テセウスの船

【テセウスの船】2話*ネタバレ感想【金丸に邪魔される心】





2020年1月26日(日)に、日曜ドラマ・テセウスの船「第2話」が放送されました。

コチラの記事では、テセウスの船「2話」の

・あらすじ
・ネタバレ
・感想
・次回のあらすじ

についてご紹介します。

【テセウスの船】3話*ネタバレ感想【金丸の温かさ】ドラマ・テセウスの船「3話」ネタバレと感想・見逃し動画の無料視聴方法。2020年2月2日放送。...

テセウスの船『2話』あらすじ・動画無料配信

テセウスの船「2話」のあらすじは下記のとおりです。

平成元年にタイムスリップした田村心(竹内涼真)は、木村さつき(麻生祐未)の計らいで事件が起きる音臼小学校の臨時教員として働くことに。

そして、心は父・文吾(鈴木亮平)と村で起こる事件を阻止していくことで父が逮捕される過去を変えようと決意する。

由紀(上野樹里)の事件ノートによると3日後に田中義男(仲本工事)の家が火事になる。

田中家の警戒に向かうと、そこで気味の悪い少女二人の絵が描かれたノートを発見する。

これも音臼小事件に関連しているのでは…という心の不安は的中し、鈴(白鳥玉季)が行方不明になったと村は大騒ぎになる。

想定外の事件に心は動揺し、父・文吾との仲に亀裂が入る…。

公式サイトより引用

 

テセウスの船:2話 動画無料配信

それでは、テセウスの船『2話』のネタバレへと進みます。

これから文字情報が続きます。動画をご覧になりたい場合は以下よりご確認ください。
»【テセウスの船】1話 見逃し動画はコチラ【14日の無料見放題あり】

 

テセウスの船「2話」ネタバレ 1/26

心は、音臼小学校で臨時教員の面接を受けることになった。

しかも、教員免許はなくてもOKという好条件。

文吾と小学校を訪れた心は、校長の石坂から好きなアイドルを聞かれ戸惑うが、隣にいた文吾のフォローもあり面接は合格。。

心先生

由紀が作ったノートによると、次に起こる事件は

①:田中義男さんが自宅放火による火災で死亡。

②:三島明音ちゃんが失踪。

この2件だった。

心は2つの事件を文吾に告げると、足早に田中さんの自宅へ様子を見に向かった。

すると翼が来ていた。心に向かって「早くこの村から出てけ!」と言い、帰っていった。

変わったことはないか?と尋ねる文吾だったが、村の人たちや音臼小の子供たちが毎日様子を来てくれていた。

目が見えない田中さんは詩を作るのが趣味。その日その日で来てくれた村の人にお願いし、ノートに詩を書き留めてもらっていた。

心たちがノートを拝見すると、気味の悪いウサギの絵が描かれているページがあった。。

////

小学校で新任の挨拶をしていた心は、緊張で声が裏返ってしまう💦

休憩時間に木村さつきと話していると、ウサギ小屋の世話をする子供たちのところへ翼がやってきた。

翼はいつも、子供たちの面倒を見てくれているとのこと。

夕飯を囲み文吾たちと楽しいひとときを過ごす心。改めて、絶対に家族をバラバラにしないと決意する。

バッシングされる心

翌日、学校に来た心はウサギ小屋の扉が開いていることに気づく。扉を閉めようと小屋へ向かうとウサギたちが死んでいた。

登校してきた子どもたちも気付きショックを受けていると、翼がやってきて、子供たちにアメを配り始めた。

その様子を見た心は、田中さん家のノートに書かれたウサギの絵を思い出す。もしや配っている飴に何か仕込んでいるのでは?と不安に駆られた心は、

「他人から気軽に、食べ物とか貰っちゃいけない。」

と、子どもたちを注意する。

「心先生、翼くんを疑ってるの?」

子どもたちには逆効果だった。

教室でウサギの話をすると、千夏が死ぬ前に倉庫から何かを盗んだと翼が言っていたと言い、ウサギを殺したのは心じゃないか?

と、子供たちは心のことを疑いはじめた。

そこへ、金丸刑事(ユースケ・サンタマリア)がやってきた。千夏ちゃんとウサギの次は何を企んでいる?と相変わらずチクチク攻めてきた。

心は何も企んでいないと言い切り、その場をあとにした。

教室では、翼を疑った心に納得がいかない明音と鈴。言い合いになりケンカ別れに終わってしまった。

田中さんの家を訪れていた心は、ウサギ以外にも書かれた不審な絵をもらい文吾の見せる。そして、これらの絵は犯人からの予告ではないかと推察。

まずは田中さん家の火事を防ぐことにした。

文吾との言い合い

田中さんの息子・田中正志(霜降り明星・せいや)が来ていたが、心と文吾は放火を未然に防ぐため田中さん自宅で様子を見ていた。

心が外に行っている間、文吾は心のノートを見てしまう。心は慌てて取り上げたが、雪崩の記事を見られてしまった。

すると和子から、鈴が明音に会いに行くと言って帰ってこないと電話が入る。さらに、明音も帰っていないとのこと。

ノートに書かれていた絵には、二人の子供が手を繋ぎ、一人が黒く塗られていたことから、絵の子供は鈴と明音ではないかと察した心。

正志には家を離れず火の元に気を付けるよう言い、鈴たちを探しに出た。

村のみんなにもお願いし探していたところ、翼を見かけてた心。二人が行きそうなところを知らないかと尋ねた心。しかし、翼はフラついた状態で立ち去ってしまう。

「なんで鈴まで…。」

そう呟いた心の言葉に、

「こうなることが分かっていたのか?」

と、問い詰める文吾。

さっきのノートを見せてくれと訴える文吾だったが、心はどうしても見せられないと拒否すると、言い合いになってしまう。

そんな中、鈴が見つかったと連絡が入った。

文吾との仲直り

鈴は明音と仲直りしたくてバス停で待ち合わせをしていたが、来なかったという。

また、刑事の金丸がやってきた。

明音はどこにやったのかと聞かれるが、心は知る由もない。しかし、ついには明音の両親たちまで心を疑惑の目で見るようになってしまう。

明音を探してくると出ていった心は、夜通し明音を探したが見つからなかった。

一旦、着替えるために実家へ戻ってきた心。すぐに探しに出るが見つからず座り込んでいると、和子がやってきた。

神社に案内してくれた和子。

心は、未来の自分の状況を「友だちの出来事」として和子に話した。

「友だちの母親は殺人犯の父親を忘れろと言ったんです。」

「家族なんて、そんなもろいもんなんだと僕は思います。」

すると和子は、

自分がその母親なら同じことを言うと思うなぁ。子供を守るためなら、辛いけど子供たちが前に進むためにはそう言うしかない。

和子の言葉を聞いた心は、改めて和子の強さを知る。

そこへ、文吾や鈴・慎吾が毛布を持ってやってきた。

文吾は、殴ったことを謝り、

「俺、心さんのこと信じるわ。」

と言ってくれた。

その後、5人で手を繋ぎ夜空の星を見上げた✨

またしても金丸

翌日、明音を捜索していた心は、翼が無断欠勤しているという情報が入った。

翼の家を訪ねると婚約者の佐々木紀子が出てきたが、翼はいないと言う。

「佐々木紀子」

という名前に見覚えのあった心はノートを調べてみると、

青酸カリを職場から持ち出し自殺を図る。

と書かれていた。

絵を見ていると心の生徒・加藤みきおが通りかかり、竹とんぼのような物が小屋の屋根に設置してある風速計だと教えてくれた。

すぐに文吾へ報告し、思い当たる現場へ急行!小屋を開けると倒れていた明音を発見。そして、まだ生きていた。

急いで病院へ運ぼうとしたところで、また金丸が登場した。心はまた疑われ連行されようと腕を掴まれたため突き放すと、公務執行妨害で逮捕すると言い出した。

ところがその時、翼の遺体が見つかったと連絡が入る。

 

つづく

テセウスの船「2話」感想

テセウスの船「2話」の感想です。

テセウスの船 次回の予告・あらすじ

田村心(竹内涼真)は、音臼村で起こった一連の事件の容疑をかけられ、刑事の金丸(ユースケ・サンタマリア)に逮捕されてしまう。

逮捕される瞬間に未来の出来事が書かれたノートは辛うじて投げ捨てた心。

父・文吾(鈴木亮平)が後に殺人を犯すことは決して誰にも知られてはいけない。しかし、やがて釈放された心の元に、ノートと共に捨てたはずの免許証が届く。

誰の仕業か!? まさか、ノートも拾われたのか!?

不安が募る心に追い打ちをかけるように、真犯人がまた奇妙な絵で新たな犯行を予告する!

果たして、次なるターゲットは!?

追い詰められた心を心配する和子(榮倉奈々)。心は、家族を救うため、残酷な未来を打ち明けるべきか激しく葛藤するのだった。

引用:公式サイト

 

以上、最後までご視聴いただき有難うございました。

error: Content is protected !!