ドラマ

『スカーレット』28話 ネタバレ感想【可愛い大久保さん】10/31



今週「第5週」のタイトルは、

ときめきは甘く苦く

です✨

今回は、朝ドラ『スカーレット』第5週・第28話

・28話ネタバレ
・次回のあらすじ
・28話の感想

についてまとめてみました。

朝ドラ『スカーレット』28話 ネタバレ

圭介が荒木荘を出て行く日が来ました。

見送るのは、サダと雄太郎。

サダ『電車ですぐやし、いつでもおいで☺』

圭介『はい☺雄太郎さん、時代劇、出られるかどうか分かったら教えてくださいね。』

雄太郎『知りたかったら、聞きに来い!』

雄太郎『ちや子が、二度と敷居またがせん言うとったわ☺』

圭介『きついな~💦ちや子さんにもよろしくお伝えください。』

そこに喜美子もやってきました。

迷ったようですが、、おはぎを作った喜美子。

圭介『嬉しいけど、もう手がいっぱいや☺ごめんな。喜美ちゃん、よかったら食べて☺』

喜美子『はい!うちが頂いておきます☺』

みんなと最後の挨拶をする圭介。

圭介『喜美ちゃん、さいなら☺』

喜美子『さいなら☺』

圭介は、荒木荘をあとにしました。

去ってゆく圭介の後ろ姿を見つめる、喜美子でした。

ーーーー

荒木荘の厨房にて。

食事の仕込みをしていた喜美子。

テーブルには、圭介がもらわなかった「おはぎ」が置いてありました。

おはぎを見て、『喜美ちゃんのおはぎが好っきやねん☺やっぱ美味いわぁ~✨✨』と言っていた圭介を思い出します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

朝ドラ「スカーレット」(@scarlet_nhk)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

朝ドラ「スカーレット」(@scarlet_nhk)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

朝ドラ「スカーレット」(@scarlet_nhk)がシェアした投稿

おはぎを口にする、喜美子。

圭介との出会いから、じゃれあった日々、最後の別れまでを思い出してしまいます。

気づけば、喜美子は泣きながら「おはぎ」を食べていました。

恋なんて、二度とするもんかと、固く心に誓った喜美子です。

恋物語はこうして、終わりをつげました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

朝ドラ「スカーレット」(@scarlet_nhk)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

朝ドラ「スカーレット」(@scarlet_nhk)がシェアした投稿

ーーーー

時は流れ、年末が近くなった頃。

荒木荘には、大久保さんが居ました💦

何やら黒豆のようなものを試食する、大久保さん。

そこにはサダも居ました。

喜美子がつけている、荒木荘の帳簿を大久保さんに見せるサダ。

サダ『やりくりも上手いこと、やってんでぇ✨』

サダ『お豆さんもよう炊けてる✨』

大久保さん『お豆さんはな!火🔥の加減すんの初めから上手やった。』

サダ『ほな、認めてあげたら~✨』

厨房に行く、大久保さん。

サダ『喜美ちゃんももう、3年目やぁ~』

サダ『よう出来るようになりましぁ!言うて、一人前の判子押してあげたら~?』

大久保さん『そんな判子押したら、荒木荘、卒業してしまいますがな。』

大久保さん『寂しおまっしゃやないか。』

サダ『そんなこと言われても~』

一人前と言ってあげたいけど、寂しいわ~という表情をする大久保さんでした。

ーーーー

喜美子が、学校のパンフレットを持って荒木荘に帰ってきました。

何やら、嬉しいことがあったようすの喜美子。

厨房では、お出汁の味を確認する大久保さん。

食堂では、皮むきをしているサダ。


喜美子『ただいま戻りましたーーーー!!』

サダ『お帰りぃーーー!』

喜美子『大久保さん、いらしてたんですか~』

大久保さん『アンタが休み取ったさかい、代わり来たったんやないか。』

喜美子『すみません。。💦』

サダ『学校、どうやったぁ?☺』

喜美子『3つ、見てきたんです☺』

大久保さん『3校と言いなはれ。』

喜美子『はい。』

喜美子『3校!見学させて頂きました☺』

喜美子は見学に行ってきた学校の説明をはじめました。

1つめ。1校目

・中淀の美術研究所(レノア美術研究所)

▼残りの2校

・中卒でもいけて、美術に力を入れている高校が2校。

喜美子としては、中淀の美術研究所が

・通っている人も個性的。

・特別講師も色んな芸術家が・・・

と説明していると、

大久保さん『早よ、着替えてきなはらんかいな!』

大久保さんに叱られてしまいます💦💦

急いで着替えに行く喜美子に、『そこに決めたん?』と聞くサダ。

喜美子はこう言いました。

・週3日の絵画コースがある。
・なので、荒木荘の仕事と両立できる。

サダ『へ?☺、荒木荘やめへんの?』

料理の手が止まる、大久保さん!!

喜美子『辞めたら、食べて行けへん。。両立させてもらうつもりでおります。。駄目、、で・すか?』

サダは大喜びで『大歓迎やぁ~✨✨こっから学校通うん?』

喜美子『はい☺』

サダ『あ~応援する~』と言ってくださいました。

安心した様子の大久保さん✨✨

大久保さん『ほな、帰りまっさ!』

喜美子『もう帰られるんですか?』

大久保さんは、お孫さんの子守があるようです。

大久保さん『しっかり、働き!』

荒木荘を出た大久保さん。

どこか安堵の表情を浮かべ、喜美子がまだ荒木荘を辞めないことに嬉しそうな顔をしつつ帰っていかれました✨✨

ーーーー

食堂には、学校のパンフレットを見るちや子がいました。

ちや子の晩ごはんを用意する喜美子。

喜美子『ちや子さんが言ってた通り、そこが一番活気があって意欲的な学校でした✨』

ちや子『今年からジョージ富士川を特別講師で呼ぶぐらいやからな!』

喜美子『ジョージ富士川??そんな人ですぅ?』

そういえば、ジョージ富士川のサイン会があるので行っとき!と、メディア向けに日程が書かれた紙をちや子が渡してくれました。

ジョージ富士川がサイン会をやるのは非常に珍しいそうで、行って顔拝んどき!と言う、ちや子。

日本を代表する芸術家で、自由は不自由やで~言う人なんだとか。

喜美子『ウチの父もジョージ言います。いっぱい賞もろてはりますね~。同じジョージでもえらい違いやわ。。』

ちや子『学校のお金は大丈夫?』

喜美子『なんとか。。』

以前、サダに習っていた着付けの仕事を『バチバチ頂いてるんで☺』という喜美子。

ちや子『準備万端やな?』

喜美子『問題はジョージ』

ちや子『ジョージ富士川?』

喜美子『ウチの常治・・・。』

ちや子『お父さんな。』

喜美子『絵描くなんて、何の腹の足しにもならん言われんに決まってます。』

ちや子『内職で貯めた自分のお金で行くんやから!行きたいんやろ?』

喜美子『一番、興味のあることなんで、先のことは分からへんけど勉強してみたい。』


ただいまーーーー!!

雄太郎さんが、ギターを持って帰ってきました💦

さえずりのマスターにもらったようです。。

ちや子『もぉ、歌える喫茶さえずりに骨うずめ~!』

雄太郎『うずめるかいな💦』

ちや子『大阪五人衆の代役も落ちたんやろう?』

ギターの弾き語りをはじめる雄太郎さん。

落ちたって、構へ~ん~。
売れへんくても、構へ~ん~

作詞・作曲 田中雄太郎

ちや子『こういう人もおるから☺』

ちや子『先のことは分からんでも、やりたいことあったらやったらええねん✨』

やったら~ええよ~
ほな、おやすみぃい~

作詞・作曲 田中雄太郎

ーーーー

数日後、ちや子の上司『ヒラさん(辻本茂雄)』さんが荒木荘にやってきました。

笑顔で出迎える喜美子。

喜美子『こんにちわ~ご無沙汰してます~☺』

空いてる部屋をキレイにしておいたとのこと。

しかし、ヒラさんではなく知り合いのお嬢さんが住むそうで、春から大学に行くので下宿先を探していたそうです。

ちや子も来て、ヒラさんに施設の案内をはじめました。

2階の物干しで会話をはじめる、平さんとちや子。

ちや子『平さん、ホンマに下宿部屋見に来ただけ~?』

ヒラさん『なんでや?』

ちや子『いや、知り合いのお嬢さんのためにわざわざ出向くやなんて💦今、大変な時期やのに』

ヒラさん『そらぁ、大変は大変やけどな。』

ヒラさん『こんなとこで言うことやないけど、うちの社、赤字続きは変わらんからな。』

ヒラさん『お前も身の振り方、考えといたほうがええぞ。』

そう言われ、ちや子は、

・何言うてますの!

・ウチは新聞記者道をヒラさんに教わりました。

・ヒラさんに認めてもらえたお蔭で、今のウチがあるんです!

・ウチはヒラさんについていきます。

・辞めません!

神妙な面持ちで、ヒラさんは『そうか。』と応えました。

ーーーー

ジョージ富士川、サイン会の日。

ちや子に進められた喜美子は、思い切ってサイン会にやってきました✨

会場へ入ると、そこにはジョージ富士川が制作した大きなオブジェが。


作品のタイトルは『半分だけ神』。。

喜美子は、今イチ作品の凄さが分かりません。

オブジェを眺めていた外国人と一緒に、同じ視点で作品を見る喜美子。

そうこうしているうちに、サイン会が始まりました。

階段を下りてくるジョージ富士川(西川貴教)。

ジョージ富士川『ボンジュール、ボンジュール!ジョージ富士川が来たで~✨』

登場にざわつく、女性ファンの皆さま。

喜美子は、ジョージ富士川のコテコテの大阪弁に驚いていました💦

そしてこのあと、さらに驚くことが待ち受けていたのです。。

 

つづく


朝ドラ『スカーレット』29話あらすじ【第5週】

さいごに、第5週『ときめきは甘く苦く』第29話のあらすじです。

喜美子(戸田恵梨香)は世界的な芸術家・ジョージ富士川(西川貴教)のサイン会を訪れる。

来年から美術学校で学ぶ夢を伝えると、激励されて感激。

さらに名前を呼ばれて振り向くと、かつて信楽の実家に居候していた草間(佐藤隆太)の姿。

喜美子は草間との再会を喜び、互いの近況報告をする。

草間からは終戦後、生き別れた妻の所在がわかったと明かされるも思わぬ事実が判明。

一方、新聞記者のちや子(水野美紀)の職場では事件が…

【スカーレット】29話 ネタバレ感想【草間さんの夢】11/1朝ドラ『スカーレット』29話(第5週)。ネタバレ・感想・次回のあらすじ。2019年11月1日放送。...

 

草間さんの奥さん(妻)「草間里子(さとこ)」役は行平あい佳さん

『スカーレット』草間さん妻役(奥さん)は【行平あい佳】スカーレット「草間里子(さとこ)」役は誰?行平あい佳(ゆきひら・あいか)さんのプロフィール・経歴。草間宗一郎の奥さん(妻)。...

朝ドラ【スカーレット】関連記事

『スカーレット』大阪編キャスト(出演者)・あらすじまとめ

『スカーレット』あらすじ・出演者【戸田恵梨香・林遣都・大島優子】NHK朝ドラ『スカーレット』あらすじ・キャスト(出演者)・制作スタッフを徹底紹介!ヒロインは、戸田恵梨香さん。...

朝ドラ『スカーレット』相手役

朝ドラ『スカーレット』相手役・八郎(はちろう)は【松下洸平】朝ドラ『スカーレット』ヒロインの相手役・十代田八郎(そよだ・はちろう)役は誰?松下洸平さんのプロフィール・経歴を紹介。...

 

『スカーレット』28話の感想。

つづいて、スカーレット「28話」の感想です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、最後までお読みいただき有難うございました!

error: Content is protected !!