝)のよき飲み仲間。

マギーさんコメント

“朝ドラ”で、昭和のおじさんを、関西ことばで…私が役者を志して以来、ずっと憧れていた夢がついにかなう日が来ました。

喜びと感動でニンマリが隠せません。

「スカーレット」の世界の中で、明るく、仲よく、あくせく、たくましく、皆と暮らしていきます!

出典:公式サイト

大野陽子 役/財前直見

 

この投稿をInstagramで見る

 

財前直見さん(@naomi_zaizen_official)がシェアした投稿

大野陽子の役柄

大野雑貨店の忠信(マギー)の妻で、信作(林 遣都)の母親。

祖母が住んでいた空き家を、信楽に移ってきた川原家に提供してくれた。

おおらかな性格で、マツ(富田靖子)のよき友人となり、喜美子たち三姉妹にも何かと気遣いをしてくれる温かい存在。

息子の信作(林遣都)が少々頼りないのを心配しつつも、行く末を楽しみにしている。

財前直見さんコメント

読んで字のごとく、陽子という字には太陽の「陽」が入っています。

出演者の方や見ている方にとっても、「出てくるとホッとするね!」って言われるような存在でいたいなって思っています。

最後まで頑張りますので、皆さんよろしくお願いします!

出典:公式サイト

深野心仙(ふかの・しんせん)役/イッセー尾形

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kae Ho ホー カエさん(@kainotkay)がシェアした投稿

深野心仙(ふかの・しんせん)の役柄

信楽焼の火鉢の絵付け師で、喜美子の師匠。

日本画家としても活動している。

ユーモラスな人物で、喜美子を度々とまどわせる。心に秘めた創作への強い思いを持つ。

イッセー尾形さんコメント

1人でも多くの皆さまに熱い視線で応援していただけるよう頑張ります!

出典:公式サイト

草間宗一郎 役/佐藤隆太

草間宗一郎の役柄

常治(北村一輝)が信楽に連れてきた、川原家に居候する男性。

戦時中は満州で働いており、空襲にあった行方不明の妻をずっと探している。

幼い喜美子に温かく、かつ、まじめでひたむきに接してくれる。

柔道経験者として、喜美子や信楽の子どもたちに柔道を教える。

その後、信楽を去るものの再び喜美子の前に現れ、喜美子が新たな道を選ぶキッカケとなる人物。

佐藤隆太さんコメント

登場するキャラクター、みんなが人間臭い愛おしさを持っていて、そんなチャーミングなキャラクターたちを個性的な出演者の皆さんがどんな風に演じるんだろう?と想像しながら台本を読むとすごく面白くて、一気に台本を読んでしまいました。

こんな魅力的な皆さんの輪の中に入れてもらえることがすごく幸せですし、謎の旅人役という、役者としては非常にワクワクする役をやらせていただけるので、皆さんと楽しくさすらいたいと思っています。

よろしくお願いします!

出典:公式サイト

ジョージ富士川 役/西川貴教

 

この投稿をInstagramで見る

 

AbemaTV(アベマTV)さん(@abematv)がシェアした投稿

ジョージ富士川の役柄

フランスの美術学校に留学経験を持つ帰国子女。

コテコテの大阪弁が特徴で「自由は不自由やで!」が口癖。

喜美子とは一瞬だけ大阪で出会うが、その後、信楽で思いがけない再会を果たすことに。

信楽に新しい風を吹きこむクリエイティブな人物。

西川貴教さんコメント

出演のお話を聞いたときは、舞台本番の楽屋だったのですが、廊下に声が響いてほかの楽屋がザワつくほど驚きました。

信楽焼を題材に、僕の出身地でもある滋賀県が舞台になっている作品ということで、滋賀ふるさと観光大使として、地域のすばらしさも存分にお伝え出来ればと考えております。

本当に豪華な出演者の方々ばかりなので、皆さんと顔を合わせさせていただくのが待ち遠しいです。

初の“朝ドラ”で、とてつもなく緊張しておりますが、皆さま応援のほどよろしくお願い申し上げます。

出典:公式サイト




朝ドラ『スカーレット・大阪編』キャスト(出演者) 下宿「荒木荘」で関わる人々

 

この投稿をInstagramで見る

 

水野美紀公式インスタグラムさん(@mikimizuno_official)がシェアした投稿

つづいて、大阪「下宿・荒木荘」編に登場する、キャストの皆さんをご紹介します!

荒木さだ 役/羽野晶紀

 

この投稿をInstagramで見る

 

羽野 晶紀さん(@hano_aki)がシェアした投稿

荒木さだ役柄

大阪市内の下宿「荒木荘」の女主人で、喜美子の親戚。

戦後、女性ファッションの変化に目をつけ、ブラジャーなど女性下着のデザインを始める。

一方で実家を下宿屋として改装し、やがて喜美子が女中として働くことに。

進歩的だが、お嬢様育ちの一面もある女性。

羽野晶紀さんコメント

よっしゃー!来た〜!“朝ドラ”に、出ちゃいます!

何の役?遠い親戚のおばちゃんらしいですが、フフフ〜笑、どんな風になるのかなぁ〜楽しみでしかない!

喜美子ちゃんの成長に、一役買えるような、その当時のすてきな女性を演じられるよう、頑張ります!

出典:公式サイト

大久保のぶ子 役/三林京子(みつばやし・きょうこ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

これがお家です^_^

三林京子さん(@kyoko_mitsubayashi)がシェアした投稿 –

大久保のぶ子の役柄

若い頃から「さだ(羽野晶紀)」の実家で鍛えてきた、女中業のスペシャリスト。

現在は、下宿「荒木荘」のお手伝いさんとして活躍中。

最初は喜美子のあまりの若さに反対するも、次第にがんばりを認めはじめ、女中としてのノウハウを教えてくれる。

厳しいが、おちゃめなところも✨

※女中とは・・・
家事の雑用をする女性。旅館などで働く女性。

三林京子さんコメント

昭和の「いちばん太鼓」から平成の「ぴあの」「ふたりっ子」「オードリー」「ファイト」「だんだん」「カーネーション」そして令和の「スカーレット」と、三時代八本もの連続テレビ小説に出して頂ける感謝の気持ちを込めて!

しっかりと喜美子ちゃんを仕込みたいと考えています。

出典:公式サイト

田中雄太郎 役/木本武宏(TKO)

 

この投稿をInstagramで見る

 

emmaさん(@_scarlet_nhk)がシェアした投稿

田中雄太郎の役柄

喜美子が働く大阪の下宿屋「荒木荘」に住む男性。

以前は市役所に勤めていたが辞めてしまい、話の中では滅多に自分の部屋から出てこない、下宿代を滞納中の男💦

映画俳優への憧れがあり、端役への挑戦を続けている。

すっとぼけたキャラで、いつも喜美子を癒やす存在。

※端役(はやく)とは・・・
主役以外の役者。現代風だと「脇役」。

木本武宏コメント

出演が決まったと聞いた時はうれしくてうれしくて誰かに言いたくて、でも誰にも言えなくて…誰もいないトイレでこん身のガッツポーズをしました。

何者でもない人間が夢を追いかけるという部分が唯一の共通点であり、最も感情移入しやすいポイントです。

いまだ日々到達の見えないリアルな自分の気持ちを落とし込んで、すばらしい俳優の皆さんの足手まといにならないように頑張りたいと思います!

出典:公式サイト

西田圭佑 役/溝端淳平

 

この投稿をInstagramで見る

 

百恵☺︎さん(@momoe.221)がシェアした投稿

西田圭佑の役柄

大阪の下宿屋「荒木荘」に住む医学生。

育ちがよく真面目な性格で、下働きする喜美子に優しい✨

喜美子にとって兄のような存在だったが、ひょんな出来ごとから「恋のお相手」に。。

庵堂ちや子 役/水野美紀

庵堂ちや子の役柄

女性新聞記者。

喜美子が働く大阪の下宿屋『荒木荘』で知り合うことに。

大ざっぱで身の回りのことは全く構わない性格だが、仕事には真剣。

喜美子のよき友人となり、女性が職業を持って生きることについて大きな影響を与える人物。

水野美紀さんコメント

朝ドラは初出演になります。

焼き物の窯に火を入れるように、皆さんの朝のスタートのガソリンになるような、素敵な温かくて楽しいドラマになるだろうと、台本を読んで感じています。

その力添えが出来るよう、しっかり務めていきたいと思います。

よろしくお願いします。

出典:公式サイト




朝ドラ『スカーレット』脚本・製作スタッフ・語り

さいごに、朝ドラ『スカーレット』制作陣スタッフの皆さんです。

朝ドラ『スカーレット』脚本・水橋文美江

©Walkerplus.com

50年に渡る夫婦の物語を描いた、2019年放送「みかづき」で高評価を得た水橋文美江さんが脚本を担当します。

水橋さんが起用されたポイントは、

「自分のためでなく誰かのためにこそ動ける女性」というコンセプトを描くのに、最も強く・適した脚本家

とのこと。

女性を主人公にした作品を数多く手掛けてきた実績から、水橋文美江さんが選ばれました。

プロフィールや経歴は以下のとおりです。

▼生年月日
1964年1月15日(55歳)

▼出身地
石川県金沢市

▼学歴

石川県立金沢錦丘高等学校
※17期生

▼経歴

中学生のころから、担任教師のススメで短編脚本を書き始る。

フジテレビヤングシナリオ大賞への応募がキッカケとなり、1990年『東京ストーリーズ』第35回「おろしたての夫婦生活」にて、脚本家デビュー。

NHK名古屋ラジオドラマコンクール佳作では、橋田賞新人脚本賞、石川TOYP大賞をそれぞれ受賞。

▼家族構成

・夫:中江功
(フジテレビディレクター)

・2児の母

▼代表作

「夏子の酒」
「妹よ」
「みにくいアヒルの子」
「ビギナー」
「光とともに」
「ホタルノヒカリ」
「母になる」
「つるかめ助産院」
「みかづき」

 

作家・水橋文美江さんコメント

戸田恵梨香さんという才能あふれる女優さんと、半年という長い時間をかけて、一人の女性の生きざまにがっつりと向き合えることを大変嬉うれしく、ありがたく、光栄に思います。

彼女の繊細で豊かな表現力に魅了された一人として、さらなる彼女の新しい魅力をお見せできますよう、心を込めて紡いでいきます。

舞台は戦後まもなくの混乱・復興期から、女性の生き方や働き方が大きく変化した高度経済成長期の辺りまで。

日本中から、いえ、世界中から応援され、愛されるヒロインを目指して……15才の戸田恵梨香さんから50代の戸田恵梨香さんが、とっておきの笑顔で駆け抜けていきます。

元気な朝がやってきます。

どうぞお見逃しなく、お楽しみに!
よろしくお願いいたします!

出典:公式サイト

朝ドラ『スカーレット』制作統括・内田ゆき コメント

©Walkerplus.com

連続テレビ小説という、女性の生きざまを描けるドラマ枠を担当することになり、女が、というより、人が生きていくって、なんだろう?と考えを巡らせました。

ほとんどの人生は、喜びもあれば悲しみもあって、無理かなあ、でも頑張ってみよう、と、どうにかこうにか進んでいるはず。

そんなことを脈絡もなく思いながらも、一つ決めていたのは、自分で何かをやる、やろうとする女性、そして他人のために一生懸命になれる女性の物語にしたい、ということでした。

そんな折、ふと手にしたのが滋賀県・信楽の女性陶芸家・神山清子(こうやま・きよこ)さんの、自らの仕事と人生を振り返った短い手記でした。

そこにあった、プロの陶芸家としての情熱と、次世代を育てる思いに惹ひかれ、さっそく信楽にお訪ねしました。印象に残ったのは、自らの手で、土と炎と格闘して生み出される陶芸の深い魅力。それに苦労話や笑い話が加わり、信楽での取材を重ねるうちに、強く明るく生きていく陶芸家の女性と、彼女を巡る人々のドラマをつむぎ出したい、という思いが固まりました。

水橋文美江さんの、愛情いっぱいの筆で描かれる主人公・喜美子として、戸田恵梨香さんというすばらしいヒロインをお迎えできました。

がんばる貴美ちゃんの物語に、どうぞご期待ください。

出典:公式サイト

朝ドラ『スカーレット』音楽担当・冬野ユミ

★NHK担当作品

・お買い物
・徒歩7分
・アシガール

朝ドラ『スカーレット』プロデューサー・長谷知記

★担当ドラマ

・不惑のスクラム
・わろてんか
・まれ

朝ドラ『スカーレット』演出

・中島由貴
・佐藤 譲
・鈴木 航

朝ドラ『スカーレット』語り・中條誠子アナ

©jyoseiana.com

★主な担当番組

・どーも、NHK

・新日本風土記
※語り

・コズミックフロント☆NEXT
※語り

ドラマの語りは今回が初めてとなります✨

以上となります。

長くなりましたが、最後までご覧いただき有難うございました!