ドラマ

朝ドラ『スカーレット』5話|感想とネタバレ【草間ロスに号泣】



今週「第1週」のタイトルは、

はじめまして信楽(しがらき)

です✨

今回は、朝ドラ『スカーレット』第1週・第5話

・ネタバレ
・感想
・次回のあらすじ

についてまとめてみました。

本日の5話、泣いてしまいました。。

人気記事『スカーレット』各話のネタバレ・感想はコチラ

 

朝ドラ『スカーレット』5話ネタバレ

慶乃川(村上ショージ)から紙をもらった喜美ちゃん。

家で絵を描くことに没頭し、疲れて寝ていました。

喜美子が寝る横で、絵を眺めていた草間(佐藤隆太)。

喜美子が起きます。

琵琶湖の絵と女の子の絵を描いていたようで、

・すごい!
・たいしたもんだ!
・上手だね。

と草間(佐藤隆太)に褒められ、嬉しさが隠せない喜美ちゃんでした✨✨

ーー

缶下駄になかなか乗れない直子は、相変わらず駄々をこねます。

一方、喜美子は引き続き残りの絵を仕上げていました。

ところが、小学校へ行く時間が迫り、マツ(富田靖子)に急かされてしまいます。

ーー

洗濯をするマツ(富田靖子)に、缶下駄にうまく乗れて喜ぶ直子。

マツ(富田靖子)も褒めてくれました✨

家の中に戻ると、まだ喜美子の下駄がありました💦

驚くマツ。部屋を開けると黙々と絵を仕上げる喜美子がまだ居ました…

学校には行っていませんでした。

真剣に絵を描いてる喜美子は、マツが来たことに気づきません。

その姿を見たマツは微笑みを浮かべ扉を閉めました。

集中する我が子の姿に、そっとしておこうと思ったようです。

ーー

大野雑貨店にて。

大野忠信(マギー)と酒を交わし、泥酔していた常治(北村一輝)を喜美子が迎えにきていました。

酔っ払った常治を、子どもながらに抱き抱えようとする喜美子。

陽子(財前直見)『喜美ちゃん、今日、学校行かへんかったんやって?』

何かあったのかと心配して尋ねた陽子でしたが、常治に聞かれてしまい『ハッ!』となる陽子。

酔っ払っている常治は『学校行かんかったぁ?あぁぁ??』と怒鳴ります。。

喜美子『明日は行くで…』

常治『どうでもええわ。オナゴに学問は必要ない。勉強なんかでけへんかってもかまへん。家の家訓や✨』

そのまま、大野雑貨店の床に寝てしまう常治。。

ーー

川原宅にて。

部屋で古い写真を見つめていた草間(佐藤隆太)。

写真には、草間と奥さんと思われる女性が一緒に座っていました。

切ない目で写真を見つめる草間。

ーー

学校にて。

理科の授業が行われていました。

照子が教科書を読み上げている中、喜美子は教科書で隠し「たぬき(信楽焼)」の絵を描いていました。

案の定、先生に見つかってしまったものの、没頭しすぎて先生の呼びかけに気づかない喜美子。

教科書も広げずに!そんなんじゃ、いつまで経っても読み書き出来ないですよ!

先生に指導されてしまいますが、ここで喜美子は川原家の家訓を唱えます。

・お父ちゃんに必要ない言われてます。
・オナゴに学問は必要ない。
・勉強出来んくても構へん。
・川原家の家訓です。

驚く、先生と生徒たち(ザワザワ)

ーー

『あのアホンダラぁぁーーーー』

何やら常治が怒り狂い信楽の街を走っていました💦

ーー

川原宅にて。

喜美子が没頭して絵が完成したようで、紙芝居と言う名のお披露目会がスタートしました✨

観客は、草間・直子・百合子・マツです。

ちなみに、子どもは無料・大人は後で集金しますシステム。

1枚目は、信楽焼のタヌキ+ホンモノ狸の絵。

2枚目は、直子の絵。


3枚目は、琵琶湖の絵。

 

喜美子の絵の巧さに、草間もマツもすんごく褒めてくれました✨

特に琵琶湖のコントラストを表現する際、色使いに苦労したようで草間に説明する喜美子。

そんな時、『喜美子ーー!』と叫びながら、物凄い剣幕で常治が家に戻ってきました💦

喜美子が学校で先生に伝えた川原家の家訓が、

・オナゴに学問は必要ない。
・勉強出来んくても構へん。
・川原家の家訓です。

照子を通して父親である丸熊陶業の社長に伝わり、その様子をたまたま常治が聴いていたのでした。

・ちゃんと勉強せぇ!

・読み書きぐらいはちゃんと出来るようになれ!

・何の取り柄もないのに、勉強くらい出来んでどないすんねん。恥ずかしいわ!

喜美子に怒鳴る常治。

酔っ払っていたせいか、あの日、大野雑貨店で言った『川原家の家訓』は全く覚えていなかったようです。。

(個人的に悔しい場面でした💧言うたん、お前やん。。)

そこに、草間がフォローを入れます。

取り柄がないなんて失礼だ。喜美子が描いた絵(琵琶湖)がどんなに素晴らしい仕上がりかを訴える草間。

しかし、常治は腑に落ちません。

常治は、

・こんなんタダの落書きや。
・何の腹の銭にもならへん。

まるで、喜美子が慶乃川に言った言葉をそっくりそのまま言われてるような状況でした。

そして、照子が勉強を教えてくれるので今すぐ丸熊陶業に行け!という常治。

『今から!?』と驚くマツでしたが、常治が今すぐ行かせます!と頭を下げたとのこと。

落ち込む喜美子。

常治『そんな、しょーもないもん描いとらんで早よ言ってこい!』

うつむく喜美子は、絵を地面に投げつけます。

そして、照子の家へ行きました。

ーー

言われたとおり勉強を教わりに行くと、信作も呼ばれていました。

どうやら、照子と信作で厳しく勉強を教えるとのこと。

早速、理科の教科書を読み上げることになりました。

しかし、漢字が読めません。。

教科書の内容は『じゃがいもとさつまいも』の育て方だったようで、喜美子もイメージしやすかったのか、3人の勉強は捗った?ようでした💦

ーー

川原宅にて。

自宅に戻った喜美子は、勉強で習った『大根・さつまいも・じゃがいも』を育てようと、マツに話していました。

そこで急に「草間」が出ていったことをマツから知らされます。

驚きを隠せない喜美子。

喜美子の紙芝居の代金と草間が喜美子に手紙を書いていたようです。

マツ『書いてくれたけど、読めへんよな。。』

喜美子『読める!』

そういって、家の外に飛び出していった喜美子。

草間からの手紙を読む喜美子、案の定、漢字は読めませんでした。

涙が止まらない喜美子でした…

終わり


朝ドラ『スカーレット』5話 感想

つづいて、スカーレット『第5話』皆さんの感想をまとめてみました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝ドラ『スカーレット』6話あらすじ【第1週】

さいごに、第1週・第6話のあらすじです。

昭和22年9歳の川原喜美子(川島夕空)は居候・草間(佐藤隆太)との突然の別れを乗り越え、滋賀・信楽に来て初めての冬を迎える。

喜美子は小学校で友達もできて、相談を受けるなど頼られる存在に。

家でも家事を任され、毎晩お風呂を沸かす作業は手慣れたもの。

父・常治(北村一輝)の仕事も順調で川原家は平和で穏やか。

ところがある日、常治が留守の間に招かれざる客がやってくる。

残された喜美子たち家族は客の要求に悩まされることに!

朝ドラ『スカーレット』6話|感想とネタバレ【照子と喜美子のキス】朝ドラ『スカーレット』6話(第1週)。ネタバレ・感想・次回のあらすじ。2019年10月5日放送。...

 

以上、長い記事を最後までお読みいただき有難うございました!

朝ドラ【スカーレット】関連記事

朝ドラ『スカーレット』キャスト(出演者)・モデルまとめ

『スカーレット』あらすじ・出演者【戸田恵梨香・林遣都・大島優子】NHK朝ドラ『スカーレット』あらすじ・キャスト(出演者)・制作スタッフを徹底紹介!ヒロインは、戸田恵梨香さん。...

朝ドラ『スカーレット』子役一覧

朝ドラ『スカーレット』子役(喜美子)は【川島夕空(ゆあ)スイちゃん】朝ドラ『スカーレット』喜美子・幼少期の子役は誰?川島夕空(かわしま・ゆあ)さんのプロフィール・経歴を紹介。...
朝ドラ『スカーレット』直子・子役2代目は【安原琉那(るな)】朝ドラ『スカーレット』川原直子・幼少期と少女期の子役は誰?安原琉那(るな)・やくわなつみさんのプロフィール・経歴を紹介。...
朝ドラ『スカーレット』子役(照子)は【横溝菜帆(ぎぼむす)】朝ドラ『スカーレット』熊谷照子・幼少期の子役は誰?横溝菜帆(よこみぞ・なほ)さんのプロフィール・経歴を紹介。...

朝ドラ『スカーレット』相手役

朝ドラ『スカーレット』相手役・八郎(はちろう)は【松下洸平】朝ドラ『スカーレット』ヒロインの相手役・十代田八郎(そよだ・はちろう)役は誰?松下洸平さんのプロフィール・経歴を紹介。...
error: Content is protected !!