テセウスの船

【テセウスの船】7話*ネタバレ感想【佐野家のタイムカプセル】



2020年3月1日(日)に、日曜ドラマ・テセウスの船「第7話」が放送されました。

コチラの記事では、テセウスの船「7話」の

・あらすじ
・ネタバレ
・感想
・次回のあらすじ

についてご紹介します。

テセウスの船『7話』動画無料配信・あらすじ

テセウスの船「7話」のあらすじは下記のとおりです。

田村心(竹内涼真)は、現代で一連の犯人が木村みきお(安藤政信)だと知った途端、再び平成元年にタイムスリップしてしまった。

音臼小事件まであと二日。

心は文吾(鈴木亮平)と共にみきお少年(柴崎楓雅)を追うが、村から忽然と姿を消していた……。

みきおの消息がつかめず焦る心は、歴史が変わった現代で和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)が心中していると文吾に明かしてしまう。

最悪の未来を知った文吾は取り乱し、絶対に事件を止めなければと空回りし、家族と村人との間に溝が出来てしまう。事件を前に早くもバラバラになりかけた家族を、心は必死でつなぎ止めようとするのだった。

そして、みきおは計画を邪魔する心を消そうと、和子の命を狙おうと画策する!

家族のピンチを心と文吾はどう乗り切るのか……!?

公式サイトより引用

 

テセウスの船:7話 動画無料配信

それでは、テセウスの船『7話』のネタバレへと進みます。

これから文字情報が続きます。動画をご覧になりたい場合は以下よりご確認ください。
»【テセウスの船】1話 見逃し動画はコチラ【14日の無料見放題あり】

 

テセウスの船「7話」ネタバレ

目覚めた心のもとへ、文吾がやってきた。みきおが見つけて知らせてくれたと聞かされ、心はみきおが犯人だと文吾に伝えた。

驚く文吾に、さつきが手を貸していたことも。

心先生へ

犯行を止めるため、校長へみきおについて尋ねた。すると、祖母が亡くなってしまい隣町の施設に入ったと聞かされる。

そこへサツキがやって来た。

みきおのことを尋ねると、知り合いの家に行くと一人で施設を出て行ったとのこと。

続いて、子どもたちに尋ねたところ、電話を貰ったという生徒から「お楽しみ会」にプレゼントを持って行くと言っていたらしい…。

プレゼントが青酸カリだと察した心と文吾は、音臼村のみきおの自宅へ向かった。家の中に入ると、不気味な標本などがたくさん並んでいた。

子供が犯人だと信じられない文吾に、現代で録ったボイスレコーダーを聞かせようとするが見つからない。

すると、文吾が「心先生へ」と書かれたフロッピーを見つけ、ワープロに差し込むと

と、書かれていた。

みきお、田中義男を…

さつきがみきおを匿っているかもしれないと、心と文吾はサツキの自宅へ。

みきおの話を伺うと、4歳で母親を亡くして可愛そうな「みきお」の母親になろうと思っていると打ち明けた。

サツキとみきおは、まだ共犯ではないと判断し、自宅へ戻ることに。

家に帰ると心を嬉しそうに迎える鈴と慎吾から、お腹の中の子どもの名前を「心」に決めたと聞かされる。

そのことを、みきおにも話したと言う鈴。

学校帰りにみきおと会ったようで名前を心にすると伝えたところ、みきおは大笑いしていたという。

その後、文吾が捕まったあとに和子たちが一家心中を図り、和子と慎吾が死んでしまうことを心は告げてしまう。

聞かされた文吾は焦り、学校でお楽しみ会の準備をする先生や村人たちに中止を申し出るが、うまく折り合いがつかず言い合いになってしまった。

その頃、みきおは田中義男の自宅にいた。ウサギの話をし、自分が毒で殺したことを話すみきおだったが、真に受けない田中。

そして、田中に飲ませたクスリは、みきおが青酸カリを包んだものだった。

翌朝、駐在所に田中の様子がおかしいと連絡が入った。声の主が「みきお」だと気づいた文吾は心と田中の家に急いで向かったが、田中はすでに死んでいた。

佐野家のタイムカプセル

家の中に、ワープロで

さようなら、おじいちゃん。
さようなら、心先生。

と、印字された紙が置いてあった。

鈴からお腹の赤ちゃんの名前を聞いたことで、赤ちゃんが心だと気づいたみきおは、和子を殺すことで心の存在を殺そうとしていることに気づく。

その頃、みきおが和子を訪ね、友達に作ったスープを味見して欲しいと頼んでいた。

慌てて家に帰った心だったが、和子は何事もないようす。和子いわく、

味見しようとしたところ、鈴たちが帰ってきたタイミングで「やっぱりいいや。」と帰っていった。

とのこと。

心と文吾は急いでみきおを探すが見つからない。和子にも本当のことを話そうと言う心だったが、信じてもらえないと文吾は断る。

文吾自身は、子どもたちが死ぬのを黙って放っておけないと言い、和子と鈴と慎吾の3人を村から出そうとする。

ところが、理由も分からず無茶苦茶なことを言われ、和子や鈴たちは納得がいかない。そこに、心は言い合いを止めに入った。

「家族一緒に笑っていられることは幸せなんです。」

すると文吾は頭を下げ、しばらくの間だけ村を出て欲しいと頼む。和子は文吾の言う通りにしようと察したように理解してくれた。

その様子を見た心は鈴たちのために「今から佐野家だけのお楽しみ会をしよう」と言い、プロレスをしたりカニ鍋を食べて楽しんだ✨

その後、和子がタイムカプセルを埋めようと提案。30年後にみんなで掘り出そうと言い、心も埋めることに。

30年後の未来が変わっているかもしれないと考えた心は、佐野家の家計図を書き、そこに由紀との結婚指輪も入れた。

みきおの声!

〜翌朝〜

和子と鈴・慎吾を送り出す心と文吾。見送る心に「お父さんのことよろしくね👊」と和子はお願いした。

3人を送り出した心と文吾は、急いで学校へ向かった。教室やトイレなど探したが、みきおは見つからない。

そこへ、子供たちがやってきた。すると急に校内放送が流れ、声の主はみきお。

心と文吾は急いで放送室へ向かう。

そこには、みきおがいて二人を見るなり微笑んだ…。

 

つづく

テセウスの船「7話」感想

テセウスの船「7話」の感想です。

テセウスの船 次回の予告・あらすじ

大量毒殺事件当日、田村心(竹内涼真)は父・文吾(鈴木亮平)と共にお楽しみ会に現れた犯人・加藤みきお(柴崎楓雅)の行動を監視する。

食事に毒が入れられることを阻止しなければ、多くの死者が出て文吾は殺人犯になってしまう。

心と文吾はみきおに翻弄され続け、ついに事件が起きた昼食の時間を迎えてしまう。食事の中に毒が混入しているかもしれない最悪の状況の中、心は事件を阻止するため驚くべき行動に出る!

また、村では同時に新たな事件が進行していた!

和子(榮倉奈々)と子供達の身に危険が迫る! そして、みきおの他に“もう一人の真犯人”がいることが分かる!

ついに犯人の本当の狙いが明らかになっていく…!

引用:公式サイト

 

以上、最後までご視聴いただき有難うございました。

error: Content is protected !!