テセウスの船

【テセウスの船】4話*ネタバレ感想【由紀の必死の訴えに感動!】





2020年2月9日(日)に、日曜ドラマ・テセウスの船「第4話」が放送されました。

コチラの記事では、テセウスの船「4話」の

・あらすじ
・ネタバレ
・感想
・次回のあらすじ

についてご紹介します。

【テセウスの船】5話*ネタバレ感想【運命から逃げない】ドラマ・テセウスの船「5話」ネタバレと感想・見逃し動画の無料視聴方法。2020年2月16日放送。...

テセウスの船『4話』動画無料配信・あらすじ

テセウスの船「4話」のあらすじは下記のとおりです。

再び現代にタイムスリップした田村心(竹内涼真)を待ち受けていたのは、変わり果てた歴史だった。

父・文吾(鈴木亮平)は変わらず冤罪で囚われており、母・和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)は心中して亡くなっていた。

生き残った姉は行方知れず。自分が過去を変えたことで最悪の歴史に変わってしまったことに心は深く後悔する。

最愛の妻だった由紀(上野樹里)が亡くなった歴史も変わっているのではと、心は一縷の望みを胸に由紀の実家を訪れ、由紀と遭遇する。

拘置所の文吾と涙の再会を果たし、必ず冤罪を晴らすと約束した心は、生き別れになっていた姉を訪ねるが、姉は村田藍(貫地谷しほり)と名前も姿も変えて隠れるように生きていた。

心は藍に文吾の冤罪を晴らすことに協力して欲しいと言うが、藍は内縁の夫(安藤政信)との生活を邪魔しないで欲しいと拒む。心は姉の夫の正体を知り、愕然とするのだった。

音臼小事件は未だに終わっていないと感じる心。心は父を救い出すため、あまりにも無謀な作戦を思いつく。

しかし、大きな困難が待ち受けるのだった。

公式サイトより引用

 

テセウスの船:4話 動画無料配信

それでは、テセウスの船『4話』のネタバレへと進みます。

これから文字情報が続きます。動画をご覧になりたい場合は以下よりご確認ください。
»【テセウスの船】1話 見逃し動画はコチラ【14日の無料見放題あり】

 

テセウスの船「4話」ネタバレ

現代へ戻った、心。

心は、自分が過去へ行ったせいで「最悪の未来」になってしまったと嘆いていた。急いで自宅へ戻ったが、やはり娘・未来はいなかった。

自分の自宅であることは間違いない。

すると「由紀が生きてるかもしれない!」と心は急いで、由紀の実家へ向かった。

週刊誌記者:由紀

「家に御用ですか?」

心は由紀と遭遇し喜んだのも束の間、由紀は心のことを覚えていなかった。

さらに、週刊誌の記者になっていた由紀は、心が佐野文吾の息子だと分かるとボイスレコーダーを当てインタビューをはじめる。

心は慌てて、由紀の元を立ち去った。

その後、心は姉・鈴の内縁の夫が音臼小事件の生き残り・加藤みきおだと知り、愕然とする。そして、みきおの育ての母は音臼小の教員・木村さつき(麻生祐未)だった。

心は父の無実を証明するため新たな証言・物証を捜す。

そこで、ネットで見つけた「音臼小事件被害者の会」に乗り込み、証言を得たい考え、記者の由紀と会った。

「父は無実です。」

とハッキリ告げる心が真剣だと感じた由紀は「音臼小事件被害者の会」の開催場所や日時が書かれた紙を渡してくれた。

音臼村被害者の会にあの女が…

心と藍の会話を盗み聞きしていた木村さつきは、参加しないと言っていたにも関わらず、当日出席していた。

心と由紀は、会場の外で中に入るのをためらう。

姉の幸せを壊すことは俺にはできない。姉が辛い想いをすると悲しむのは、父なので。

と悩んだ心は、姉に電話しあきらめる旨を伝えた。ところが藍は

「行って心!証言してくれる人、捜してきて!」

と心の背中を押してくれた。

それでも会場のドアを開けることができない心。その時、由紀が会場へ突入し壇上へ上がって話しはじめた!

「佐野文吾氏は、本当に犯人なのでしょうか?」

由紀はこれまで取材した資料をもとに、文吾について音臼村の住人から得た証言や良い評判を読み上げる。

「他に真実があるのではないでしょうか?」

と訴える。すると由紀は、被害者たちから顔に水を掛けれたしまう。しかし、毅然とした態度で話せかった情報があれば教えてほしいと情報提供をを求めた。

証言者、現る

数日後、東京にて。

文吾の弁護士の元へ、証言したいという人物から「手紙」が届いたという。

その頃、藍の元へ「今から出て来られますか?」と木村さつきからメッセージが届く。部屋に設置した監視カメラで藍の様子を見ていたさつき。

「うさぎなみのおバカさんね…。」

と呟く。

そして、そばにはシアン化カリウムと書かれた瓶が。。

 

つづく

テセウスの船「4話」感想

テセウスの船「4話」の感想です。

テセウスの船 次回の予告・あらすじ

タイムスリップした平成元年から再び現代へ戻った田村心(竹内涼真)は、歴史が変わってしまうまでは妻だった記者の岸田由紀(上野樹里)の協力を得て、父・文吾(鈴木亮平)の無実を証明できるという証言者の松尾紀子から連絡を受ける。

それは心にとって、父の冤罪を晴らす唯一の希望の光だった。

その頃、木村さつき(麻生祐未)に「正体を知っている」と脅されていた村田藍(貫地谷しほり)。文吾の娘だと夫の木村みきお(安藤政信)に隠し続けてきた藍は、さつきのある謀略に協力させられる。

果たして、さつきの魂胆とは何なのか?

そして、心は突然、松尾から証言はできないと連絡を受ける。父を救う唯一の希望を失いたくないと、心は由紀に励まされながら必死で松尾に証言を願うが…。

引用:公式サイト

 

以上、最後までご視聴いただき有難うございました。

error: Content is protected !!