ドラマ

『スカーレット』22話 ネタバレ感想【大久保さんはお見通し】10/24



今週「第4週」のタイトルは、

一人前になるまでは

です✨

今回は、朝ドラ『スカーレット』第4週・第22話

・22話ネタバレ
・22話の感想
・次回のあらすじ

についてまとめてみました。

朝ドラ『スカーレット』22話 ネタバレ

荒木荘の絨毯にシミが着いていました。

こういうのはこぼした時にすぐ拭かないと、シミになってしまうと大久保さんから指導を受ける喜美子。

重曹をお湯に溶かした液体を布に付け、絨毯のシミにポンッポンッとやるように指示されます。

しかし、何処か浮かない顔の喜美子。

大久保さん『どないしたんや?』

喜美子『いえ💦どうもしません。』

大久保さん『ぼーっとせんと、ちゃっちゃとやんなはらんかいな!』


荒木さ~ん!小包で~す(郵便局員)

喜美子は、

・実家に泥棒が入ったこと。
・お金が盗られたこと。

そして、

・常治が喜美子の給料を前借りしに大阪へ向かったこと。

信作からの電話の内容を思い出し、仕事が手に付かない状況でした。

大久保さんが荷物を受け取ると、玄関先に一人の男性が立っていました。

その男性は常治でした💦

ーーーー

荒木荘に入った常治。

絨毯のシミを取っていた喜美子を見つけ、顔がほころぶ常治。

そして、驚く喜美子💦

言葉を交わさない常治と喜美子でしたが、直子から「前借り」の話しを聞いていたため、常治が何をしに来たかはお互いに分かっています。

どちらが前借りの話しを切り出すのか。という、沈黙のやり取り。

喜美子は「ムリムリ💦」と言わんばかりの表情で、顔を横に振ります。

 

大久保さんには、仕事で来たついでに娘の顔を見にきたと伝えた常治。

お土産に、かぶらを持ってきてくれたようです。

ホンマの理由を知っている喜美子は浮かない表情。

改めて、大久保さんと常治を紹介する喜美子。

喜美子『大久保さん、父が!父が話しがあるそうです!』

大久保さんと対面になるように、無理やり座らされた常治。

常治『あの、、、その、、喜美子の、、ですね、、』

うまく切り出せない常治に大久保さんが口を開きます。

・頑張ってはりまっせ。

・最初はどうなるかと思ったけどな、まぁまぁやってはります。

・若いさかい気ぃ利かないとこもあります。

・言うたら、まだまだ半人前でっけどな☺

大久保さん『えぇ、お嬢ちゃんでんなぁ✨✨』

大久保さんは話しを続けます。

・お給金わずかやなのに、一言も文句言わん。

・辞めさせてくれとも言い出さんと、よう働いて✨✨

夏には奈良の娘のところに引っ越すので、それまでには全ての引き継ぎを終わらせたいという大久保さん。

大久保さん『ついでに言うとく!』

ストッキング補修の追加分を喜美子の部屋に持っていたという、大久保さん。

大久保さんは、ストッキング補修の作業について本当のことを話してくれました。

・こういった女中の仕事は、お給金の昇給があまり期待できない。

・ある程度で頭打ちになる。

・なので、合間見て内職をする。

・弟の学費を半分内職で稼いだこともあった。

喜美子『アレ、、内職やったんですか?』

手先が起用なので、ストッキングの補修をやらせてみたところ「上手いことやりまねん」と、喜美子を褒めて下さる大久保さん。

大久保さん『なんぼやったか覚えてるか?』

喜美子『100あって、そのあと追加で・・・128です!』

大久保さん『そや!ようやった☺』

内職の会社からお代金をもらってきたので、今から渡すという大久保さん✨✨

ホンマは封筒に入れて渡したかったけど、、とお代金を取り出す大久保さん。

やっぱり封筒に入れて渡そか?という大久保さんに、

常治『あ💦イヤイヤっ💦💦』
喜美子『構いません!!』

と身を乗り出す、喜美子と常治。

(喜美子より常治の方が素早い動きでした。。)

大久保さん『ほな、12円や!1足な。』

喜美子『1足ぅ💦』
常治『12円っ💦』

ストッキング 128足 × お代金 12円/1足
= 1,536円 (現在の物価で、約50,000円ほど)

大久保さんは、ストッキングのお代金をテーブルの上に並べ始めました。

ーーーー

荒木荘の玄関口で大久保さんにご挨拶を行い、常治をお見送りする喜美子。

2人とも無言で歩き、荒木荘からある程度離れたところで顔がほころびます✨

喜美子『すごいやん!1足!』

常治『12円!!』

喜美子『128を掛けたら!』

常治『お前、パッと計算したやろ!?』

喜美子『お父ちゃんかて、顔に書いてあるわ!』

荒木荘のお給金より高いことに、テンション上がりまくりの喜美子と常治✨✨

路地裏でいただいたストッキングのお代金を渡す、喜美子。

全部持ってってええよという喜美子に、常治は3分の2ほど?受け取りました。

(前借りの話をすることもなく、無事にお金が入ってよかった。。)

喜美子『よかったな~大久保さんのお陰や、あんな内職。お給金すくないから、考えてくれてたんや。』

常治『えぇ人や』

喜美子『えぇ人やぁ、ウチ泣きそうになったわ。』

喜美子『ほな、ウチ戻るわ。』

帰り際、喜美子の心配をする常治でしたが、逆に常治がしっかりせぇと喜美子に心配されてしまいました。

何か言いたそうな常治でしたが、ここでお互い別れます。

でしたが、喜美子が振り返り『お父ちゃん!』と常治を呼びます。

常治『なんや!?』

喜美子のもとへ笑顔で走って戻る常治。

喜美子は常治に、これからのことを伝えました。

・ウチ、荒木荘で頑張ることにした。

・大久保さんのあとを継いで、荒木荘の何から何までしっかりやれるようになるまで荒木荘を辞めへん。

・自分でそう決めた!

・1年か2年か、信楽には帰らん!盆も正月も帰らん!

・仕送りはちゃんとするさけ☺

・ほんで、お金も貯めたい。

・3年は帰らん!

常治『さっ3年?』

喜美子『先に言うとかへんかったら、寂しいやろ☺』

常治『アホか!一回外出てったら、おらんのと一緒や!お前なんか、盆も正月も帰ってこんでえーねん!もう、帰ってくんな!』

喜美子『うん☺』

常治『しっかりやれよ!しっかり稼げよ!』

喜美子『ほな☺』

走り去っていく喜美子を、寂しそうな目で見ていた常治でした。

ーーーー

荒木荘に戻った喜美子。

喜美子は、かぶらの仕込みをしていた大久保さんと作業を変わりました。

喜美子『ウチ、3年は帰らん言うてきました。1人前になるまで帰りません。』

かぶらの洗い方で大久保さんから指導される喜美子💦

大久保さん『こんなことやったら、3年どころか100年経っても帰られまへんで!』

大久保さん『帰さへんで!てや!』

(当初、信楽に帰れと言っていた大久保さんから、帰さへんで!と言ってもらえてよかったです涙)

喜美子『とやぁぁ~です☺』

かぶらを洗い、包丁で切りはじめました。

つづく


『スカーレット』22話の感想。

つづいて、スカーレット「22話」の感想です。

朝ドラ『スカーレット』23話あらすじ【第4週】

さいごに、第4週『一人前になるまでは』第23話のあらすじです。

昭和30年、荒木荘で働き始めて2年半、喜美子(戸田恵梨香)は18歳に。

女中の仕事を一人で切り盛りする喜美子の悩みは住人の雄太郎(木本武宏)。

すでに半年近くの家賃を滞納して下宿屋の運営に支障をきたし始めている。

喜美子はしばらく姿を見せない雄太郎を捕まえようと待ち構える。

さらに喜美子にはもう一つの悩みが。

毎朝、目の前の道を通るコワモテ男だ。

医学生の圭介(溝端淳平)に相談して見張っていると予想外の女性…

『スカーレット』23話 ネタバレ感想【大久保さん、おらへん】10/25朝ドラ『スカーレット』23話(第4週)。ネタバレ・感想・次回のあらすじ。2019年10月25日放送。...

人気記事『スカーレット』各話のネタバレ・感想はコチラ

以上、最後までお読みいただき有難うございました!

朝ドラ【スカーレット】関連記事

予想外の女性・・・はコチラ↓

『スカーレット』あきこ役は【佐津川愛美】圭介の恋人に朝ドラ・スカーレット「泉田あき子」役は誰?佐津川愛美(さつかわ・あいみ)さんのプロフィール・経歴を紹介。圭介が惚れ恋人になるも、喜美子と三角関係に。。...

『スカーレット』大阪編キャスト(出演者)・あらすじまとめ

『スカーレット』あらすじ・出演者【戸田恵梨香・林遣都・大島優子】NHK朝ドラ『スカーレット』あらすじ・キャスト(出演者)・制作スタッフを徹底紹介!ヒロインは、戸田恵梨香さん。...

朝ドラ『スカーレット』子役一覧

朝ドラ『スカーレット』直子・子役2代目は【安原琉那(るな)】朝ドラ『スカーレット』川原直子・幼少期と少女期の子役は誰?安原琉那(るな)・やくわなつみさんのプロフィール・経歴を紹介。...
『スカーレット』百合子・子役(2代目)は【住田萌乃(もえの)】朝ドラ『スカーレット』三女・川原百合子・幼少期の子役は誰?2代目・住田萌乃(すみだ・もえの)さん、初代・稲垣来泉(いながき・くるみ)さんのプロフィール・経歴を紹介。...

朝ドラ『スカーレット』相手役

朝ドラ『スカーレット』相手役・八郎(はちろう)は【松下洸平】朝ドラ『スカーレット』ヒロインの相手役・十代田八郎(そよだ・はちろう)役は誰?松下洸平さんのプロフィール・経歴を紹介。...
error: Content is protected !!