セトリ・感想レポ

スピッツ|ライブ2018名古屋《10/27》セトリ・2日目の感想レポ【ゴースカ/Zepp】



スピッツのファンクラブ「Spitzbergen」の限定ライブ『Spitzbergen tour 2018 “GO!GO!スカンジナビア vol.7″』が、2018年7月のZepp東京を皮切りにツアーがスタート!

昨日10/26(金)~本日10/27(土)は、全国ライブツアーファイナル「名古屋」での2Days公演を迎えております。

今回は、名古屋公演のセトリと会場・ライブ感想レポをまとめてみました。

まずは公演内容や会場の情報についてご案内します。

スピッツ ライブ2018 名古屋公演の日程や開催場所・アクセス方法など

出典:Zepp Nagoya
タイトルSpitzbergen tour 2018 “GO!GO!スカンジナビア vol.7”
Day110/26(金)
開演 19:00
Days10/27(土)
開演 18:00
会場Zepp Nagoya
住所愛知県名古屋市中村区平池町4丁目60-7
TEL052-541-5758

続いて、Zepp Nagoyaの会場マップやアクセス方法についてご紹介します!

アクセスマップ Zepp Nagoya

まず、会場へのアクセスマップはコチラ↓になります。

フロアマップ Zepp Nagoya

つづいて、フロアマップはコチラ↓です。

出典:Zepp Nagoya

スピッツ ライブ2018 名古屋公演《10/27》会場・感想レポ!

続いて、『Spitzbergen tour 2018 “GO!GO!スカンジナビア vol.7″』の会場レポ・感想レポをお届けします。

>> 名古屋公演1日目のレポはコチラ!

スピッツ ライブ2018《10/27》2日目の会場レポ

スピッツ ライブ2018《10/27》2日目の感想レポ

スピッツ ライブ2018 名古屋《10/27》2日目セトリ

次は、『Spitzbergen tour 2018 “GO!GO!スカンジナビア vol.7″』名古屋公演のセトリになります。

10/26(金)名古屋公演1日目のセトリ

スピッツ|ライブ2018名古屋《10/26》セトリと1日目の感想レポまとめ【ゴースカ/Zepp】2018/10/26に開催された、スピッツ『Spitzbergen tour 2018 "GO!GO!スカンジナビア vol.7"』Zepp名古屋公演1日目のセトリとライブの感想をまとめています。...

10/27(土)名古屋公演2日目のセトリ


01. 船乗り
02. 不死身のビーナス
03. スピカ
04. えにし
05. あかさたな
06. 魔法のコトバ
07. インディゴ地平線
08. ヒビスクス
09. ババロア

10. 恋のバカンス -ザ・ピーナッツ-
ヴォーカル・崎山龍男

11. ハチの針
12. あかりちゃん
13. 歌ウサギ
14. 砂漠の花
15. バニーガール
16. 運命の人
17. 野生のポルカ
18. 三日月ロック その3
19. 1987→

《アンコール》
20. 桃
21. 新曲:やまぶき

スピッツ 新着リリース情報

出典:Spitz Official Site

スピッツ結成30周年を記念し『2017年7月5日(水)』に発売された《CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection 30th Anniversary BOX》をアナログ化し、CDではなくレコード盤にて予約受付中です。

なお、完全受注生産となります。

パッケージは、6枚組BOX仕様(三方背ハードケース&重量盤)となっており、スピッツ30周年を記念する豪華版となっております!

日本屈指のマスタリングエンジニア「小鐡 徹」氏により、CDからレコードへのマスタリングが施されています。

各BOXごとの曲目リストは以下のとおりです。

1991-1997

CYCLE HIT 1991-1997 Spitz
Complete Single Collection

【SIDE A】
01. ヒバリのこころ
02. 夏の魔物
03. 魔女旅に出る
04. 惑星のかけら

【SIDE B】
01. 日なたの窓に憧れて
02 .裸のままで
03. 君が思い出になる前に

【SIDE C】
01. 空も飛べるはず
02. 青い車
03. スパイダー
04. ロビンソン

【SIDE D】
01. 涙がキラリ☆
02. チェリー
03. 渚
04. スカーレット

1997-2005

CYCLE HIT 1997-2005 Spitz
Complete Single Collection

【SIDE A】
01. 夢じゃない
02. 運命の人
03. 冷たい頬
04. 楓

【SIDE B】
01. 流れ星
02. ホタル
03. メモリーズ
04. 遥か

【SIDE C】
01. 夢追い虫
02. さわって・変わって
03. ハネモノ
04. 水色の街

【SIDE D】
01. スターゲイザー
02. 正夢
03. 春の歌

2006-2017

CYCLE HIT 2006-2017 Spitz
Complete Single Collection

【SIDE A】
01. 魔法のコトバ
02. ルキンフォー
03. 群青
04. 若葉

【SIDE B】
01. 君は太陽
02. つぐみ
03. シロクマ
04. タイム・トラベル

【SIDE C】
01. さらさら
02. 愛のことば -2014mix-
03. 雪風
04. みなと

【SIDE D】
01. ヘビーメロウ
02. 歌ウサギ
03. 1987→

まとめ

無事にゴースカvol,7の全日程が終了しました、ツアーに参戦された方は本当にお疲れ様でした。

中学校の頃にロビンソンで一躍有名になり毎日聴いていたスピッツが、今もこうして現役バリバリで発信し続けていることに元気をもらいました。

インディゴ地平線とか生で聴いたら、きっと涙腺が緩むだろうな~と思いながら「名古屋公演2Days」の記事を書かせていただきました。

マサムネくんの歌声が、今でも若い世代の人たちに愛されていると知り、とっても嬉しかった。

チェリーの初回限定シングル盤は、特典として「ジャケットと同じデザインのホンモノの切手」が入っていたなんて、知ってる若いファンの人はきっと少ないだろうな~

しかしながら、僕がはじめてスピッツを知ったとき、マサムネくんは20代だったのにもう50代に突入してたなんて。。

本当に長い長いツアーお疲れ様でした。

学生時代、辛いことがあったときによく聴いていた曲で最後にしたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

管理人

error: Content is protected !!