テセウスの船

【テセウスの船】9話*ネタバレ感想【佐々木紀子んとこ行け!心さん!】



2020年3月15日(日)に、日曜ドラマ・テセウスの船「第9話」が放送されました。

コチラの記事では、テセウスの船「9話」の

・あらすじ
・ネタバレ
・感想
・次回のあらすじ

についてご紹介します。

テセウスの船『9話』動画無料配信・あらすじ

テセウスの船「9話」のあらすじは下記のとおりです。

田村心(竹内涼真)が犯人に呼び出されて向かった文吾(鈴木亮平)の後を追うと、そこには意識不明で重体の加藤みきお(柴崎楓雅)がパトカーに残されていた。

連絡が取れずに行方不明の文吾に、県警の監察官・馬淵(小籔千豊)は殺人未遂容疑で家宅捜索するために佐野家を訪れる。

文吾の消息が掴めないまま佐野家には記者たちが集まり、警察官が殺人事件に関与したと騒ぎ立てる。音臼小事件を阻止しても父は殺人犯の罪が着せられた状況に陥ってしまう。

心は、文吾に殺人犯の罪を着せて死刑に追い込むという真犯人の執念深さを感じるのだった。

そして、文吾への恨みの原点と思われる謎のメッセージが届く。

追い詰められた和子(榮倉奈々)が集まった記者たちに語った言葉とは!?

そして、ラストには衝撃的な犯人の策略が待ち受けていた・・・!!

公式サイトより引用

テセウスの船「9話」ネタバレ

パトカーの中にいたみきおに呼びかけたが応答はなく、辺りに文吾の姿は見当たらない。

すると、パトカーのサイレンが聞こえ、喧嘩の通報を受けた森刑事たちがやってきた。森刑事がみきおを確認すると、まだ脈があり急いで救急車を手配する。

森刑事「あんたは何でここにいんだ?」

怪しまれた心は、文吾がみきおに呼び出されてると聞いて追いかけてきたと伝えると、別の警官から「佐野さん応答ありません!」と報告が入った。

森刑事「佐野巡査部長捜索!至急応援を!」

心は、文吾を疑ってるのか?と森刑事に聞くと、

意識不明の子供を放置し、救急要請もせず行方不明。無線にも応えない。

先日文吾が仙南署に来て、みきおの捜査を執拗に頼んできたことから、こんな子供を疑うなんてどうかしてるとしか思えん。

と、文吾へ疑いの目が向けられてしまう。

心はその後、文吾を探し続けたが見つからず佐野家へ戻ることにした。

同じタイミングで、宮城県警監察官室の馬淵たちがきて、文吾に「みきおの殺人未遂容疑」がかかっていると家宅捜索を始めた。

その後、散々家の中を荒らしたが証拠は見つからず、馬渕たちは帰って行った。

マスコミが佐野家へ

〜翌朝〜

マスコミたちが佐野家に押し寄せ、和子はコメントを迫られていた。

その頃、文吾は目隠しと体をロープで縛られ、どこかの小屋に拉致されていた。

犯人と思われる人物がテレビの電源を付けると、和子が取材を受ける様子が生中継されており、文吾は音声だけ聞こえていた。

ニュースによると、

・みきおが意識不明で見つかり、青酸カリの中毒症状が見られる。

・現場から逃走したと思われる男性巡査部長の行方は未だ分かっていない。

と聞こえ、文吾は「俺は何もやってねーぞ!」と叫んだ。

和子の様子を見兼ねた心はマスコミの前へ出向き、文吾が人を殺すような人間ではないと必死に訴えたが、マスコミたちは納得しない。

すると、和子も出てきて深々と頭を下げ謝罪し、

佐野文吾は、自分が正しくないと思うことは絶対しません。私は妻として、またそばでずっと見てきた人間として、それだけは断言できます。

なぜなら佐野文吾は、優しく誇り高い人間だからです。

あの人は警察官として、この村の人たちを、そして私たちを家族を守ることしか頭にない、そういう人なんです。

私たち家族は、主人のことを信じています。

とマスコミたちに訴えた。

ところが、信じてるのはあなただけというマスコミに、

家族が信用しないで誰が信用するんですか!

あの人は警察官として、今もきっとどこかで、みんなのために戦ってくれてるハズですから!

しかしまだマスコミは引かない。

そんな状況に和子はついにブチギレ、「証拠の1つでも見つけてから、顔洗って出直してこーい!」と怒鳴り、マスコミたちを退散させた💦

そんな和子の音を聞いた文吾は、

おい!聞いたか犯人!?お前の思い通りにはならねぇーぞ!いいぞ和子ー!

と笑いながら煽っていた。

しかし、またスタンガンを当てられ文吾は気絶してしまった。

文吾が生還する

みきおから話を聞くため病院へ向かったが、そこに木村さつきが現れ、心は話しをさせてもらえなかった。

家に戻ると駐在所の机に封筒が置いてあり、中を見ると「由紀の未来ノート」が入っていた!さらにノートには、1977年「音臼村祭」のチラシが入っていた。

主催者に石坂校長の名前があったため、学校へ会いに行った心。

チラシを見せると懐かしそうに見ながら、ある事件があったと話す石坂。心のことを何者なのか?と不審に思う一方で、嘘をつかないところは文吾にソックリだと話す。

そして12年前の音臼村祭で振る舞われた「きのこ汁」の食中毒が原因で、徳本の母親だけが亡くなったと知らされた。

心は徳本の家を訪ねたが留守だったが、山から降りてきた文吾に遭遇する。

二人は家に戻ったタイミングで、徳本と井沢がやってきた。元気のない鈴たちのために、イノシシ鍋を振る舞ってくれた。

心は文吾に、

  • 未来ノートが戻ってきたこと
  • 音臼村祭のこと
  • 徳本が関わっている可能性

を伝えたが、それはないだろうと言う文吾。

馬淵が家宅捜索に来たことも話すと、馬淵には昔から嫌われていたと話す。

その後、署に事情を説明しに向かった文吾は、馬淵から事情聴取を受ける。犯人に拉致されていたと話すと、明日捜査すると言いながらも一晩留置されてしまった。

駐在日誌と青酸カリ

翌朝、和子が文吾を迎えに行っている間に、未来ノートに書かれている事件を手掛かりに犯人の狙いを考察する心。

もともとは自宅から青酸カリのビンが見つかっていたため、馬渕たちが家宅捜索に来た際に犯人が隠したかもしれないと考え、心は家中を探し始めた。

家の中や駐在所の書庫など探し回ったが、特に何も見つからなかった。

その頃、

  • 使い捨てライター
  • 明音の隠し撮り写真
  • 駐在日誌と書かれ折られたフロッピー

が山の中に投棄されていた。

そこには、正志(せいや)もいたが、通りかかっただけなのか?正志が通報したのかは明らかになっていない。

現場に駆けつけていた警察官は、馬渕へ無線で連絡。フロッピーのラベルに「駐在日誌」と書かれていると聞いた馬渕は、急いで駐在署へ向かった。

駐在所に到着した馬淵たちは、文吾のワープロを調べ始める。

すると、これまでみきおが打っていたと思われる文章が、ワープロ内の「駐在日誌」フォルダから見つかった。

さらにそこには、

3月13日

今までの証拠品はバレないように村はずれに捨てた。

でも念のため、青酸カリは家の裏庭に埋めた。

と書かれており、馬渕たちが家の裏庭を調べたところ、袋に入った青酸カリのビンが見つかった。。

ちょうど、同じタイミングで文吾と和子が帰宅。

応援を要請していた警察たちに取り囲まれ、文吾は連続殺人の容疑で連行された。

 

つづく

テセウスの船:9話 動画無料配信

テセウスの船「犯人の日記*前編後編」動画配信を無料で見るドラマ「テセウスの船」全話の見逃し動画を、無料で視聴する方法(2週間→無料で見放題する)。あらすじと登録方法も。...

 

テセウスの船「9話」感想

テセウスの船「9話」の感想です。

テセウスの船 次回の予告・あらすじ

駐在所のワープロから犯行日記が、庭から青酸カリが発見されて逮捕されてしまった文吾(鈴木亮平)。

しかも……文吾は一連の事件の連続殺人の容疑を認め、自供する。「俺が犯人だ」。心(竹内涼真)と和子(榮倉奈々)は文吾から「家族の縁を切る」と言われ、ショックを受ける。

すべては黒幕の仕掛けた罠なのか、それとも本当に文吾が殺人犯だったのか。大きく揺れる心と家族。バラバラになってしまった家族は最大のピンチをどう乗り越えるのか……?

そして、事件の真相を追う心の元に黒幕から最後のメッセージが届く。

それは、心に究極の選択を迫るものだった。過去を変えて家族の未来を救うため、心はある決意をする。

やがて迎える黒幕との対峙。そこで事件のすべての真相が明らかにされる。

心と家族の未来はどう変わるのか……?

引用:公式サイト

 

以上、最後までご視聴いただき有難うございました。

»【テセウスの船】見逃し動画はコチラ【14日の無料見放題あり】

 

error: Content is protected !!