ドラマ

『スカーレット』23話 ネタバレ感想【大久保さん、おらへん】10/25



今週「第4週」のタイトルは、

一人前になるまでは

です✨

今回は、朝ドラ『スカーレット』第4週・第23話

・23話ネタバレ
・次回のあらすじ
・23話の感想

についてまとめてみました。

朝ドラ『スカーレット』23話 ネタバレ

昭和30年(1955年)、荒木荘での暮らしも2年と半年が過ぎたころ。

喜美子はもうすぐ18歳になろうとしていました。

相変わらず、起床は朝の4時30分。

今では無事に大久保さんのあとを引き継ぎ、喜美子が1人で荒木荘を切り盛りしています。

百合子が描いた3人姉妹の絵を見て、微笑む喜美子✨

喜美子が信楽から持ってきた旅のお供(焼き物の欠片)も、今では『お守り』のような存在に。

喜美子『今日こそは・・・』

お守りの前で拝む喜美子。

ーーーー

サダの左肩と腰に湿布を貼る、喜美子。

そこに圭介がやってきました。

圭介『おはようございますー』

圭介『あ、喜美ちゃんゴメン💦今日早よ終わるから弁当いらんかったわ。』

喜美子『そうですかー』

サダ『そんなん、早よ言うてあげなー』

圭介『もう、頭いっぱいやねん💦カリキュラム増えて覚えなアカンこといっぱいやねん。。』

圭介は、小児内科に進むか、外科に進むか迷っていました。

そして荒木商事は、

大手の下着会社に吸収され、サダは独立し下着デザイナーを育成する仕事をはじめました。

そのため、試作品のブラジャーの仕事も喜美子の仕事になってしまいました💦

幸い、洗濯機を必要経費として認めてもらい、ずいぶん洗濯は楽になりました✨✨

喜美子は2階で下着を干していると、、、

喜美子『来やった!』

今日こそは!今日こそは~!玄関へ走る喜美子。

そこには、忍び足で入ってくる雄太郎さんがいました。

案の定、喜美子に捕まってしまう雄太郎さん。

自分の部屋に逃げ込み、カツラを被って誤魔化しますが、

無理やり喜美子に連れて行かれます。

喜美子の話が始まりました。

・荒木荘の運営は、毎月の皆さんからの下宿代で賄ってます。

・毎月入ってくるお金は同じ。そこから、食費やら光熱費やら管理しないといけない。ウチ(喜美子)のお給金もそこから出てます。

・もう半年も溜まってます!(家賃)。いい加減、下宿代金いただかないと困ります!

雄太郎さん『助けてぇやぁ~』

喜美子『助けてきたやぁんっ!』

喜美子が内職で稼いだお金は、雄太郎さんの下宿代に消えていったそうです。。

(しっかりしてくれ、雄太郎さん。恥ずかしいで!)

ここ最近は、ストッキングの本数やお代金もグッと減ってきて、畑や封筒作りはそんなにお代金もらえない。。

喜美子『雄太郎さん!いい加減にしてもらわんと、こっから出ていってもらうことになりますからね!』

喜美子『日雇いでもいいから、働いてください!お願いします!』

喜美子『はぁ~やっと言えた。。ほなお茶入れますか。』

 

雄太郎さん『映画俳優が日雇いて。。。』

喜美子『映画俳優て、「大阪ここにあり」だけやんけ~』

(雄太郎さんの映画俳優の夢は、2年半経っても大成していなかったようです💦)

ちや子『厳しくせんとなぁ~』

ちや子も来ました。

ちや子『厳しくせんと、あとから大久保さんに怒られるんは喜美ちゃんや~』

雄太郎さん『大久保さん、辞めたやん。』

ちや子『辞めても、時々、孫連れて覗きに来てるやろ~』

荒木荘のお金のやりくりも出来るようになって初めて、喜美子は大久保さんに認めてもらえるなるとのこと。(ちや子 談)

雄太郎さん『じゃあ、僕がおる限り認めてもらえへんなぁ~』

喜美子『雄太郎さぁ~ん💦💦』

喜美子に色んな学校のパンフレットを渡す、ちや子。

喜美子は、お金を貯めて学校に行こうとしていました。

学校は美術関係よりにしようと思っているようですが、まだハッキリとは決まっていないようです。

喜美子『お金もまだ貯まってませんし(雄太郎に向けて)』

ちや子『ん~誰かが下宿代、溜めてるからなぁ~』

その場を去る雄太郎。

入れ替わりで、圭介が帰ってきました。

久々、ちや子を見た圭介は、出勤前のちや子と話します。

ちや子の会社では、今年に入って2人目の退職者が出たようで、売れ行きが悪いと潰れるのでは?と心配する圭介。

そこで、ちや子の新聞社では紙面の大幅変更を求められており、エロい話しも載せようか?という案も上がっているようです💦

ちや子『エロい新聞、買う?』

喜美子『ウチは、エロい新聞は反対です!』

ちや子『男性の意見も聞きたいねん!どうエロ?』

圭介『エロて、その💦どういうんがエロいて言うんか💦💦』

ちや子『弱小新聞社の生き残りが掛かってんねん。ほな、また意見聞かせて!』

ちや子は出勤していきました。

 

圭介に「おはぎ」を出す喜美子。

喜美子『甘いもん、好きですね~』

圭介『うん!いや、喜美ちゃんのおはぎが好っきゃねん✨』

美味しい!おはぎを頬張る圭介。

圭介『あ、そういえばどうなった?犬連れたコワモテのおやじ。』

どうやら、荒木荘の前に「犬のフン」をいっつもそのままにしていく飼い主がいるようで、荒木荘の前を通るのは夕方とのこと。

最近、近くに引っ越してきたご近所さんで、犬の名前はゴン(犬種:チャウチャウ)。

なかなか言いづらい喜美子に代わり、

・犬のフンは持ち帰ってください!
・迷惑です!クサイです!

圭介が飼い主に注意することになりました。

喜美子『そやけど、何で荒木荘の前でやるんやろうかぁ~』

圭介『ほんまやな~可愛い妹に毎日犬のフンの片付けをさせるなんて、許せへん!』

その時!ゴンがやって来ました!!

しかし、ゴンを連れた飼い主は若い女性でした💦

圭介と目が合い、会釈する若い女性。。

圭介は目が♥になっています💦

通り過ぎた女性をボンヤリ見つめる圭介。

状況が掴めない喜美子💦

これが、恋物語の始まりだったのです。。

『スカーレット』あきこ役は【佐津川愛美】圭介の恋人に朝ドラ・スカーレット「泉田あき子」役は誰?佐津川愛美(さつかわ・あいみ)さんのプロフィール・経歴を紹介。圭介が惚れ恋人になるも、喜美子と三角関係に。。...

 

つづく


朝ドラ『スカーレット』24話あらすじ【第4週】

さいごに、第4週『一人前になるまでは』第24話のあらすじです。

18歳になった喜美子(戸田恵梨香)の元に、信楽の友人・照子(大島優子)から度々手紙が届く。

内容は恋愛にまつわるものばかり。

喜美子は幼い頃、照子としたファーストキスを思い出す。

荒木荘でも医学生の圭介(溝端淳平)に恋の予感。

喜美子は食欲のない圭介を心配して声をかけると「胸がうずくねん」と言われ、意中の相手は先日、道ですれ違った名も知らぬ女性だと打ち明けられる。

喜美子は圭介の恋に協力を申し出るが、実は…

『スカーレット』24話 ネタバレ感想【いけないこと・・・】10/26朝ドラ『スカーレット』24話(第4週)。ネタバレ・感想・次回のあらすじ。2019年10月26日放送。...

人気記事『スカーレット』各話のネタバレ・感想はコチラ

朝ドラ【スカーレット】関連記事

『スカーレット』大阪編キャスト(出演者)・あらすじまとめ

『スカーレット』あらすじ・出演者【戸田恵梨香・林遣都・大島優子】NHK朝ドラ『スカーレット』あらすじ・キャスト(出演者)・制作スタッフを徹底紹介!ヒロインは、戸田恵梨香さん。...

朝ドラ『スカーレット』子役一覧

朝ドラ『スカーレット』直子・子役2代目は【安原琉那(るな)】朝ドラ『スカーレット』川原直子・幼少期と少女期の子役は誰?安原琉那(るな)・やくわなつみさんのプロフィール・経歴を紹介。...
『スカーレット』百合子・子役(2代目)は【住田萌乃(もえの)】朝ドラ『スカーレット』三女・川原百合子・幼少期の子役は誰?2代目・住田萌乃(すみだ・もえの)さん、初代・稲垣来泉(いながき・くるみ)さんのプロフィール・経歴を紹介。...

朝ドラ『スカーレット』相手役

朝ドラ『スカーレット』相手役・八郎(はちろう)は【松下洸平】朝ドラ『スカーレット』ヒロインの相手役・十代田八郎(そよだ・はちろう)役は誰?松下洸平さんのプロフィール・経歴を紹介。...

 

『スカーレット』23話の感想。

最後に、スカーレット「23話」の感想です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#スカーレット #第4週(追記 #22話#23話 質問されたので。 #23話 で #喜美子 が #雄太郎さん と話している時、 思わず笑ってしまうのは演技です。 台本に(吹きだしそうになりながら) (笑いを堪えて)(必死に堪えて) とセリフの途中で書いてあります。 素で笑ってるようにして欲しかったか ら。 #戸田恵梨香 さん さすがです。 #22話 喜美子に呼びとめられ、 子犬のように嬉しそうに 小走りで戻ってくる。 これは書いたっけ? 書いてない。 「お父ちゃん」 「なんや」 この行間を埋めてくれた。 #北村一輝 さん #佐藤譲 演出 愛すべきキャラを さらに愛しく 演じてくださる。 ありがとうございます。 #スカーレットチーム

fumiemizuhashi(@fumizu_0115)がシェアした投稿 –

以上、最後までお読みいただき有難うございました!

error: Content is protected !!