テセウスの船

【テセウスの船】6話*ネタバレ感想【心さん、録音バラす!】



2020年2月23日(日)に、日曜ドラマ・テセウスの船「第6話」が放送されました。

コチラの記事では、テセウスの船「6話」の

・あらすじ
・ネタバレ
・感想
・次回のあらすじ

についてご紹介します。

【テセウスの船】7話*ネタバレ感想【佐野家のタイムカプセル】ドラマ・テセウスの船「7話」ネタバレと感想・見逃し動画の無料視聴方法。2020年3月1日放送。...

テセウスの船『6話』動画無料配信・あらすじ

テセウスの船「6話」のあらすじは下記のとおりです。

田村心(竹内涼真)にとって唯一の希望だった、父・文吾(鈴木亮平)の無罪の証言者・松尾紀子(芦名星)が、木村さつき(麻生祐未)によって殺害された。

姉の村田藍(貫地谷しほり)の話から音臼小事件の真犯人はさつきではないかと疑うが、さつきの元に毒入りのジュースが届く……。そして、事件を嗅ぎ回るなという警告が!

それでも心は由紀(上野樹里)と協力して、事件の真相へと迫っていく。木村みきお(安藤政信)に渡されたさつきの手帳と、文吾の記憶をヒントに事件の真犯人へと辿り着く手掛かりを得る。

しかし、それは心を陥れる真犯人の罠だった。そして、ついに真犯人から心に招待状が届く!

心は命と引き換えに真犯人に会いにいくことを決意する。

公式サイトより引用

 

テセウスの船:6話 動画無料配信

それでは、テセウスの船『6話』のネタバレへと進みます。

これから文字情報が続きます。動画をご覧になりたい場合は以下よりご確認ください。
»【テセウスの船】1話 見逃し動画はコチラ【14日の無料見放題あり】

 

テセウスの船「6話」ネタバレ

紀子の家の前にいた心のもとへ、鈴の意識が戻ったと病院から連絡が入った。急いで鈴の元へ向かうと、病室から刑事が出て来た。

病室へ入ると、鈴は紀子を殺害した容疑者になっていると話す。

芋ようかんを渡せと言われたことや、紀子の証言を心に聞かせないようにサツキから指示されたと告白する鈴。

小太りのメガネ

さつきが音臼小事件の犯人ではないか?と疑う心と鈴。サツキが運ばれた病院へ向かった心は、病室で死んでいたサツキを発見した。

そこにはオレンジジュースが置いてあり、誰かを呼ぼうとするも、呼べば自分が疑われると思った心は急いで病室から逃げだす。

家に戻った心のもとに、郵便が届いた。開けると、人がたくさん倒れた絵が描かれており、数えると21人だった。

由紀に見せると、犯人からの警告ではないかと言う。その後、みきおから呼び出しを受けた心は、由紀と一緒にサツキの自宅を訪ねた。

サツキがしたことを謝る、みきお。案内されたサツキの部屋には、不気味な絵が壁一面に貼られており、青酸カリの空きビンを見せられた。

音臼小の事件の犯人だったのかもしれないと言う、みきお。しかし、サツキは殺されていることから、他に共犯者がいたと考察。

さらに、

サツキの病室から走り去る、小柄の小太りでメガネをかけた男性が監視カメラに映っていた。

と聞かされ、心と由紀はサツキの手帳から交友関係を当たることにした。

森刑事、志半ばで

証言が得られず落ち込む心に、励ましの言葉をかける由紀。

そこへ文吾の弁護士から「心と話したがっている」と電話があり会いに。そこで「明音の首についたアザ」を金丸が気にしていたと話す文吾。

当時、金丸の部下だった刑事「森」の自宅へ伺い、独自に調べていた音臼小事件の資料を見せてもらうことに。

亡くなった明音の写真を見たが、違和感は感じなかった。

その後の聞き込みで、田中正志(せいや・霜降り明星)かもしれないと証言を得る。早速、正志の自宅を訪ねると部屋の鍵が開いており、中へ入ると正志が死んでいた。

そこへバッドタイミングで通報を受けたという警官がやってきて、心は連行されてしまう。

取調べを受けた心は信じてもらえず、留置所へ。

翌朝、正志のアパート前の防犯カメラ映像に、心が訪ねる前に何者かが正志の自宅へ入っていく様子を写した映像が証拠となり心は釈放。

由紀がカメラの映像をもとに警察へ直訴してくれたお陰で、心は釈放されていた。

YUKI to SHIN

自宅へ戻った心のもとに、再びサツキから郵便物が届いた。

そこには慰霊日の前で赤い涙を流す人の絵が描かれており、周りにはたくさんの目があった。そして慰霊碑には

3月2日
THE END

と、書かれていた。

心は送られてきた絵をミキオに見せ、犯人からの挑戦状かもしれないと伝えた。明日、慰霊碑へ向かうと話す心に、自分も一緒に行くと話すミキオ。

しかし、鈴のためにもミキオを危険な目には合わせられないと、心は一人で行くと伝えた。

〜その夜〜

由紀を呼び出した心は、これまでのことを全て告白した。

・タイムスリップする前の出来事。

・その後、現代が変わってしまったこと。

・変わった現代で、亡くなったはずの妻と再会したこと。

その話しを聞いた由紀は、自分は心の妻だと確信した。心が付けていた結婚指輪を外し由紀に手渡すと、そこには「YUKI to SHIN」と彫られていた。

明日、慰霊碑へ向かうと伝えた心は、帰ったら必ず会いに来ると由紀に約束した。

みきお立つ

翌日、慰霊碑を訪れた心の前に、車椅子に乗ったミキオが現れた。

ミキオはどうしても気になって来てしまったが犯人が現れたらどうするのか?と聞かれ、自首させると話す心。

すると「それは無理だよ、心先生」と言われ振り向くと、みきおが車椅子から立ち上がっていた…💦

そしていきなり、心の腹をナイフでかすったミキオ。馬乗りされてしまった心は自首しろ!と要求するも、

正規の完全犯罪を自ら犯人だと名乗りでる訳無いだろ?

と、自首するつもりはサラサラないミキオ。

それを聞いた心は、明音の首についていた痕は子供の手だったことに気づく。すると、遠くからパトカーの音が聴こえた。

その隙にミキオから離れた心は、証拠はないと言うミキオにボイスレコーダーを見せる。

するとみきおは、笑いながらその場から歩いて立ち去ってしまった。ミキオを追いかけようしとした瞬間、再び心は霧に包まれてしまう。

心は、事件前の音臼小のグラウンドに倒れており、ボイスレコーダーは手から離れ落ちていた。

目覚めると病室のベッドに寝ていた心。カレンダーを見ると日付は「1989年3月10日」になっていた。

その頃、とある場所で心のボイスレコーダーを聴く人物がいた。

その人物は「小学生のミキオ」だった。

 

つづく

テセウスの船「6話」感想

テセウスの船「6話」の感想です。

テセウスの船 次回の予告・あらすじ

田村心(竹内涼真)は、現代で一連の犯人が木村みきお(安藤政信)だと知った途端、再び平成元年にタイムスリップしてしまった。

音臼小事件まであと二日。

心は文吾(鈴木亮平)と共にみきお少年(柴崎楓雅)を追うが、村から忽然と姿を消していた……。

みきおの消息がつかめず焦る心は、歴史が変わった現代で和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)が心中していると文吾に明かしてしまう。

最悪の未来を知った文吾は取り乱し、絶対に事件を止めなければと空回りし、家族と村人との間に溝が出来てしまう。事件を前に早くもバラバラになりかけた家族を、心は必死でつなぎ止めようとするのだった。

そして、みきおは計画を邪魔する心を消そうと、和子の命を狙おうと画策する!

家族のピンチを心と文吾はどう乗り切るのか……!?

引用:公式サイト

 

以上、最後までご視聴いただき有難うございました。

error: Content is protected !!