ドラマ

知らなくていいコト|動画見逃し「全話」無料で見る【2週間→見放題あり】



2020年1月からスタートした、ドラマ「知らなくていいコト」もいよいよ終盤を迎えました!

コチラのページでは、以下の皆さんを対象にしています。

✅ 1話から全話見たい
✅ 見逃した放送回だけ見たい
✅ TVerで配信終了して見れない

こういった方向けに、知らなくていいコト

  • 1話~全話視聴する方法
  • 1話~最終回までのあらすじ

について解説しています。

知らなくていいコト 動画見逃し「全話」無料で見る【2週間→見放題あり】

知らなくていいコト「1話~最終回」までの見逃し動画は、日本テレビの公式配信サイト「Hulu」で配信されています。

すでにTVerで配信が終了した放送回や1話〜全話ご覧になりたい場合は、Huluがオススメです。

Huluおすすめポイントは3つ

Huluオススメポイント3つ

①:月額1,026円(税込)で見放題。

②:初回登録で2週間の無料体験あり。
※無料体験終了後→月額1,026(税込)発生

③:TVerのように動画の途中で広告が流れない。

上記のとおりです。

なお、知らなくていいコト「最終回(10話)」の放送日は以下です。

\ 2020年3月11日(水) /

無料体験は「加入日から2週間」なので、今からですと知らなくていいコト「1話〜最終回」まで、全話無料で見放題できます。

» 知らなくていいコト「1話〜最終回」まで全話見る【2週間の無料あり】

 

Huluは最新作ドラマも見放題

現在放送中の最新作ドラマも、追加料金なしで1話〜無料で見放題できます。

✅ DASADA

✅ この男は人生最大の過ちです

✅ やめるときも、すこやかなるときも

トップナイフ-天才脳外科医の条件-

✅ ランチ合コン探偵 ~恋とグルメと謎解きと~

✅ シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

※2020年3月現在の配信状況です。

初回2週間の無料体験を利用して、知らなくていいコト「全話」に最新ドラマまで、全話見放題でお楽しみいただけます。

詳細は以下よりご確認ください。

知らなくていいコト
「全話」無料で見る
【2週間→0円】

本ページの情報は2020年3月時点のものです。
最新の配信状況はサイトにてご確認ください。

 

Huluの解約方法【2分でデキる動画解説】

Huluでは、解約も2分ほどで簡単にできます。

解約は簡単にできるのかな?と不安な方は、登録前にご覧ください。

  • スマホから解約する。
  • パソコンから解約する。

上記2つのデバイス別に動画で解説します。

スマホから解約する。

パソコンから解約する。

上記のとおり、解約も1分ほどで簡単にできるようになっています。

Huluはドラマ以外も充実

Huluでは、ドラマ以外のコンテンツも充実しています。

  • アニメ
  • 映画(洋画)
  • 映画(邦画)
  • 国内ドラマ
  • 海外ドラマ
  • 韓国ドラマ(アジア)
  • リアルタイム配信

Huluのご入会は、以下↓のボタンから公式ページをご確認ください。

知らなくていいコト
「全話」無料で見る
【2週間→0円】

本ページの情報は2020年3月時点のものです。
最新の配信状況はサイトにてご確認ください。

 

知らなくていいコト「全話」あらすじ

「知らなくていいコト」各話のあらすじは、以下をご覧ください。

1話あらすじ


真壁ケイト(吉高由里子)は週刊誌「週刊イースト」の記者。

母の杏南(秋吉久美子)と二人暮らしで、杏南は翻訳家として未婚のままケイトを育て上げた。そんな中、杏南が倒れたという連絡が入る。

さらに、杏南は病院で「あなたの父親はキアヌ・リーヴス」と言いそのまま亡くなってしまった。 葬儀には元カレで動物カメラマンの尾高(柄本佑)、今の恋人で後輩の春樹(重岡大毅)も駆けつけた。

家に戻り、春樹にキアヌ・リーヴスの話をしたケイト。遺品を整理していると杏南とキアヌ・リーヴスの写真を見つける。

これは、ケイトが生まれる1年前の写真だった。

数日後ケイトは仕事復帰し、詐欺ネタを編集長の岩谷(佐々木蔵之介)に直談判した。

70歳の女性がネット上の架空の人物「チャールズ」に恋をして、お金を貢いでいるというもの内容だった。

そこでケイトは、その女性・笑子(倍賞美津子)がお茶の先生をしているということで生徒のフリをして取材を開始。

お茶の最中、笑子の携帯は鳴りっぱなしで取材は難航する。

2話あらすじ


父親が無差別殺人犯かもしれないとわかったケイト(吉高由里子)。その上、春樹(重岡大毅)にもフラれてしまい、すっかり落ち込んでいた。

出勤前に春樹を待ち伏せして別れないよう説得するも、春樹の決意は固いままだった。 そんな中、ケイトに「DNA婚活」のスクープが入る。

それは唾液を結婚相談所に提出することで、遺伝子の相性から結婚相手を選んでくれるというもの。ケイトが取材すると、10組中9組がカップルになっていた…。

しかしケイトは、唯一カップルになれなかった男性参加者・山際(えなりかずき)を気にかけ後をつけると、結婚相談所の事務員・笹野(市川由衣)と会っていた。

ケイトは遺伝子学の教授から「遺伝子の意志が命の意志」という話を聞き、自分の中には殺人犯の遺伝子が息づいているのでは?と不安になる。

春樹から恐ろしい者を見るような目で見られ、尾高(柄本佑)に相談するケイト。 尾高はケイトが殺人犯の子供と聞いても全く驚かない。

疑問に思ったケイトが問い詰めると、ケイトの父親は乃十阿(小林薫)だと杏南(秋吉久美子)から聞かされていたのだった…。

3話あらすじ


ケイト(吉高由里子)は8年前のことを思い出していた。

尾高(柄本佑)と一緒に張り込みをしていたこと、仕事終わりにキスを交わし交際に発展したこと――。ケイトは尾高と別れたことを後悔しながら眠りについた。

週刊イーストでは年末年始合併号の準備が進み、ケイトは国民的人気ダンサーである「タツミーヌ」こと河原巽(大貫勇輔)の才能に迫る記事を書くことに。

そんな中、巽が10年前に老人に向かって「老害だ!」と暴言を放つ動画が公開され、ネットで炎上する騒ぎに発展。

編集長の岩谷(佐々木蔵之介)は巽の本性を暴く記事を書くようケイトに指示し、ケイトはしぶしぶ取材することに。

ケイトは巽に直撃しようと待ち伏せするも、巻かれて逃げられてしまう。

年末の挨拶で編集部を訪れた尾高は、春樹(重岡大毅)から屋上へ呼び出される。

春樹はケイトと別れたことを報告し、ケイトが殺人犯の子供だと分かって別れたと打ち明ける。すると尾高は「お前最低だな」と軽蔑しただった。

4話あらすじ


お正月休みが終わり、またいつもの日常に戻ったケイト(吉高由里子)に、トンネル崩落事故の速報が入り現場へ取材に向かった。

トンネルに閉じ込められた人は全員無事だと分かり、一安心した。

翌日ケイトは、杏南(秋吉久美子)の出身大学に杏南の著書を寄付。

杏南と同期の大学講師に「乃十阿(小林薫)は教授でしたか?」と聞くも、大学の汚点だから忘れなさいと言われてしまう。

ケイトは帰りのバスで、女子高生が「ジーザス富岡」の話で盛り上がっているのを耳にする。ジーザス(新納慎也)が難関医学部の小論文問題を3年連続で当てたという話に興味を持ち、取材することにした。

ジーザスの予備校の月謝30万円の特Aコースは合格率が100%ということを知り、早速ジーザスへ取材をすることに。

5話あらすじ


ケイト(吉高由里子)は尾高(柄本佑)と、乃十阿(小林薫)が事件を起こした現場であるキャンプ場を訪れた。

ケイトがなぜ自分をここに連れてきたのかと問うと、尾高は「ケイトがここに1人で立っている姿は想像したくないから」と答えた。

翌週、ケイトは元警察署長の沖田(勝野洋)がスパルタ教育の結果、孫を殺害したという事件の傍聴席を勝ち取る。

孫を親代わりに育てたにも関わらず、ゴルフクラブで殴り殺害したという沖田は、すんなりと罪を認めた。

気になったケイトが取材を続けると、スパルタ教育が行われていたのは事実だったが「沖田は孫を可愛がり毎日お弁当を作っていた」という証言を得る。

ケイトはこの事件には裏があると感じ、取材を続行。

その頃、春樹(重岡大毅)は同じ連載班の愛花(関水渚)に告白され付き合うことに。

ケイトは殺害された孫が「バッキン」と呼ばれており、その意味が爆弾キングだと知る。すると編集部の福西(淵野右登)が調べていたサイトに「バッキン」という名前で保育園を爆破予告の書き込みを見つける。

 

日テレドラマ

6話あらすじ


ケイト(吉高由里子)は1人で乃十阿(小林薫)に会いに向かった。

「事件の犯人はあなたですか?」と問うも、突然ホースで水をかけられてしまう。びしょ濡れのケイトの前に、心配して駆けつけた尾高(柄本佑)の姿が。

尾高とケイトは、乃十阿の担当弁護士・高村(平田満)に会うも、乃十阿は事件以前の人とはもう関わりたくないと思っていると釘を刺されてしまう。

ケイトは人気棋士の桜庭(田村健太郎)の妻・和美(三倉茉奈)から、桜庭が女優の文香(佐津川愛美)と不倫していると直々にタレコミをもらう。

和美は桜庭ではなく文香がすべて悪いと言い、桜庭に自分の元に戻ってきて欲しいという想いから週刊イーストに記事を依頼していた。

桜庭と和美は暗号を使ってやり取りをしており、元将棋部主将の春樹(重岡大毅)が暗号を解読することに。

ケイトは、和美が送る「会いたい」という言葉を見て、自分の尾高に会いたいという気持ちと重ね合わせていた。

春樹が暗号を解読したことで、待ち合わせ場所のホテルを張り込みするケイト。時間差で写真は撮れたものの、決定的な2ショットがなかなか撮れない。

しかし、ケイトは不倫を追いながら「これで誰が幸せになるのか?」と、自分自身を問い詰めていた。

7話あらすじ


ケイト(吉高由里子)と尾高(柄本佑)は一夜を共にするも、これからの関係に悩んでいた。

演歌歌手の美鈴(小沢真珠)が、週刊イーストのマネージャー恫喝記事に文句を言いにやってきた。対応した岩谷(佐々木蔵之介)はビンタされるも、その様子をきちんと動画に収めていたため、次号の記事にすることに。

しかし、校了前日に右トップを飾る記事が飛びそうになり、編集部はザワつく。

作家の丸山(西村まさ彦)の接待を行いながらも、右トップ記事について案じていた岩谷であったが、無事に掲載が決まり安堵する。

しかし、今度は別件で問題が発生。

局長の江川(おかやまはじめ)が、明日掲載するアイドルの路チュー写真掲載を辞めるよう抗議してきた。

アイドルの写真集発売まで待って欲しいと主張する江川は、以前丸山を10年担当していたこともあり、岩谷と丸山の元に向かった。

安堵する編集部に、以前夫の不倫を自らスクープした和美(三倉茉奈)が現れた…。

8話あらすじ


ケイト(吉高由里子)が乃十阿(小林薫)の娘であるという情報が、春樹(重岡大毅)によってリークされてすなった。

退院したケイトは仕事復帰するも、週刊イースト襲撃事件の被害者としてネット上に顔が晒されてしまっていた。

上層部からケイトの異動を持ち出された、岩谷(佐々木蔵之介)。ケイトに国会議員の梅沢の秘書・相田が自殺したことでうやむやになった賄賂事件を調べるよう命じる。

相田は罪を被って自殺していたものの、岩谷は証拠の帳簿が3ヶ月分消えていることを掴んでいた。

ケイトは早速、相田の家を訪ねるも、妻の依子(遠藤久美子)に追い返されてしまう。

自宅にいるケイトの元に、まだ入院していた尾高(柄本佑)から「1人で怖くないか?」と連絡が来ていた。

翌朝ケイトが出社すると、ケイトの父親が乃十阿だと報じる週刊誌が発売されており、職場は騒然としていた。

岩谷は事実を確認した上で「大事なのは何も変わらないという姿勢だ」と告げた。

ケイトはまたも依子を訪ねたが、自身が週刊誌に追われてしまう。そんな様子を見兼ねた依子に匿われたケイトだったが、もう来ないでと言われてしまう。

それでも必死に頭を下げ部屋を捜索させてもらったが、何も見つからない。

職場に戻ったケイトは、いつも通り接してくれる仲間に涙を流す。岩谷はケイトを避ける春樹の様子を見て、リークしたのは春樹では?と疑う。

自宅が特定され家に戻れないため、職場に寝泊まりするケイト。尾高からスタジオに泊まるよう提案され、彼の温かさに涙を流していた。

翌日ケイトは、依子の実家の会社が持ち直し、息子も有名大学に合格していたことを突き止めた…。

9話あらすじ


尾高(柄本佑)は乃十阿(小林薫)と共に、担当弁護士の高村(平田満)に会いに行った。乃十阿の自転車屋はマスコミに張られており、行く宛のない乃十阿は尾高のスタジオに寝泊まりすることに。

一方、ケイト(吉高由里子)は大食い番組のやらせ疑惑を追っていた。

美人大食いタレントの新谷マリア(反田葉月)の料理だけ減らされているという情報を元に、さっそくケイトと福西(渕野右登)はスタジオの見学へ。

スタジオでは、マリアの事務所社長に番組のプロデューサーがへつらっており、それを尻目にマリアは圧倒的な差で勝利するのだった。

ケイトはADの荒牧(三船海斗)を尾行するよう、福西に指示。

その夜、ケイトの自宅に酔っぱらった春樹(重岡大毅)が訪ねてきた。文句ばかりを並べ立てる春樹は、泣きながら幸せになりたいとこぼし、呆れたケイトは家から追い出すだった。

翌日、尾高はケイトを呼び出し、乃十阿がスタジオにいることを伝える。会うなら今しかないと告げ、落ち着いたら2人のことも話そうと…。

最終回あらすじ


30年前、乃十阿(小林薫)が幼い息子をかばって罪をかぶった可能性を聞いたケイト(吉高由里子)は、乃十阿の息子が住むドイツへと旅立っていた。

ケイトの暴走を知った尾高(柄本佑)は、当時3歳だった息子に事件の真相を聞いても無駄だと止めようとするが……。ケイトは、乃十阿が息子をかばった気持ちを理解しているような尾高に複雑な思いを抱く……。

そんな中、帰国したケイトを待っていた岩谷(佐々木蔵之介)は、再び事件の真相についての手記を書くようケイトに迫る。乃十阿が人生をかけて守ろうとした秘密を暴き、その息子の人生を狂わせる記事を発表することに抵抗するケイトだが、岩谷は「ケイトがイヤなら俺が書く」と編集部の選抜メンバーで30年前の事件の裏取りに動き出す! 自分抜きで進む事件の真相解明を複雑な思いで見るケイトだが……。

数日後、会議室に呼ばれたケイトは、新しい証拠と共に、母・杏南(秋吉久美子)と自分の存在も事件に無関係ではなかったと思わせる証言について聞く……!

その頃、会社を休み続けている野中(重岡大毅)は、孤独の中で、ある決断をしようとしていた。記者として人として記事を書くことに揺れるケイトはその夜、尾高から「話したいことがある」とスタジオに呼ばれる……。

先の見えない二人の関係に意外な結末が待っていた。そして、乃十阿の事件の先にケイトが見つけたある答えとは……。

日テレドラマ

知らなくていいコト
「全話」無料で見る
【2週間→0円】

本ページの情報は2020年3月時点のものです。
最新の配信状況はサイトにてご確認ください。

 

error: Content is protected !!