Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
生活情報

サマータイム導入のコストはいくら?期間や問題点も!【東京オリンピック2020】

2018年の夏は少し外に出ただけで汗が吹き出してくるほど、異常な暑さが続いてますね。

熱中症の危険性があるので外でのスポーツ禁止!のアラートが私のスマホではよく表示
されますが、学校のグラウンドでは部活で走っている子をよく見かけます。

学校行事やスポーツの大会・練習中に熱中症で緊急搬送されたニュースが多くみますが、
2017年7月の5390人比べ2018年7月は13721人と2倍以上に増えています!

そんなスポーツ選手を気遣うために、2020年の東京五輪では「サマータイム」の導入を
国が前向きに検討しているというニュースを見かけました。

今回は、サマータイム(夏時間)が導入される場合、いつから始まるのか?仕組みや問題点
を調べてみました。

サマータイム(夏時間)って何?仕組みは?

日の出の時刻が早くなる時期「3月~11月」に時計の針を1時間進めることで、明るい時間帯を有効活用しようという制度です。

現在は欧米の一部で実用されていて、それぞれの国で運用している時間帯は違います。

アメリカの場合は以下の通りです。

開始日3月の第2日曜日の午前1:59に時計の針を1時間進めて午前3時に
終了日11月第1日曜日の午前1:59の次は時計の針を1時間戻して午前1時に
Sponsored Link

日本でのサマータイム導入のキッカケは?

これまで、2020年の東京オリンピックまでに「ミストシャワー」や「大型冷風機」の
導入を進めてきました。

しかし、2018年の記録的な暑さを受け、東京五輪組織委員会の森喜朗会長が選手や観客
の皆さんの熱中症対策が必要ということで対策の見直しを安倍総理に要請しました。

また、安倍総理も導入を検討するよう自民党に指示したようで意見徴収をしてほしいと
のことです。

特にマラソン競技への影響が心配されています。

Sponsored Link

サマータイム導入はいつから?内容は?

まだ検討段階で、国民の生活にも非常に大きな影響を与えることから以下の日程で現在は
話が進んでいるようです。

・2019年6~8月の間:試験導入して問題点を改善
・2020年6~8月の間:本格導入

・時間は、2時間繰り上げ。(朝2時から開始だと朝4時に時間変更)

期間的には、6月~8月の3ヶ月に数ヶ月だけ実施となっているので、6月と7月だけかも
しれないですし、7月と8月だけになる可能性もあります。

サマータイムの導入コストは?

2005年(平成17年)の関西広域連携協議会の資料によると、

・ハード面:電力メーターや信号機の調整に約610億円
・ソフト面:政府や民間で約420億円

約1000億円のコストがかかる見通しが建てられています。

もう1個会場が出来そうなコスト額です。。

サマータイム導入の問題点や影響は?

影響としては、先ほど書いたようにアップデートに対するコストが高くなりそうです。

また、問題点としては時刻の調整ですね!

アナログだと時計の針を調整するだけで出来ますが、デジタルの時計が今の時代はほとんどなので1個1個の調整が大変です。

海外ではどうやっているのか調べました。

①iphoneなどのスマホ

日付と時刻を自動設定にしておけばサマータイムの導入に併せて自動で更新されます。
日本でサマータイムが導入された場合、アップデートが必要になります!

②パソコン

windowsだと、現在は「このタイムゾーンでは夏時間実施されていません。」と表示され
ているのでコチラもアップデートが必須になると思います。

③置き時計や車の時計

オンラインなどでつながっていないものは1つ1つ自分で調整しなくてはいけませんが、GPS機能付きや電波時計は発信元が以前からに対策を立てているようです。

CASIOのオシアナスという時計はGPS衛生を利用し位置情報によって素早く正確な時間
を表示できるように作ってあるようです。

 

サマータイム導入にネットの反応は?

確かに、開催時間を変更する・開催時期をズラす・東京だけよろしく!であれば、無理に
サマータイム導入しなくても問題なさそうです。

秋開催になると、大人の事情でそうは言ってられないんですかね。。

また、サービス業関係の方は出勤する時間が実質2時間早くなって、しかも帰る時間は
変わらないので長時間労働につながる!との意見もありますね。

日本は戦後に4年間だけサマータイムを実施したそうですが、通勤ラッシュ問題・残業
の増加・主婦の労働が増えるなど非常に不評だったようで廃止になった経験があります。

だいぶ時間も経っているので、今回サマータイム(夏時間)が導入されたとしたら、
長時間労働には必ず国も企業も対応してほしいです。

まとめ

個人的には10月開催でもいいのではと思いますが、陸上競技など記録が伴うスポーツは
少なからず気候の影響は受けるので、やはり時期は統一するのが妥当かなと思いました。

小池都知事も2018年の酷暑を受け、暑さ対策をより強化したいと表明されているので
今後の動向が注目されますね!

コチラの記事も人気です。