Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

セトリ・感想レポ

宇多田ヒカル|ライブ2018大阪城《11/29》2日目セトリ・動画まとめ【Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour】

約12年ぶりとなる宇多田ヒカルさんの国内ツアー『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018』が、先日11/6(火)よりついにスタートしています!

今回は、『2018/11/28(水)~11/29(木)』の日程で開催される、大阪公演の会場・感想レポとセトリをまとめてみました。

まずは、公演内容と日程からご説明します。

宇多田ヒカル ライブ2018 大阪城ホール公演の日程・座席情報など

出典:大阪城ホール

『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018』大阪公演(大阪城ホール)は、2Daysでの開催となります。

タイトルHikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018
Day111/28(水)
開演18:00/開演19:00
グッズ 16:00~予定
Day211/29(木)
開演18:00/開演19:00
グッズ 16:00~予定
開催場所大阪城ホール
住所大阪府大阪市中央区大阪城3-1
TEL0570-034-533

宇多田ヒカル ライブ2018 大阪城ホール 座席表情報

つづいて、大阪城ホールの基本的な座席図はコチラ↓です。

ライブ当日の座席表情報が入りましたら、改めて更新させて頂きます。

出典:アメブロ

宇多田ヒカル ライブ2018 大阪《11/29》2日目セトリ

次は、『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018』大阪公演のセトリになります。

あなた

traveling
COLORS
Prisoner Of Love
Kiss & Cry
SAKURAドロップス

ともだち
Too Proud
誓い
真夏の通り雨
花束を君に
Forevermore
First Love
初恋
Play A Love Song

:Encore
俺の彼女
Automatic
Goodbye Happiness

宇多田ヒカル ライブ2018 大阪公演《11/29》2日目のライブ動画レポ!

続いて、『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018』のライブ動画レポをお届けします。

今回のツアーでは、スマホに限り静止画・動画の撮影が許可されていますので、動画を中心にまとめました。

宇多田ヒカル 大阪城ホール《11/29》ライブ動画レポ

『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018』今後のライブツアースケジュール

『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018』今後のスケジュールについてご紹介いたします。

12月4日(火) 5日(水)
さいたまスーパーアリーナ
OPEN 18:00/ START 19:00

12月8日(土) 9日(日)
幕張メッセ国際展示場 9~11ホール
OPEN 18:00/ START 19:00

宇多田ヒカル 新着リリース情報

11/6(火)より、「Too Proud featuring XZT, Suboi, EK (L1 Remix)」サブスク配信/ダウンロード販売スタートしました!

タイトルにある「L1 Remix」は「Language1 Remix」を意味し、宇多田さんと各ラッパーがそれぞれの母国語「Language1」で参加していることに由来しているとのこと。

また、宇多田ヒカルさんが日本以外でアジアのアーティストとコラボするのは今回が初となっております!

Featuring Artistについては、以下の通りです。

XZT (エックスジィーティー)

 

View this post on Instagram

 

XZT with glasses

Straight Fire Gang 直火帮さん(@straightfiregang)がシェアした投稿 –

中国出身のラッパーで現在24歳。

三人のラップ仲間「Zigga」と「Feezy」で結成したストレイトファイアー・ギャングの1人として活動中。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校在学中にラップを始め、UCLA卒業後は中国大手企業のがコミュニケーションアプリ『WeChat』で、制作担当の仕事をしながら音楽活動を続けています。

ストレイトファイアー・ギャング初のアルバム「These Kids Climbing Wall」を2018年に発表し、今年行われた2度の中国内ツアーでは合計18都市すべての公演がソールドアウトという大成功を収めました。

Suboi (スボイ)

 

View this post on Instagram

 

When you have to go hustle …

Suboiさん(@justsuboi)がシェアした投稿 –

本名はHang lam trang anh、ベトナムのサイゴン出身の1990年1月14日生まれ。

ラッパー・ソングライター・女優など、現在もベトナムを拠点に活動中。

ベトナム人女性ラッパーの草分けで、ヒップホップ界の女王として君臨しており、題材は家族や恋愛、社会的弾圧、ベトナムでの日常生活をラップで伝えている。

2012年には自らSuboi Entertainment社を立ち上げ、2015年3月13日にはアメリカ進出も果たしています。

また、サンフランシスコで行われた映画祭「CAAMFest 2015」では、Ham Tran監督のホラー映画「hollow」で女優デビュー。

2015年にはSouth by Southwest (SXSW)に招聘され、初のベトナム人アーティストとしてパフォーマンスを披露し、翌年2016年にも2年連続出演歴を持つ。

EK (イーケー)

 

View this post on Instagram

 

EKさん(@m.b.a_ek)がシェアした投稿 –

K-POPの3人組ラップユニット「Most Badass Asian (MBA)」の一員。

2010年から活動を始め、海外の評論家からも高い評価を得ています。