ドラマ

    『スカーレット』13話|ネタバレ感想【喜美子の新生活】10/14





    今週「第3週」のタイトルは、

    ビバ!大阪新生活

    です✨

    今回は、朝ドラ『スカーレット』第3週・第13話

    ・13話ネタバレ
    ・13話の感想
    ・次回のあらすじ

    についてまとめてみました。

    人気記事『スカーレット』各話のネタバレ・感想はコチラ

     

    朝ドラ『スカーレット』13話 ネタバレ

    6年ぶりに、故郷・大阪へ到着した喜美子。

    約束の場所で待つ喜美子でしたが、いつまで経っても『荒木商事』の荒木サダ社長(羽野晶紀)は来ません💦

    荒木商事に、警察官が来ました。

    どうやら喜美子が警察にお願いし、荒木商事まで連れてきてもらったようです💦

    喜美子の迎えをすっかり忘れてしまっていた、サダ(羽野晶紀)。

    下着ショーのことで頭がいっぱいだったサダは、喜美子に迎えを忘れたことを謝ります。

    和装から洋装へと移り変わっていた時代。

    荒木商事はその昔、乳バンドと呼ばれていたものにパットを入れ、ブラジャーをデザイン→販売する会社でした。

    ディオールの下着に感化された荒木商事の女性社員たち。

    ファッションが洋服へと移り変わる時代に合わせ、下着も変わる必要がある。

    美しく着こなすための下着デザインを開発していました。

    下着デザインのデッサンやコルセットを見せられ、可愛らしさに驚く喜美子。

    お茶がはじまりました。

    そして、自己紹介も。

    ・二ノ宮京子
    → 荒木社長(羽野晶紀)の右腕

    ・千賀子さん
    → 縫製担当(下着モデルも)

    ・麻子さん
    → 縫製(兼 下着モデル)担当。学生さんで、洋裁の学校へ通っている。

    社長もデザイナーも縫製担当も在籍している、荒木商事。

    『喜美子には何をさせるのか?』という議論になり。。

    サダ(羽野晶紀)が何かを言いかけたとき、、、

    喜美子『分かりました!下着のモデルですね!!』

    自分は下着モデルなんだと解釈した喜美子は、興奮しながら『やります!』と言いますが、、

    サダ『あなたの仕事はここやないのよ~』

    サダ『お父ちゃんから何て聞いてるか分からんけど…』

    サダは、常治のいとこと思いきや、マツの遠~い親戚でした。

    マツとは顔を合わせたこともないという、サダ💦

    しかし、常治が何度も頭を下げ、土下座(人生で○回目)までして喜美子を雇ってもらうようサダに頼んでいたようです。

    常治の勢いに恐縮しながらも、しゃあないということで、

    ・職場:
    荒木荘(サダも在住)

    ・仕事内容:
    → 炊事・洗濯・掃除をする下働き(女中)

    として働くことに。

    てっきり、荒木商事の方で働けると思っていた喜美子でした。

    ーー

    荒木荘にて。

    なかなか閉まらない窓に苦戦する、荒木荘・女中のスペシャリスト『大久保のぶ子』さん(三林京子)。

    そこに、医学生の『酒田圭佑(溝端淳平)』が学校から帰宅しました。

    そして、サダと一緒に喜美子も荒木草へ到着。

    (荒木荘は、親が残してくれた一軒家を改装した賃貸。)

    喜美子の部屋を案内され、部屋を開けると、閉まりが悪い窓に苦戦する酒田(溝端淳平)が居ました。

    喜美子『ここにお住まいですか?』

    酒田(溝端淳平)『住んで、ちょうど1年になるかな。』

    酒田『あの~』

    喜美子『それでは!よろしくおねがいします!川原喜美子と申します!』

    喜美子『ご迷惑をお掛けしないように、この辺りまで使わせてもろて、そっち行かんように厳重に注意します!』

    急に、部屋の中で自分が使うエリアを決め始めた喜美子。

    どうやら、酒田と同じ部屋に住むのだと勘違いしている喜美子。

    酒田『何言うてんの?(キョトーン)』

    喜美子『もっとこっち…そしたら無いやん、ウチの場所。。どないしよ💦』

    自分のエリアはもっと狭くとる必要があるんやと、さらに勘違いする喜美子💦

    酒田『可愛らしいな~』

    酒田が住んでいる部屋は2階。

    酒田『僕とここで一緒に暮らそう思たん?可愛らしいな~』

    自分だけの部屋なんだと気づき、すんごく恥ずかしい喜美子。。

     

    サダが喜美子のもとへやってきました。

    大久保さんと初対面の喜美子。

    大久保さん『ちょっといつの間にこんな子!どういう関係や!』

    喜美子が酒田(溝端淳平)の彼女と勘違いした、大久保さん。

    信楽から来ると言っていた子や~と説明するサダ。

    改めて自己紹介と、女中として働くことを伝える喜美子。

    大久保さんは、元・サダの家で女中さんをされていて、今は荒木荘の手伝いに来ていました。

    女中のことは、大久保さんから習うことになりました。

    本格的なスタートは、明日から。

    そして、荒木荘は「まかない」付きということを知らされます。

     

    息が詰まる喜美子。

    その様子に心配する酒田。。

    喜美子『これウチの布団?』
    酒田『うん。何?今さら…』

    ・まかないつき

    ・自分専用のフカフカ布団

    ・信楽にはなかった自分だけの部屋。

    初めての体験に、とっても大喜びの喜美子でした✨✨

    しかし💦その喜ぶあまり、大声が荒木荘の厨房にまで響き渡っていました。。

    大久保さん『あんな子どもあきまへんわ!任せられまへん!』

    サダ『えぇ~💦』

    大久保さん『信楽に返しまひょ!』

    一方、ハイテンションが止まらない喜美子。

    柔道の受け手をすると、部屋の襖を蹴り飛ばしてしまいます💦

    隣の部屋で寝ていた住人に襖が倒れてしまいました。

    寝ていた住人は、新聞記者の『庵堂ちや子(水野美紀)』でした。

    終わり

    『スカーレット』13話の感想。

    つづいて、スカーレット「13話」の感想です。

    朝ドラ『スカーレット』14話あらすじ【第3週】

    さいごに、第3週『ビバ!大阪新生活』第14話のあらすじです。

    喜美子(戸田恵梨香)の仕事は下宿屋での住み込み女中。

    医学生の圭介(溝端淳平)始め住人たちとの挨拶もそこそこに、隣室のふすまを蹴り倒す失態を犯す。

    慌てる喜美子を元女中の大久保(三林京子)が冷ややかに見つめ「あんたにはムリや」と言い放つ。

    喜美子が食い下がるも大久保は受け入れない。オーナー・さだ(羽野晶紀)も交えた協議の末、喜美子は翌日、信楽に帰ることに。

    落ち込む喜美子が荷物を広げると思わぬものが出て…

    『スカーレット』14話|感想ネタバレ【マツから感動の手紙】10/15朝ドラ『スカーレット』14話(第3週)。ネタバレ・感想・次回のあらすじ。2019年10月15日放送。...

    以上、最後までお読みいただき有難うございました!

     

    『スカーレット』大阪編キャスト(出演者)・あらすじまとめ

    『スカーレット』あらすじ・出演者【戸田恵梨香・林遣都・大島優子】NHK朝ドラ『スカーレット』あらすじ・キャスト(出演者)・制作スタッフを徹底紹介!ヒロインは、戸田恵梨香さん。...

    朝ドラ【スカーレット】関連記事

    朝ドラ『スカーレット』子役一覧

    https://lyfe8.com/scarlet-natsumi/

    https://lyfe8.com/scarlet-kurumi/

    朝ドラ『スカーレット』相手役

    https://lyfe8.com/scarlet-8low/

    error: Content is protected !!