セトリ・レポ感想

男闘呼組|ライブ2022 東京 セトリ*感想【ガーデンシアター】

男闘呼組 1988 ライブ2022 セトリ

男闘呼組 1988 東京公演が、ガーデンシアターで開催されています!

男闘呼組 1988
Day1 2022.10.15(土)
昼)14:00 / 15:00
夜)17:30 / 18:30
Day2 2022.10.16(日)
昼)14:00 / 15:00
夜)17:30 / 18:30
Day3 2022.12.26(月)
昼)14:30 / 15:30
夜)18:00 / 19:00
Day4 2022.12.27(火)
昼)14:30 / 15:30
夜)18:00 / 19:00
会場 東京ガーデンシアター

今回は、男闘呼組 1988 ライブ2022 東京公演

  • セトリ
  • ライブの感想

についてまとめています。

男闘呼組 1988 ライブ2022 東京 セトリ

男闘呼組 1988 ライブ2022 東京公演のセトリです。

東京2日目は第1章・第2章ともに同じセトリでしたが、パズルの撮影許可は出ませんでした。。

第一章 セトリ

⏳ 東京① 第一章

アンコール 16:17
終演 16:48

◯ 見学

・木村拓哉
・生田斗真
・佐藤アツヒロ
・綾小路翔 (氣志團)
・TAKURO (GLAY)
・HISASHI (GLAY)

OVERTURE

01. ルート・17
02. ROLLIN’ IN THE DARK

03. ロックよ、静かに流れよ -Crossin’ Heart-

04. PARTY
05. YO-YO
06. REIKO
07. 不良
08. LONELY…
09. KIDS
10. 秋
11. TIME ZONE
12. CROSS TO YOU
13. DAYBREAK

☆ Encore:

14. みはり
15. 自分勝手
16. Midnight Train

17. パズル (撮影OK)
※撮影許可は、10/15(土)のみ

第二章 セトリ

OVERTURE

01. STAND OUT
02. DON’T SLEEP
03. ROCK’IN MY SOUL

//MC

04. PARTY
05. YO-YO

//MC

06. REIKO
07. 不良
08. LONELY…
09. KIDS

//MC

10. 秋
11. TIME ZONE
12. CROSS TO YOU
13. DAYBREAK

☆ Encore:

14. インディアンの丘で
15. BACK IN THE CITY
16. Midnight Train

//MC

17. パズル (撮影OK)

©男闘呼組


男闘呼組 1988 ライブ2022 東京 レポ*感想

男闘呼組 1988 ライブ2022 東京初日のレポ・感想です。

メンバーコメント

◯ 高橋和也

この奇跡の再始動。本当に、これを迎えるまでに、さまざまなドラマがありました。でもね、俺たちはやっぱり男闘呼組のことを忘れたことはなかったのね。何度も夢に見ました。よく見たのは、メンバー4人が集まって、さぁこれからライブやるぞって会場が盛り上がっているのに「曲が何も決まってない!」って夢(笑)。そんな夢見た。でも、きょう、現実になったじゃん!ずっと着いてきてくれて、ありがとう!

◯ 岡本健一

どうも、ありがとう。皆さんに会いたかったんですけど、みんなに会う前に俺は、まずこの3人に会いたかったんですよね(笑)。こうやって会えて、こういった形になって…。本当に皆様のおかげです。ありがとうございます。これは現実です。この奇跡を現実にしたのは皆様です。本当にありがとうございます。

◯ 成田昭次

ありがとうございます。2年ぐらい前に、初めてみんなでスタジオに入ってから、あっという間。この再始動を実現させるために、いろんな方たちの協力、応援があって、ここまでたどり着くことができました。信じられない光景なんですけど、皆さん、ありがとうございます。

◯ 前田耕陽

1番、最後というのは、前の人に言いたいことを全部言われてしまう、という…(笑)。気持ちは一緒です!30年前に最後にやったステージと同じ感じで、前で3人が動いてくれて、それを後ろで見ているのが、ものすごく気持ちいいです!きょうは、来てくれて、ありがとう!

以上となります。

 

次回のライブスケジュールは、以下のとおりです。

男闘呼組 1988

✓ 愛知公演

2022.12.15(木)

① 開場14:30 / 開演15:30
② 開場18:00 / 開演19:00

✓ 会場:

名古屋国際会議場 センチュリーホール

以上、最後までご覧いただき有難うございました!

コチラの記事も人気です。
error: Content is protected !!